【デレマス】 新田美波「ひ、ヒモですか?」
    2019年01月25日 コメント(5) 長編創作・SS 
    nitta-minami-egao-sr
    2以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/01/23(水) 23:51:28.60 ID:Pij9EtFnO


    P「うん」

    美波「ヒモっていうと...女性に働かせて、自分は養ってもらう男性っていう...あの...?」

    P「うん」

    美波「それで、Pさんはそんなヒモになりたいんですか?」

    P「うん」

    美波「わ、私のヒモに?」

    P「うん」

    美波「そ、そうですか...」








    3以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/01/23(水) 23:52:39.41 ID:Pij9EtFnO


    美波「ど、どうして私なんですか?」

    P「理由はいくつかあるんだけど」

    美波「いくつもあるんですか…?」

    P「まず美人でしょ?それだけじゃなくてかわいい、スタイルも抜群」

    美波「そ、そうでしょうか///」

    P「文武両道で料理もできるし、資格もいっぱい取ってるからアイドル辞めてもうまくやっていけそうだなって」

    美波「アイドルはまだ辞めませんけど...」

    P「あとリアル姉ってのがポイント高いよね。人と打ち解けるのも早いし、よく年下の(年上も)アイドルたちの面倒も見てくれてるし...他人のお世話に慣れてる感がさ?」

    美波「面倒だなんてそんな...みんないい子でかわいいですから、むしろ楽しんでますよ?」

    P「(ミナミィマジお姉ちゃん)まあそんな感じで、美波のヒモになれたら幸せかな〜って思ったわけよ」

    美波「だ、ダメですよぉヒモなんて...」








    4以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/01/23(水) 23:53:16.11 ID:Pij9EtFnO


    P「...実は、今日でちょうど100連勤なんだよね」

    美波「えっ、大丈夫なんですかそれ!?」

    P「労基法なんてあってないようなモンよ...だって俺が休んだら誰がお前らのプロデュースすんのさ」

    美波「違います!私はPさんの身体の心配をしてるんですよ!?ちゃんと休まないとダメです!めっ!」

    P「ミナミィマジやさしいかわいいすき(心配してくれたのか?ありがとな)」

    美波「えっ///」

    P「えっなに?どうした?」

    美波「いえ、なんでもないです...///」








    5以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/01/23(水) 23:54:01.51 ID:Pij9EtFnO


    P「まあそんな状況でさ...さすがにちょっと疲れてるんだよね、情けない話だけど」

    美波「情けないだなんて思いません!Pさんが頑張ってくれているから私たちは充実したアイドル活動を続けられているんですから!」

    P「ミナミィマジ女神(ミナミィマジ女神)...」グスン

    美波「そんな大げさな...はい、ハンカチどうぞ?」

    P「うぅ、気が利く...こんな感じで一生お世話されてぇ...」

    美波「い、一生...そんな、美波、困っちゃいます...///」








    6以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/01/23(水) 23:55:01.53 ID:Pij9EtFnO


    P「とにかく!ヒモ云々の話はなんか疲れてるから妄想が垂れ流しになってるだけ...だと思う...ので、忘れてくれ!変な話聞かせてごめんな!」

    美波「は、はぁ...」

    P「...てなわけでちょっと仮眠するわ、ここ最近夜中3時間以上寝れたことがなくてね」

    美波「えぇ〜...?」

    P「悪いけど3分経ったら起こしてくれる?じゃオヤスm」Zzz

    美波「3分って仮眠の意味あるんですか...?というか、寝つきが早すぎ...」


    P「Zzz...ヘックシュイ!」

    美波「...風邪、ひいちゃいますよ?もう...」

    美波「...仕方ないので、これ」フワッ

    美波「美波のコート、ちょっとだけ貸してあげますから...」








    7以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/01/23(水) 23:55:49.28 ID:Pij9EtFnO


    美波「...」ジーッ

    P「うーん...今日の納税も白封筒...」ムニャムニャ

    美波(Pさんの寝顔、初めて見たなぁ...当たり前だけど)

    P「70連...80連...舞ちゃんはどこ...ここ...?」ムニャムニャ

    美波(仕事中はキリッとしてるけど...こうして見ると意外と子供っぽい、かも?弟みたい、なんて失礼だよね...)

    P「あっちで藍子...こっちでフレちゃん...俺はどうしたら...」ムニャムニャ

    美波(なんだか、可愛く見えてきたかも...?お疲れみたいだし、ちょっとだけなら触っても起きない...はず)

    P「ダメだよ乙倉ちゃん...またそんなに脚出して...」ムニャムニャ

    美波「...」ツンツン

    美波(ほっぺ、意外と柔らかい...)ムニムニ

    美波(あっでも、うっすらとヒゲが...ちょっとだけチクチクする、くすぐったいな...)スリスリ

    P「ちひろさ〜ん...そんなに突っついてももう金は出ないっすよぉ...」ムニャムニャ

    美波(髪の毛、崩さないように...)ナデナデ

    美波(...よく見たら、初めてお会いした頃より少しやつれてるような...やっぱり、忙しいんだろうな...)

    美波(Yシャツも、ちょっとシワになって...洗濯とか、できてるのかな…?)

    美波(私にできること、ないかな...ちゃんと栄養のあるごはん作って...洗濯物にはアイロンかけて...家の掃除とか...あとは...」ブツブツ








    8以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/01/23(水) 23:56:25.32 ID:Pij9EtFnO


    美波「...はっ!?」

    太陽くん「今日はもう退勤やで〜」

    月くん「今夜は俺が綺麗やで〜、満月や!」

    P「なんで美波のSSRは2枚も限定なんだよぉ...」ムニャムニャ

    美波「...考え事してたら、3分どころか3時間以上経ってた...!?」

    美波「Pさん!起きて!Pさん!」ユサユサ

    P「うーんあと5時間...」

    美波「終電なくなっちゃいますから!...当日限定スタドリ、飲み忘れてますよ?」ボソボソ

    P「えっマジで!?日付変わった瞬間ちゃんと使ったはずなのに!?」ガバッ

    P「...って、あれ?なんか外暗くね?」

    美波「...」ダラダラ








    9以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/01/23(水) 23:56:57.36 ID:Pij9EtFnO


    美波「ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい...」ペコペコ

    P「いや大丈夫だよ、久しぶりにちゃんと寝てスッキリできたし」

    美波「机で寝るのはちゃんとって言わないんですよ!もう!」

    P「ははっ、それもそうだ...っと、これ美波のコートか?」ファサッ

    美波「あ、はい...」

    P「いやーなんかあったかいしいい匂いするしすげぇ快眠だったよ、ありがとな」

    美波「か、嗅いじゃダメです!」

    P「嗅いだわけじゃねぇよ一ノ瀬じゃねぇんだし...」








    10以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/01/23(水) 23:57:56.48 ID:Pij9EtFnO


    P「もう暗いしな、家まで送るよ」

    美波「いえ、そんなことでお時間を取らせるわけには...」

    P「ダメダメ、美波みたいな美人さんが暗い中一人で帰るなんて危ないよ」

    美波「び、美人...もう...///」

    P「事実だしな...よし行こうか、忘れ物ない?」

    美波「忘れ物はないですけど...一つだけお聞きしてもいいですか?」

    P「うん?どした?」

    美波「Pさんは、私のヒモになりたいって言ってましたけど」

    P「えっ、それ蒸し返すの!?」

    美波「つまり、私にお世話されたい...少なくともお世話されるのが嫌ではない...そういう解釈でいいんですよね?」

    P「...まあ、そうだけど」

    美波「はい、ありがとうございます♪」ニコニコ

    P「頼むから早く忘れてくれよな...」

    美波「あ、帰るなら一緒にごはんでも食べませんか?」

    P「いや、寝たぶん仕事溜まってるから。美波送ったらすぐここに戻るわ、ごめんな」

    美波「寝た意味ないじゃないですか!もうっ!」








    11以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/01/23(水) 23:58:29.49 ID:Pij9EtFnO


    数日経って

    P「...」カタカタ

    美波「おはようございます」

    P「おう、おはよ」

    美波「...」スッ

    P「ん?なにこれ、封筒?」

    美波「...美波、待ってますからね!ちゃんと帰ってきてください!それじゃレッスン行ってきます!」ハヤアルキー

    P「...急いでそうだったけど走らないあたりいい子だよねぇホント」

    P「...ん?『帰ってきて』ってなんだ?」ガサゴソ

    P「これは...地図と鍵?」パサッチャリン

    P「...えっ?」








    12以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/01/23(水) 23:58:55.89 ID:Pij9EtFnO


    P(この日、なにか嫌な予感がした俺は珍しく残業を1時間ほどで切り上げ地図の場所に向かった)

    P「この部屋だな...」ピンポーン

    「はーい!今開けまーす!」

    P(やっぱり美波の声...)

    美波「お疲れ様でs...コホン、お、おかえりなさいPさん///」ガチャ

    P(えっ、おかえりって何?そもそもこの部屋はなんだ?美波って女子寮に住んでたよな?うっわエプロンミナミィマジ若妻!)

    P「...ただ、いま(思考停止)」

    美波「もう、せっかく合鍵をお渡ししたんですから使ってくださいよ〜...あ、まずはお風呂どうぞ!こっちです!」グイグイ

    P「...おう、そうか(思考停止)」








    13以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/01/23(水) 23:59:23.81 ID:Pij9EtFnO


    P(その後、あらかじめ沸かされていた風呂に連れて行かれ、久しぶりに湯船に浸かった。あまりの気持ちよさに寝てしまいそうになった)

    P(風呂から出ると、美波はここしばらく食べた記憶もない手料理を作ってくれていた。涙が出るほど美味かった)

    P(そして今は食後のお茶をすすっている。ようやく止まっていた脳が動き始めた...)

    P「...なあ美波」

    美波「はい?」

    P「聞きたいことは山ほどあるが...まず、この部屋はなんだ?」

    美波「私の部屋ですけど?」

    P「えっ、引っ越したの?」

    美波「ええ、だって...」








    14以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/01/24(木) 00:01:16.72 ID:nm+PslLaO


    美波「女子寮に住んでいたら、Pさんをヒモにすることなんてできないじゃないですか?」

    P「...」

    P「...」

    P「...」

    P「...は?」








    15以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/01/24(木) 00:02:20.73 ID:nm+PslLaO


    P「いや、あれはなんというか...血迷ったというか...てか忘れてくれって言ったじゃん!?」

    美波「いきなりあんなこと言われて忘れられるわけないじゃないですかっ!」

    P「うっ...」

    美波「それに、私にお世話されたいんですよね?嫌じゃないんですよね?ねっ?」

    P「うっうっ...」

    美波「この部屋、Pさんのために借りたんですから!今更ナシなんてダメですからね!」

    P「そんな理由で引っ越したの!?てかお前未成年だろ!親の同意とか必要だっただろ!?」

    美波「大丈夫です!Pさんと同棲するって言ったら許してくれましたから!」

    P「美波パパ厳しいキャラだっただろ!なんでだよ!」

    美波「...あっ、パパからお手紙預かってたんでした」ピラッ

    「Pさんのことは信用していますが、娘を泣かせたら...わかってますよね?」

    P「ワーイオレシンヨウサレテルー」ガタガタガタガタ








    16以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/01/24(木) 00:03:01.70 ID:nm+PslLaO


    美波「あっそれと、もうしばらくはPさんも働いてもらって構いませんけど...」

    P「ん?」

    美波「私が大学を卒業したら、もう働かなくていいですよ♪」

    P「え゛っ」

    美波「今はまだ学生ですし未成年ですから、1人ではどうにもならないことも多いですけど...」

    美波「社会人になったら私一人でPさんを養ってあげられますからねっ♪」

    P「ガチでヒモじゃねえか!」

    美波「Pさんが言い出したことですよ?」

    P「う〜〜〜んヒモになりたい願望は確かにあるけどそうじゃねぇんだよな〜〜〜...」

    P「いいのか!?担当Pをヒモにする、そんなことでいいのか!?お前そんなキャラか!?」

    美波「普通ならよくないと思いますけど...Pさんは今まで頑張り過ぎてるんです!何がなんでものんびりお世話されてもらいますからねっ!」

    P「Oh...」

    美波「とにかく!...これからよろしくお願いしますね?Pさんっ♪」

    P「美波ってこんなに押し強い子だっけ!?てかホントに俺もここに住むの!?えっ!?」








    17以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/01/24(木) 00:03:37.23 ID:nm+PslLaO


    千川ちひろ「...」カタカタ

    ちひろ「...」カタカタ

    ちひろ「...ふぅ」カタ...

    ちひろ「...」コポポポ...

    ちひろ「...アイドルと同棲とか何考えてんですかねアイツは...」ズズッ...

    おわり






    18以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/01/24(木) 00:06:11.96 ID:nm+PslLaO


    以上です。
    ミナミィこんなことするキャラか?とかこれって響子とかの方が合ってね?とかそもそもミナミィ女子寮だっけ?とか色々考えましたが美波お姉ちゃんに甘やかされたい願望は抑えられませんでした。
    ここから始まるヒモ生活はどなたかがきっと書いてくれると信じています。
    お読みくださった方(いらっしゃれば)ありがとうございました。








    20以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/01/24(木) 10:32:32.65 ID:/Li4qBpKo

    よく承太郎が許したな…






    19以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/01/24(木) 00:16:42.32 ID:m3QhCgyMo
    おつおつ
    ミナミィで良かったよ困ったらアーニャとからんらんが助けてくれそうだしね
    美優さんだったら…うん…



    ヒモになりたい
    ヒモになりたい
    posted with amazlet at 19.01.24
    カンダウイ
    56PI@RECORDS (2005-08-07)
    売り上げランキング: 1,662,947
    • 「【デレマス】 新田美波「ひ、ヒモですか?」」をTwitterに投稿する
    • 「【デレマス】 新田美波「ひ、ヒモですか?」」をいいね!する

     コメント一覧 (5)

      • 1. 金ぴか名無しさん
      • 2019年01月25日 05:44
      • 新田美波の父親空条承太郎説すこ
      • 0
      • 2. 金ぴか名無しさん
      • 2019年01月25日 06:39
      • 新田恵海は黒乳首(●人●)
      • 0
      • 3. 名無しさん@ダイエット中
      • 2019年01月25日 07:51
      • やかましいッ!うっおとしいぜッ!!おまえらッ!
      • 0
      • 4. 金ぴか名無しさん
      • 2019年01月25日 10:05
      • こう言うの好き。もっと書いて。いや書いてくださいお願いします。
      • 0
      • 5. 名無しの勇者さん
      • 2019年01月25日 15:28
      • 新田美波の父親空条承太郎説とかいうクソキモイやつ
      • 0
    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット

    ※連投、荒らし、宣伝、不適切と判断されたコメントはNGの対象になります
      当サイトについて
      記事検索
      アーカイブ
      スポンサードリンク