【NEWGAME!】 うみこ「言わせないでください、恥ずかしい…」
    2018年12月07日 コメント(1) 長編創作・SS 
    1505431909_1_4_784229ffae5b7b36bfba74202425fdd7
    2 ◆o8JgrxS0gg :2018/12/05(水) 22:58:34.49 ID:O06D4IG/0

    カタカタ…

    うみこ「ですから、ここをこうして…」

    ねね「…あ、そっか!これが…」


    青葉「♪〜」トコトコ

    青葉「…ねねっちー。お昼どうするー?」

    ねね「あ、あおっち!」

    うみこ「おや、涼風さん」

    青葉「…あ、ごめんなさい。忙しそうですか?」







    3 ◆o8JgrxS0gg :2018/12/05(水) 22:59:23.82 ID:O06D4IG/0

    うみこ「いえ、構いませんよ。もうお昼休みの時間ですし…桜さんのプライベートのことですから」

    ねね「あ、そうだ!あおっちも見てよこれ!」

    青葉「どれどれ?」チラッ

    青葉「…何これ、ネネクエスト2?」

    ねね「この前あおっちにプレイしてもらったゲームあったでしょ?あれをバージョンアップしたんだー」

    青葉「あ、それでうみこさんに見てもらってたんだ」

    うみこ「ええ。申し訳ありませんが、桜さんと私は、先ほどここで昼食を済ませてしまったので…」

    青葉「あ、いえ。じゃあ、私は社食でも行ってきます。ねねっち、頑張ってね」トコトコ







    4 ◆o8JgrxS0gg :2018/12/05(水) 23:00:07.69 ID:O06D4IG/0

    ねね「ごめんなさいうみこさん。昼休みまで付き合ってもらって…」

    うみこ「構いませんよ。スキルアップにもなりますし、そもそも休日も見ていますしね」

    うみこ「…でも、桜さんのコーディングも上達していますよ。最初に見た時より、効率的でわかりやすいコードが書けています」

    ねね「えっ、ホントですか!?」

    うみこ「本当ですよ。…最初に見た時は、ひどいスパゲッティコードでしたが」

    ねね「? スパゲッティ?なんですか?」

    うみこ「醜く煩雑な欠陥コードのことです」

    ねね「ひどっ!?」

    うみこ「冗談ですよ」

    ねね「…うみこさんの冗談って、時々わかりづらいんですけど…」







    5 ◆o8JgrxS0gg :2018/12/05(水) 23:00:39.28 ID:O06D4IG/0

    ねね「でも、私のプログラムがちょっとでも良くなってるなら、それはうみこさんのおかげですよ」

    うみこ「そうですか?」

    ねね「ちょっとコワいけど、分かるまでずっと見てくれるし…」

    うみこ「(一言余計な気がしますが、まぁいいでしょう…)」

    ねね「だから、大学の講義なんかより、うみこさんとこうしてる方が好きなんです!」

    うみこ「…っ」

    ねね「うみこさん?」

    うみこ「……そう、ですか」

    ねね「…あれ、うみこさん?照れてるんですかぁ?」

    うみこ「て、照れてませんよ…ほら、そこのバグさっさと治してください」







    6 ◆o8JgrxS0gg :2018/12/05(水) 23:01:25.96 ID:O06D4IG/0

    ●べつのひ


    青葉「…」カタカタ…

    しずく「…涼風くん、いるかな?」

    青葉「あっ、葉月さん。お疲れ様です」

    しずく「ちょっと話があるんだけど、向こうの会議室まで来てくれるかい?」

    青葉「え…わ、私だけですか?」

    しずく「キャラ班は涼風くんだけいればいいかな」

    青葉「…?」

    しずく「あぁ、とりあえず先に行ってて」

    青葉「は、はい」







    7 ◆o8JgrxS0gg :2018/12/05(水) 23:01:55.96 ID:O06D4IG/0

    青葉「…」

    青葉「(葉月さん、私だけって何だろう…)」

    ガチャ

    しずく「お待たせ、涼風くん」

    ねね「…あ、あれ?あおっち?」

    青葉「え?ねねっち?」

    うみこ「…おや、涼風さんまで…」

    青葉「えっと…葉月さん。これ、どういう集まりなんですか…?なんで、キャラ班で私だけ…」

    しずく「うん…涼風くんは、聞いておくべきかと思ってね」

    しずく「桜くんのことさ」

    ねね「え?私ですか?」








    8 ◆o8JgrxS0gg :2018/12/05(水) 23:02:29.32 ID:O06D4IG/0

    しずく「KO●NMIという、大阪のゲーム会社は知っているかな?」

    ねね「は、はい。知ってます」

    青葉「KOA●MIって、野球のゲームとか出してる大手の会社ですよね?」

    しずく「…桜くん」

    しずく「そこで、プログラマーとして働いてみる気はないかな?」

    ねね「え゛」

    ねね「……わ、私?」

    しずく「そう、君」

    ねね「……え」

    ねね「えぇーっ!?」







    9 ◆o8JgrxS0gg :2018/12/05(水) 23:02:59.56 ID:O06D4IG/0

    ねね「ど、どういうことですか!?」

    しずく「あの会社には、私の古くからの友人がいてさ」

    しずく「先週食事をしたときに、話の流れで桜くんの話題になってね」

    しずく「話をしたらえらく気に入られてしまって、是非一度会いたいと」

    青葉「凄いじゃんねねっち!」

    ねね「え…わ、私なんかでいいんですか…?」

    しずく「新しいプロジェクトを立ち上げるみたいなんだけど、技術力のある即戦力より、桜くんのようなやる気のある新人を探してるんだ」

    しずく「元気も良いし、うみこくんの下で成長してるようだし、覚えも速い。桜くんなら申し分ないよ」

    ねね「うーん…でも、大阪かぁ…何時に出れば間に合うんだろう…」

    しずく「こ、ここから通う気かい…?」







    10 ◆o8JgrxS0gg :2018/12/05(水) 23:03:36.38 ID:O06D4IG/0

    ねね「え?違うんですか?」

    うみこ「流石に関東から大阪は無理があるでしょう…」

    しずく「行くとなれば、近くに転居してもらう形になるね。大学は休学扱いになる。」

    しずく「イーグルジャンプからの派遣という形になるから、諸々の手当とかは出るけど…まぁ、この辺りはもう少し話が進んだら話そうか」

    ねね「大阪…」

    青葉「ねねっち?」

    しずく「…当然、涼風くんやうみこくんとは離れることになる」

    ねね「そう、ですよね…」







    11 ◆o8JgrxS0gg :2018/12/05(水) 23:04:06.67 ID:O06D4IG/0

    しずく「まぁ、ダメもとで聞いているけどね。やっぱり、桜くんはここで続けたいかな」

    ねね「…」

    うみこ「桜さん?」

    ねね「わ、私も…ねねっちやうみこさんとは、離れたくないですけど…」

    ねね「でも、うみこさんとプログラムをやってるうちに、もっと上手くなりたいって言うか…新しい環境で働きたいって気持ちもあって…」

    ねね「…う゛ぅー…」

    青葉「ちょ、ねねっち!?頭から湯気出てるよ!?」

    しずく「…そっか。涼風くんとうみこくんはどうかな?」

    青葉「…私も、ねねっちと離れ離れになるのはちょっと辛いですけど…」

    青葉「でも、ねねっちが行きたいなら、私は応援したいです」







    12 ◆o8JgrxS0gg :2018/12/05(水) 23:04:50.89 ID:O06D4IG/0

    しずく「うみこくんはどうかな?」

    うみこ「…」

    しずく「…うみこくん?」

    うみこ「あ、あぁ、はい」

    ねね「?」

    うみこ「そうですね…桜さん以外の新人も育っていますし…来月には経験のある中途入社の方も入ってくる予定です」

    うみこ「プログラマー班の人員としては、桜さんが転勤となっても特に問題はないかと…」

    しずく「…そうか」

    しずく「まぁ、すぐに答えは出さなくてもいいさ。そうだね…この日に回答することになっているから、それまでに頼むよ」

    ねね「は、はい」

    青葉「じゃあ、失礼します」

    しずく「あぁ。お仕事頑張って」

    バタン

    しずく「…」

    しずく「(プログラマー班として問題ない、か…)」

    しずく「(私が聞きたかったのは、うみこくんの気持ちなんだけどな…)」








    13 ◆o8JgrxS0gg :2018/12/05(水) 23:05:42.93 ID:O06D4IG/0

    〜〜〜

    ●べつのひのおひるやすみ


    うみこ「…」カタカタ

    青葉「…ねねっち、いる?」

    うみこ「涼風さん。桜さんなら、お昼休みが始まってすぐにどこかに行ってしまいましたが…一緒じゃなかったんですね」

    青葉「あ、あれ?私の所にもきてないので、てっきりここかと…」

    うみこ「そうでしたか。となると、おそらく食堂でしょう。涼風さんにも声を掛けていないのであれば、一人になりたいんじゃないでしょうか」

    青葉「…」

    うみこ「…涼風さん?」

    青葉「あ、いえ。なんでもないです」

    青葉「(ねねっちのこと、よく知ってるなぁ…)」







    14 ◆o8JgrxS0gg :2018/12/05(水) 23:06:14.73 ID:O06D4IG/0

    うみこ「何か用事でしたか?」

    青葉「あ、いえ。いるならお昼一緒にと思ってたんですけど」

    うみこ「そうですか」カタカタ

    青葉「…あ、あの!」

    うみこ「はい?」

    青葉「ねねっちから、何か聞いてませんか?」

    うみこ「…?」

    うみこ「…ああ、転勤の話ですか…あの会議からは、特に話していませんね」

    青葉「そうですか…」

    うみこ「涼風さんこそ、何か話していませんか?」







    15 ◆o8JgrxS0gg :2018/12/05(水) 23:06:48.71 ID:O06D4IG/0

    青葉「…私も、どうしたらいいのかよくわからなくて…」

    青葉「ねねっちとは一緒に居たいけど、ねねっちが行きたいなら、応援したいとも思ってます」

    青葉「でも、私が何か言うと、ねねっちの気持ちが揺れちゃいそうで…」

    うみこ「…桜さんは、涼風さんに相談したいんじゃないでしょうか」

    青葉「うーん…そうですかね…?」

    うみこ「えぇ。私よりも、古くからの友人と話すべきでしょう」

    青葉「…」

    うみこ「涼風さん?」

    青葉「あの…うみこさんは、それでいいんですか?」

    うみこ「…」

    青葉「あ、ご、ごめんなさい!変な事言って…」

    青葉「私、コンビニでお昼買ってきますね!」タタタ…

    うみこ「…」







    16 ◆o8JgrxS0gg :2018/12/05(水) 23:07:46.82 ID:O06D4IG/0

    うみこ「(…私の気持ち、ですか…)」

    うみこ「(本当は…私も…)」

    うみこ「(…いえ、そんなことを言っても、桜さんの邪魔になるだけでしょう)」

    うみこ「(私は…)」

    うみこ「…はぁ…」カタカタ








    17 ◆o8JgrxS0gg :2018/12/05(水) 23:08:20.87 ID:O06D4IG/0

    〜〜〜

    ねね「…はぁ…」モグモグ

    コウ「…あれ、ねねちゃん一人?」

    ねね「うえっ!?八神さっ…ごほっごほっ!」

    コウ「あぁ、ごめんね、驚かせて…ここいい?」ガタッ

    ねね「あ、はい」

    コウ「ふぅー…」

    ねね「八神さん、お弁当ですか?」

    コウ「あぁ、りんが作ってくれてさぁ」

    ねね「遠山さんが…」

    コウ「ったく、私ももう子どもじゃないし、昼飯くらい自分で用意できるってのに…」







    18 ◆o8JgrxS0gg :2018/12/05(水) 23:08:52.92 ID:O06D4IG/0

    ねね「…」モグモグ

    コウ「元気ないね。どうかした?」

    ねね「いや、その…」

    コウ「…あ、転勤のこと?」

    ねね「うえっ、知ってるんですか?」

    コウ「まぁ、大体ね」

    ねね「…あの…」

    コウ「ん?」

    ねね「八神さんだったら…どうしますか?」

    コウ「…うーん…そうだなぁ…」







    19 ◆o8JgrxS0gg :2018/12/05(水) 23:09:38.74 ID:O06D4IG/0

    コウ「まぁ、確かに私とりんの関係って、ねねちゃんと青葉に似てるとも言えるよね」

    コウ「こうしてお弁当まで作ってもらってるし、休日はいろいろ世話焼いてもらってるし…」

    ねね「(遠山さん、そこまで行くともうお嫁さんなんじゃ…)」

    コウ「実際、私に話が来たら…そうだなぁ…」

    コウ「…私なら、行くかな」

    ねね「そうですか…」

    コウ「イーグルジャンプのことも大事だけどさ、私、まだまだ上手くなりたいって気持ちもあるし」

    コウ「新しいところで新しいものに触れるって、デザイナーとしては凄い刺激になるよ」

    コウ「…まぁ、プログラマーのことはあんまりわからないんだけどさ…」

    ねね「…」

    コウ「そんなに落ち込むなって。これはあくまで私の思いだから、ねねちゃんは自分の思う通りにすればいいんだよ」

    ねね「…私が」







    20 ◆o8JgrxS0gg :2018/12/05(水) 23:10:15.08 ID:O06D4IG/0

    コウ「…気になるなら、あはごんにも聞いてみればいいんじゃないかな」

    ねね「んぐっ…」

    コウ「やっぱ、ちょっと聞きにくい?」

    ねね「それは…」

    コウ「あ、それで今日ここで一人で食べてるんだ」

    ねね「だって、うみこさんの横だと、いろいろ余計な事考えちゃって…考えがまとまらなくて…」

    コウ「…だったらなおさら、あはごんとはしっかり話した方が良いよ」

    コウ「ねねちゃんが行くにしろいかないにしろ、しっかり自分の気持ちは伝えるべきだし…」

    コウ「それに、あはごんの気持ちも確かめた方がいいって」

    ねね「…!」

    ねね「あ、あのっ!八神さんっ!」

    ねね「…何か、その…あ、ありがとうございます!頑張ります!」

    コウ「うん、頑張って」

    ねね「し、失礼します!」タタタ…







    21 ◆o8JgrxS0gg :2018/12/05(水) 23:10:48.21 ID:O06D4IG/0

    ●べつのひ


    うみこ「…」カタカタ…

    しずく「…おや、うみこくんだけか」

    うみこ「ええ。丁度お昼休みですし、皆さん昼食に出ていますよ」

    しずく「うみこくんはいいのかな?」

    うみこ「私はここで済ませていますから」

    しずく「そっか」

    うみこ「それで、何ですか?また仕様変更ならデコピンですよ」

    しずく「…」

    うみこ「…?」

    しずく「…いいのかい、桜くんのことは」

    うみこ「…」








    22 ◆o8JgrxS0gg :2018/12/05(水) 23:11:32.95 ID:O06D4IG/0

    しずく「明日までに結論をくれるように言ってあるからね」

    うみこ「…何故その話を私に?本人に念押ししておくべきでしょう」

    しずく「やっぱり素直じゃないね、うみこくんは」

    うみこ「は?どういう意味です?」

    しずく「桜くんじゃなくて、君のことだよ」

    うみこ「私の…ですか?」

    しずく「ああ。まだ聞いていなかったからね」

    うみこ「それは…もう話したでしょう。プログラマー班の仕事が回らなくなることはありませんよ」

    しずく「そういうことじゃないよ。君自身の気持ちの話さ」

    うみこ「どういう意味です?」







    23 ◆o8JgrxS0gg :2018/12/05(水) 23:12:05.82 ID:O06D4IG/0

    しずく「プログラマー班の仕事がどうだとか、そんな話はどうでもいいんだ」

    しずく「君の、君個人の気持ちは、まだ聞いていないよ」

    うみこ「…」

    しずく「まだ、彼女自身も迷っているんじゃないかな」

    うみこ「…それでしたら、尚更私がどうこう言う話ではないでしょう」

    うみこ「桜さんが行きたいなら行けばいい。私が口を出す話ではありません」

    しずく「本当に…本当に素直じゃないね、君は」

    しずく「それで後悔しないのかい?最後まで、そうやって意地を張って…何も伝えないつもりかな?」

    うみこ「…」







    24 ◆o8JgrxS0gg :2018/12/05(水) 23:12:45.16 ID:O06D4IG/0

    しずく「…全く、仕方のない部下だな…」ピッ

    プルルルル…

    うみこ「…?」

    しずく「…ああ、もしもし。桜くんかい?お昼休み中にすまないね」

    しずく「うみこくんが話があるようだから、サバゲの訓練場まで来てくれないかな」

    しずく「ああ、よろしく頼むよ」ピッ

    うみこ「…! ちょっと、葉月さん。 また勝手に…」

    しずく「こうでもしないと、本当に最後まで意地っ張りなままになりそうだからね、君は」

    しずく「話が終わったら、デコピンでもなんでもすればいいさ」

    うみこ「…全く…仕方ないですね…」ガタッ







    25 ◆o8JgrxS0gg :2018/12/05(水) 23:13:37.54 ID:O06D4IG/0

    〜〜〜

    ガチャ

    ねね「…うみこさん?いますか?」

    ・・・

    ねね「…あ、あれ?うみこさ…」

    うみこ「…バン!こっちですよ」

    ねね「もおお!また!」

    うみこ「すみません、お昼休み中に呼び出したりして」

    ねね「い、いえ!もうお昼ご飯はすんでますから」

    うみこ「そうでしたか」







    26 ◆o8JgrxS0gg :2018/12/05(水) 23:14:20.99 ID:O06D4IG/0

    ねね「それで、お話ってなんですか?」

    うみこ「…」

    ねね「…うみこさん?」

    うみこ「…」

    ねね「?」

    うみこ「あ、明日までですよね…例の件」

    ねね「…はい」

    うみこ「その…」

    ねね「どーしたんですか?うみこさんにしては、歯切れが悪くないですか?」

    うみこ「…はぁ…貴女はそうやって、いつも…」

    ねね「?」







    27 ◆o8JgrxS0gg :2018/12/05(水) 23:15:02.41 ID:O06D4IG/0

    うみこ「どうするか、決めているんですか?」

    ねね「…いや…実は、まだちょっと悩んでて…」

    ねね「ここにいたい気もするし、別の仕事をしてみたい気もするし…」

    ねね「ちょっと、まだ決めきれてないんです」

    うみこ「そうでしたか…」

    ねね「…うみこさんは」

    うみこ「?」

    ねね「…うみこさんは、どう思いますか?」

    うみこ「…私ですか?」







    28 ◆o8JgrxS0gg :2018/12/05(水) 23:15:44.57 ID:O06D4IG/0

    うみこ「前にも言った通りですよ。ここの仕事のことなら問題ありません。桜さんのしたいように…」

    ねね「じゃなくて!」

    ねね「…うみこさんは、私を…その、私のことをどう思ってるんですか!?」

    うみこ「…それは」

    ねね「私は…私は、プログラマー班がどうとかじゃなくて、うみこさんとも離れたくありません!」

    ねね「もちろん、あおっちや他のみんなもそうですけど…うみこさんは、ただの仕事の上司じゃなくて…」

    ねね「うーん…よくわからないけど…とにかく、私は、うみこさんと離れるのもイヤです!」

    うみこ「…」

    ねね「でも…でも、それとは別に、もっと新しい仕事もしたい気持ちもあって…それで…」

    ねね「うぅー…!」

    うみこ「…桜さん」

    うみこ「(本当に…葉月さんの言う通り、いつまでも素直じゃないですね、私は)」







    29 ◆o8JgrxS0gg :2018/12/05(水) 23:16:35.75 ID:O06D4IG/0

    うみこ「…ごめんなさい」

    ねね「ふぇ?」

    うみこ「そこまで言わせてしまって…私ばかり、ずっと意地を張ってしまいましたね」

    うみこ「桜さん」

    うみこ「私にとっても、貴女は…貴女は、ただの部下の一人ではありませんよ」

    ねね「…」

    うみこ「その…私も、桜さんと同じ気持ちで…」

    ねね「…?」

    うみこ「…この辺で察してくださいよ、もう…」

    ねね「うみこさん?」

    うみこ「…わ…私も…」

    うみこ「桜さんと…桜さんと、離れたくありません…!」

    ねね「…うみこさん」

    うみこ「…最後まで言わせないでください、恥ずかしい…」







    30 ◆o8JgrxS0gg :2018/12/05(水) 23:17:28.48 ID:O06D4IG/0

    ねね「…うみこさん」ぎゅっ

    うみこ「ちょっ、急になんですか。暑苦しいですね…」

    ねね「えへへ、うみこさん、顔真っ赤ですよ?」

    うみこ「ぐっ…誰のせいだと…」

    ねね「ありがとうございます」

    ねね「…決心、つきました」

    うみこ「…そうですか」

    ねね「うみこさん」

    うみこ「なんですか?」

    ねね「…えへへ、なんでもないですっ!」







    31 ◆o8JgrxS0gg :2018/12/05(水) 23:17:57.80 ID:O06D4IG/0

    〜〜〜


    ●後日


    ねね「…おはようございまーす!」

    青葉「あ、おはようねねっち」

    ねね「あおっち、今日も早いねー」

    青葉「私が先輩より遅く来るわけにもいかないでしょー?」

    青葉「あ、コーヒー淹れたけど飲む?」

    ねね「ちょうだい!ついでにうみこさんの分も!」

    青葉「はいはい」カチャカチャ







    32 ◆o8JgrxS0gg :2018/12/05(水) 23:18:27.04 ID:O06D4IG/0

    青葉「結局、ねねっちはここに残ることにしたんだね」

    ねね「うん。葉月さんは、そういうと思ったって言ってたけど…」

    ねね「やっぱり、あおっちやうみこさんと一緒に仕事したいから」

    青葉「そっか…じゃあ、これからもっと頑張らないとね」

    ねね「うん!」

    青葉「はい、コーヒー二つ」

    ねね「ありがと、あおっち!」







    33 ◆o8JgrxS0gg :2018/12/05(水) 23:18:58.28 ID:O06D4IG/0

    青葉「…あ、そこ、足元気を付けてね」

    ねね「大丈夫大丈夫!あおっちじゃないんだから、そんな…」

    段差先輩「今です!」

    ガッ

    ねね「えっ」

    青葉「あっ」


    ウィーン(エレベーター)


    うみこ「おはようございま――」

    ねね「うわああああ!!うみこさぁぁぁん!!」


    ドテーッ

    ビシャーッ







    34 ◆o8JgrxS0gg :2018/12/05(水) 23:19:37.64 ID:O06D4IG/0

    ねね「いたた……ハッ、う、うみこさん!?だいじょ…」

    うみこ「…」←コーヒーまみれ

    ねね「ヒエッ」

    うみこ「…おはようございます、桜さん」

    ねね「お…おはようございましゅ…」

    うみこ「とりあえず、あっちで二人で話しましょうか。二人っきりで」ズルズル

    ねね「ご、ごめんなさぁい!引き摺らないでぇ!あーーー!!」


    青葉「(こうして、イーグルジャンプに残留したねねっちでしたが…)」

    青葉「(この後、うみこさんにたっぷり可愛がられたのでした)」

    青葉「(めでたし、めでたし♪)」

    ねね「めでたくなぁい!!」



     - おしまい -







    37以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/12/06(木) 02:07:02.19 ID:ncaA0Od6O
    乙ぞい



    TVアニメ「 NEW GAME!! 」キャラクターソングCDシリーズ VOCAL STAGE 3
    篠田はじめ(戸田めぐみ) 桜ねね(朝日奈丸佳) 阿波根うみこ(森永千才) 戸田めぐみ 朝日奈丸佳 森永千才
    メディアファクトリー (2017-09-27)
    売り上げランキング: 95,411
    • 「【NEWGAME!】 うみこ「言わせないでください、恥ずかしい…」」をTwitterに投稿する
    • 「【NEWGAME!】 うみこ「言わせないでください、恥ずかしい…」」をいいね!する
    この記事へのコメント

     コメント一覧 (1)

      • 1. 金ぴか名無しさん
      • 2018年12月11日 20:09
      • 情熱がすごい
      • 0
    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット

    ※連投、荒らし、宣伝、不適切と判断されたコメントはNGの対象になります
      当サイトについて
      記事検索
      アーカイブ
      スポンサードリンク