【異世界かるてっと】 ヴィーシャ「私の名前をフルネームで言えますか?」
    2019年07月15日 コメント(5) 長編創作・SS 
    no title
    1以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/07/12(金) 22:24:30.263 ID:uMPJfVkTa.net
    休み時間 教室

    ヴィーシャ「あの……バルスさん。」

    スバル「俺の名前は、スバルだぞ。」

    ヴィーシャ「あっ、ごめんなさい。間違えてしまいました……。」

    スバル「まぁ、別にいいけど。で、何で俺に話しかけたんだ?」

    ヴィーシャ「前から皆さんにお聞きしたい事があったのですが……。」

    スバル「?」





    ヴィーシャ「バル……スバルさんは、私の名前をフルネームで言えますか?」






    2以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/07/12(金) 22:27:09.933 ID:uMPJfVkTa.net
    スバル「フルネーム?」

    ヴィーシャ「自己紹介の時に名乗りましたよ。」

    スバル「そう言えば……そうだったな。(全然覚えてねぇ。)」

    ヴィーシャ「覚えてますか?」

    スバル「……。」

    ヴィーシャ「そ、そうですか……。」

    スバル「(あの頃は、情報量が多かったからなぁ。)」

    ラム「前から思っていたけど、あなたのフルネームは、覚えづらいわ。」

    スバル「姉様。」






    3以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/07/12(金) 22:30:20.738 ID:uMPJfVkTa.net
    ラム「えっと……ヴィクトリーヤ?」

    ヴィーシャ「ヴィクトーリヤ・イヴァーノヴナ・セレブリャコーフです。」

    スバル「な、長い……。」

    ラム「……よくそれを噛まずに言えるわね。」

    ヴィーシャ「……自分の名前ですから。」






    4以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/07/12(金) 22:35:24.991 ID:uMPJfVkTa.net
    スバル「そう言えば姉様は、この人と同じ給食委員だったよな。二人っきりの時、何て呼んでるんだ?」

    ヴィーシャ「(この人……。)」

    ラム「覚えづらいから『あなた』と呼んでるわ。」

    スバル「そっか〜……。」

    ヴィーシャ「……あの、でしたら私のことは、ヴィーシャと」

    スバル「そうだ!」

    ラム「何?急に大声出さないで。煩いわ。」

    スバル「あだ名を付けよう!そうすりゃ覚えやすくなる!」

    ヴィーシャ「え?」

    めぐみん「ん?あだ名?」ピクッ






    6以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/07/12(金) 22:39:19.326 ID:uMPJfVkTa.net
    ラム「成る程。あだ名があれば呼ぶ時困らない、良い考えね。」

    スバル「だろだろ!」

    ラム「バルスもたまには、役に立つのね。」

    スバル「姉様は、相変わらず辛辣だな……。」

    めぐみん「あだ名なら私に任せて下さい!」

    ヴィーシャ「……。」

    ヴィーシャ「(私には、『ヴィーシャ』という愛称があるのですが……。)」

    ラム「突っ込む暇があるならさっさと考えなさい。」

    スバル「姉様も考えろよ。」

    めぐみん「私を無視しないで下さい!」

    ヴィーシャ「(見知らぬ地で出会った新しい仲間に新しいあだ名を付けられる……悪くありませんね!)」ワクワク






    7以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/07/12(金) 22:42:28.809 ID:uMPJfVkTa.net
    スバル「う〜ん……。」

    ラム「……。」

    スバル「う〜ん……。」

    ラム「……。」

    スバル「う〜ん……。」

    ラム「……。」

    ヴィーシャ「(苦戦してますね……。)」

    スバル「(本名何だっけ?)」

    ラム「(この前蒸かし芋を沢山食べていたから……『蒸かし芋』で決まりね。)決まったわ。」





    『蒸かし芋』は、即ボツになりました。

    ラム「チッ。」






    8以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/07/12(金) 22:46:43.630 ID:uMPJfVkTa.net
    スバル「(確か本名は、ヴィク……何とかだから……。)」

    スバル「(ヴィク……ヴィク……!)」

    スバル「(これだ!)」





    スバル「ヴィク子だ!」

    ラム「は?」

    ヴィーシャ「ヴィ、ヴィクコ?」

    スバル「ど、どうだ?」

    ラム「……。」

    ヴィーシャ「……。」

    ラム「流石バルス、微妙なネーミングセンスね。」

    スバル「蒸かし芋に言われたくねえよ……。」






    9以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/07/12(金) 22:50:08.561 ID:uMPJfVkTa.net
    ヴィーシャ「……。(ヴィクコのヴィクは、ヴィクトーリヤのヴィクなのは分かりますが……ヴィクコのコはどこから?)」

    ヴィーシャ「……。」

    ヴィーシャ「!」

    ヴィーシャ「(セレブリャコーフのコ!)」

    ヴィーシャ「(『ヴィク』トーリヤ・イヴァーノヴナ・セレブリャ『コ』ーフ、略してヴィクコ……。)」

    ヴィーシャ「……凄く微妙ですね。」

    ラム「ほら、彼女も微妙って言っているわ。」

    スバル「」






    10以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/07/12(金) 22:52:47.573 ID:LBHAhUHBa.net
    ヴィンヴィン丸






    11以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/07/12(金) 22:53:10.440 ID:uMPJfVkTa.net
    スバル「ヴィクりん!」

    ヴィーシャ「……。」

    スバル「ヴィクちー!」

    ヴィーシャ「……。」

    スバル「ヴィクっち!」

    ヴィーシャ「……。」

    スバル「ヴィクたん!」

    ヴィーシャ「……。」

    めぐみん「ヴィクヴィク丸!」

    ヴィーシャ「……。」

    ラム「全滅ね。」

    スバル「マ、マジかよ……。」






    12以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/07/12(金) 22:57:47.831 ID:uMPJfVkTa.net
    スバル「相手が気に入るあだ名を考えるって案外難しいんだな。」

    ヴィーシャ「ごめんなさい。一生懸命考えてくれたのに……。」

    ラム「気にしなくていいわ。悪いのは、微妙な名前しか思い付かないバルスなのだから。」

    スバル「……。」

    めぐみん「(何故私は、空気なのだろうか……。)」

    ターニャ「騒がしいな。何をしている。」

    スバル「ターニャ。」

    ヴィーシャ「(説明中)」

    ターニャ「成る程……。」

    スバル「なぁ、もしよかったらターニャも一緒に考えてくれよ。」

    ターニャ「断る。私には、必要無いからな。」

    スバル「えっ?」






    14以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/07/12(金) 23:06:04.604 ID:uMPJfVkTa.net
    ターニャ「ヴィクトーリヤ・イヴァーノヴナ・セレブリャコーフ中尉……私は、彼女の名前をフルネームで言える。」

    ヴィーシャ「少佐……("⌒∇⌒")」

    ラム「あ、あなた凄いわね。ラムより小さいのに……。」

    ターニャ「当然だ。私が部下の名前も覚えられない無能ならとっくの昔に戦死している。」

    スバル・ラム・めぐみん「「「……。」」」←クラスメートの名前を覚えられない無能。





    スバル「……ん?」

    ターニャ「?」






    15以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/07/12(金) 23:16:54.898 ID:uMPJfVkTa.net
    スバル「ターニャ、この人のフルネームをもう一度言ってくれないか。」

    ターニャ「?……ヴィクトーリヤ・イヴァーノヴナ・セレブリャコーフ中尉。」

    スバル「……これだ!」

    ヴィーシャ「何か閃いたみたいですね。」

    ラム「どうせまた微妙な名前でしょ?容易に想像出来るわ。」

    めぐみん「私は、悪くないと思います。」





    ヴィーシャ「う〜ん……悪くないですね。」

    めぐみん「ちょっと堅苦しくないですか?」

    ラム「バルスのくせに普通ね。」

    ターニャ「あだ名なんてそんなものだろ。」

    スバル「じゃあこれで決まりだな!」






    16以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/07/12(金) 23:24:40.770 ID:uMPJfVkTa.net
    翌日

    スバル「おはよう中尉!」

    ヴィーシャ「スバルさん、おはようございます。」

    ラム「中尉、おはよう。」

    ヴィーシャ「ラムさん、おはようございます。」

    グランツ「……大隊長殿、何故みんなセレブリャコーフ中尉の事を『中尉』と呼んでいるのですか?」

    ターニャ「アレは、あだ名だ。セレブリャコーフ中尉は、名前が長いからな。」

    グランツ「あだ名……ですか。」

    ターニャ「そうだ。」

    グランツ「……。」

    ケーニッヒ「……。」

    ノイマン「……。」

    ターニャ「何だ?言いたいことがあるなら言え。」

    グランツ「大隊長殿……。」





    グランツ「自分達も中尉なのでややこしいです。」

    ターニャ「……あ。」









    18以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/07/12(金) 23:35:35.633 ID:uMPJfVkTa.net
    オマケ

    めぐみん「う〜ん、う〜ん……。」

    ダクネス「カズマ、めぐみんは何をしているんだ?」

    カズマ「ヴィク何とかさんのあだ名を考えてるんだとさ。もう決まってんのに。」

    ダクネス「ヴィク……ヴィクトーリヤ・イヴァーノヴナ・セレブリャコーフ殿の事か。」

    カズマ「お前よく覚えられるな……。」

    ダクネス「私の本名も長いからな。」
    ※ダクネスの本名は、ダスティネス・フォード・ララティーナです。

    めぐみん「う〜〜ん……。」

    ダクネス「で、何故めぐみんは、セレブリャコーフ殿のあだ名を考えているんだ?もう決まっているのだろ?」

    カズマ「確か『本編では、空気だったからオマケで目立ちたい。』って言ってたな。」

    ダクネス「……どういう意味だ?」

    カズマ「さあ。」

    めぐみん「決まりました!」

    カズマ「おっ、めぐみんの無駄な努力が終わったぞ。」

    ダクネス「無駄な努力……。(確かにそうだな。)」





    めぐみん「『はやみん』!」

    カズマ「……。」

    ダクネス「……。」

    カズマ・ダクネス「「は?」」

    めぐみん「ヴィク何とかさんのあだ名ですよ!良い名前だと思いませんか!?」

    カズマ・ダクネス「「(何だその意味不明な単語は……。)」」

    当然、浸透しませんでした。

    めぐみん「(´;ω;`)」

    カズマ「当たり前だろ。」

    ダクネス「なあ、『は』と『み』と『ん』は、どこから取ったんだ?」






    • 「【異世界かるてっと】 ヴィーシャ「私の名前をフルネームで言えますか?」」をTwitterに投稿する
    • 「【異世界かるてっと】 ヴィーシャ「私の名前をフルネームで言えますか?」」をいいね!する

     コメント一覧 (5)

      • 1. foufifty%の名無しさん
      • 2019年07月15日 03:05
      • あとがきがゾクゾクするこの感じ・・・くぅ疲の人か
      • 0
      • 2. 金ぴか名無しさん
      • 2019年07月15日 03:30
      • ワイは好きやで
      • 0
      • 3. 金ぴか名無しさん
      • 2019年07月15日 12:11
      • これ見てちゃんとキャラ設定守れてるアニメはやっぱすげえなって思った
      • 0
      • 4. 金ぴか名無しさん
      • 2019年07月15日 16:43
      • だいたいムーミンって呼ばれてるやん
      • 0
      • 5. 金ぴか名無しさん
      • 2019年07月16日 13:58
      • ごめん無理
      • 0
    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット

    ※連投、荒らし、宣伝、不適切と判断されたコメントはNGの対象になります
      当サイトについて
      記事検索
      アーカイブ
      スポンサードリンク