【デレマス】 あきら「346チャンネル?はぁ、正気デスか?」
    2019年07月22日 コメント(1) 長編創作・SS 
    1◆Dm8ArSIo3MOQ :19/07/21(日)04:08:30 ID:Asn
    モバP「正気とは失礼な。至って真面目な話だよ」

    あきら「♯真面目な話 ♯出来た件」

    P「♯新人アイドルが辛辣な件」

    あきら「まぁそれは冗談だという事にして」

    P「冗談では無いんだ?」

    あきら「要はこの事務所のアイドルさんたちでチャンネル作って何か動画配信とかしようって話?」

    P「流石、話が早くて助かる」







    1◆Dm8ArSIo3MOQ :19/07/21(日)04:08:30 ID:Asn
    P「ほら、最近巷ではよ、よ…よーつべ?ってのが流行ってるだろ?だからウチも流行には便乗しようって話になってさ」

    あきら「どこから突っ込めば」

    P「既に何人かには話をしておいてあってさ、幾つか動画を撮ってきて貰ったんだよ」

    P「で、事務所の公式チャンネルから配信に使えそうなものをあきらにチョイスして貰いたいんだけど、どう?」

    あきら「はぁ、つまり検閲デスか」

    P「間違ってはないけどもさ」

    あきら「別にいいですよ。事務所の皆さんには自分の配信にも協力して貰ったりしてるし」

    P「そっか、助かる。じゃあ早速お願い出来るか?」

    あきら「ん」

    P「ちょっと待ってな。今再生準備するから…あ、コーラとポップコーン持ってこないと」

    あきら「映画鑑賞じゃないんだから」

    P「あきらはコーラとメロンソーダどっちがいい?メロンソーダは美玲のだけど」

    あきら「♯コーラ一択 ♯まだ死にたくない」

    P「お待たせ。それじゃあ上から順番に観て行くぞ。忌憚のない意見を頼むな」

    あきら「もうちょい詰めてください。狭い」グイグイッ

    P「俺にじゃなくてだね」






    2◆Dm8ArSIo3MOQ :19/07/21(日)04:10:44 ID:Asn
    P「えーっと、まずはこれか…。ああ、夢見のやつだな」

    あきら「♯初球大暴投 ♯幸先不安」

    P「ハハッ、ある意味楽しみだったりもする」

    あきら「否定はしませんけど」

    P「んじゃ、スタート」カチッ


    『夢見りあむのタピオカチャレンジ!』


    P「何も考えずに流行に便乗したなアイツ」

    あきら「らしいと言えばらしいデスね」

    P「まぁ何か考えて行動する夢見なんて夢見じゃない気もするけど」

    あきら「物凄い言われよう。まぁ否定はしませんけど」






    3◆Dm8ArSIo3MOQ :19/07/21(日)04:11:59 ID:Asn
    りあむ『えっ、もう始まってるの?待って待ってまだ心の準備出来てない!え、いいからさっさと?ぼく年上だぞ!?』

    りあむ『…あ、はい。さっさと始めます。えーっと…何だっけカンペ見せてよカンペ。ザコ脳細胞はローギアなんだからさ』

    りあむ『はい、ここにあるのはわざわざこのクソ天気の中ウンザリするくらい並んで買ってきたタピオカミルクティー!どいつもこいつも流行ってるからってホイホイとメディアに踊らされすぎだろ』

    りあむ『…え?無駄口はいいからさっさと?あ、はいごめんなさい…年下に叱られるのガチでやむ…あっはいやります。すぐやります』

    りあむ『で、どうするんだっけ。…え、胸の上に置いて手を使わずに飲むの?それだけ?は?チョロくない?』

    りあむ『何だよこんなの簡単すぎだろ!ほら見て簡単簡単!アイドルデビューよりチョロいな流行!』

    りあむ『何でこんなのが流行ってるの?まぁ流行ってそんなもんかもしれないけどさ。ぼくだって今はちょっとチヤホヤしてもらってるけどいつポイっていらない子にされるかわかんないし…』

    りあむ『んぐんぐ…うん、どこにでもある普通のミルクティー。ぼくリプ〇ンの方が好きだなぁ』

    りあむ『むしろストローからタピオカが口の中にボンボン突っ込んでくるから飲みにくさすらあるよ!インスタよりも実用性重視しろよ世間ゲホッ気道に入っ゛だぁ゛!』

    りあむ『ゲホゴホ……あー、死ぬかと思った…こんな死因やだよ浮かばれないよ成仏できないよ…え、これで終わり?』

    りあむ「チャレンジとか言うけどこんなの胸があれば誰だって出来るよね?むしろ出来ない人いるの?こんなクズにさえ無駄にでかいのついてるんだよ?』

    りあむ『え?いやいや誰だって出来るって!胸なんて誰にだってあるじゃんか。乗っけるだけだよ?乗っからない人とかいないだろあり得ないだろ!』

    りあむ『え、何?後ろ?一体何だよもう…』

    ?『…』ニコニコ

    りあむ『…』

    りあむ『……ご、ごめんなさ……』

    ?『えいっ』ギュッ

    りあむ『ごめんなさぁぁぁぁぁ』ユルゥ~

    ?『「直」は素早いんですよ、パワー全開です。『ユルフワニウム』の「直」ざわりは』ズキュゥゥゥゥゥン

    りあむ『おおごおおおおおっ』






    4◆Dm8ArSIo3MOQ :19/07/21(日)04:14:19 ID:Asn


    P「…」

    あきら「…」

    P「どう?」

    あきら「アウト」

    P「だよなぁ」

    あきら「いや、何なんデスかあれ。最初から色々酷かったけど特に最後の…」

    P「あ、もちろん夢見はこの後黄金のリンゴを口の中に詰め込まれて回復したから心配いらないぞ」

    あきら「♯心配ポイントが違う ♯撮影者お前か」

    P「こんなもんネット上に流したらこんがりふっくら炎上するに決まってるだろ。やるなら自分の垢でやりなさいな」

    あきら「やる事自体は止めないんデスね」

    P「何かさ、最近思うんだよ」

    あきら「はい?」

    P「炎上してない夢見って夢見じゃなくね?」

    あきら「慰めるの面倒がってるクセに」

    P「よし、んじゃ次行くか次」

    あきら「ちょい見難いんでもう少し寄って」グイグイ

    P「ふぐぅ狭苦しい」カチッ


    『ボトルキャップチャレンジ!』


    P「また安易に流行に便乗しよってからに」

    あきら「需要があるから流行なんだし良いんじゃないデスか?」

    P「それもそうだ。とにかく観てみてくれ」






    5◆Dm8ArSIo3MOQ :19/07/21(日)04:14:59 ID:Asn

    有香『…』

    有香『……』

    有香『ふぅー……』

    有香『……っ!』

    有香『チェストォーーー!!』ザシュッ

    有香『……ふぅー』

    有香『…』

    有香『ど、どうですか?こんな感じでよかったですか?』

    有香『…違う?回し蹴りでボトルキャップを開ければいいだけ?切断しなくてもいい?』

    有香『…』

    有香『……』

    有香『あわわわわわわわわ!?』



    智絵里『…』

    智絵里『…えっ?も、もう始まってるんですか?ごめんなさいごめんなさいっ!』

    智絵里『じゃ、じゃあいきますね…?』

    智絵里『うぅ〜……え、えーいっ!』ズバシュッ

    智絵里『や、やったぁ!ど、どうですか?見ていてくれましたか…?』

    智絵里『…違う?真っ二つにする必要はない?テーブルごといっちゃってる?』

    智絵里『…』

    智絵里『……』

    智絵里『はわわわわわわわっ!』






    6◆Dm8ArSIo3MOQ :19/07/21(日)04:17:20 ID:Asn

    P「…」

    あきら「…」

    P「どう?」

    あきら「アウト」

    P「だよなぁ」

    あきら「何なんデスかあれ。キャップどころかボトルの飲み口からスパッといってるじゃないデスか」

    P「有香の空手は神心会レベルの超実践型だからなぁ」

    あきら「♯そういう問題では ♯神心会」

    あきら「有香さんは10000歩譲って、智絵里さんのアレは何」

    P「ちえりんチョップの事か?」

    あきら「いやそんな名称がある事自体知りませんけど」

    P「聖剣エクスカリバーとかベルリンの赤い雨とか言われる場合もあるけど」

    あきら「だから知りませんけど」

    P「まぁ、この2人は本気をだしたらもっと凄いんだけどな」

    あきら「アイドルとしてですよね?その凄いって意味は」

    P「しかしペットボトルの蓋ちょっと変わった開け方するだけの事が大流行してるんだなぁ。芳乃なんて手を使わずに開けるぞ?」

    あきら「事務所随一のトリックスターを基準として語られてもリアクションに困るんですけど」

    P「よし、気を取り直して次行くぞ次」

    あきら「待って座り心地がいまいち…あ、どぞ」ボフッ

    P「お前ね人をだねソファみたいにだね」カチッ


    『ゲーム実況 アイドルがスマブラでガチンコ勝負してみた』


    あきら「お、定番中の定番キタ」

    P(コントローラー握ってるのが美波って時点でもう察した)






    7◆Dm8ArSIo3MOQ :19/07/21(日)04:18:55 ID:Asn

    美波『あ、もう始まってるのね?』

    美波『はい、それじゃあ今から346プロ所属アイドルによる大乱闘スマッ〇ュブラザーズ大会を開始したいと思います♪』

    美波『そう言えばこんなに沢山集まっちゃったけどルールはどうするの?……えっ?勝った人から抜けていく?えっ?』

    美波『ちょっ、それってつまり最下位決定戦って事じゃあ…あぁ待って待ってスタートするの早い心の準備が!待ってちがう!』

    美波『あわわわ…わ、私のキャラ今どこで何してるの?って言うかどこにいるのかすら分からないんだけど……え、今落ちたのがそう?』

    美波『ま、まだよ。勝負はこれからなんだから…あ、ちょっ戻れないから、それじゃあ戻れないから!落ちちゃう落ちちゃ…あああああ…っ!』

    美波『…いいもん、まだ1回負けただけだもん……うん、ありがとうアーニャちゃん。美波頑張る!』

    美波『速い強い容赦がない!!だ、誰このネス…紗南ちゃんガチで来るのやめて!?』

    美波『こっちのプリンもえげつないくらい強いんだけど…って杏ちゃんまで修羅みたいな勢いで!』

    美波『……何も出来なかった…』

    美波『…』

    美波『…ううん、泣いてないよ?うん、頑張る…!』

    美波『ベヨネッタ強っ…じょ、常務少しは手加減してくだ…あぁぁぁぁ』

    美波『……うん、お互い絶対勝ちましょうね千秋さん』

    美波『えいっ!このっ!…こ、このままいけば勝てるかも…!』

    美波『きゃあっ!で、でもまだ大丈夫…!これくらいなら全然復帰でき…』

    美波『ヒョウ君追い打ちやめて!!……あぁ…また負けちゃった…』

    美波『……うん、平気。絶対諦めないから。…目が怖い?あはは、またまたぁ』

    美波『アッキーのピカチュウ尋常じゃないくらい強い!!』

    美波『……』

    美波『えっ?大丈夫、最後の最後に勝てばいいんだから。美波諦めません!』

    美波『……』

    美波『ふぐぅぅ』グスッ






    8◆Dm8ArSIo3MOQ :19/07/21(日)04:19:56 ID:Asn

    P「…」

    あきら「…」

    P「どう?」

    あきら「アウト」

    P「だよなぁ」

    あきら「子供みたいにムキになって顔真っ赤にしてベソかいてる美波さんは需要アリアリでしょうけど」

    P「流石にそんな姿をネットに流すのは紳士として心が痛むな」

    あきら「紳士!あはははは!」

    P「何が可笑しい!!」

    あきら「配信の大定番、ゲーム実況もこの事務所の手に掛かるとこんなスチャラカな事になるんデスね」

    P「誰の仕業か知らないけど終始カメラの向きがゲーム画面じゃなくて美波に向けられてたのも明確な意図を感じるな」

    あきら「容疑者だらけで犯人特定不可能ぽい」

    P「んじゃ、次行くぞ次。1つくらい使えるネタがあって欲しいんだけどなぁ」

    あきら「この姿勢苦しいんでもっとそっち行ってくれません?あ、ここでいいや」モフンッ

    P「♯新人アイドルにクッション扱いされてる件」カチッ


    『お料理実況!肉汁たっぷりハンバーグ作ってみた!』


    あきら「♯定番キタコレ ♯王道中の王道」

    P(でも映ってるのがドヤ顔の蘭子ってのが何とも言えない)






    9◆Dm8ArSIo3MOQ :19/07/21(日)04:21:37 ID:Asn

    蘭子『闇に飲まれよ!(お疲れ様です!)』

    蘭子『今宵のサバトの幕開けよ。顕現せよ!サラマンドラの加護を受けし産まれし禁断の果実よ!(はい、じゃあ今日は肉汁たっぷり熱々ハンバーグを作りたいと思います♪)』

    蘭子『召喚の供物を記しグリモワールよ、ここに!(材料はこちらに書いてある通りになります)』

    蘭子『翼持つ同胞よ感謝する(飛鳥ちゃんカンペありがとー)』

    蘭子『さぁ、我が闇の力開放せん!(それじゃあ早速作りますね!)』

    蘭子『うひゃあ!ひ、ひき肉がニチャニチャするよぉ』

    蘭子『あ、ゴム手袋ありがとう飛鳥ちゃん。んしょ、うんしょ…』

    蘭子『粘土遊びみたいでちょっと楽しい…うふ、えへへ…♪』

    蘭子『ククク、個を奪われし供物に魔鳥の雫と白銀の粉と…えっと、す、すりおろした香り強き…えっと、えーっと…』

    蘭子『…』

    蘭子『卵の黄身とお塩とおろしたニンニクを入れてよく混ぜます』コネコネ

    蘭子『奪え!シルフの息吹を!錬成せよ!贄よ、今こそ江戸時代に流通した金貨の姿に!(空気を抜きながら小判型に形を整えていきまーす)』

    蘭子『いざ開かれん!灼熱の煉獄の窯よ!』

    蘭子『あちゅいっ!……あ、うん平気。火傷はしてないよ?でもびっくりしたぁ』

    蘭子『その身を焼き焦がし生まれ出でよ!我が供物、禁断の果実よ!(こんがり焼きたてハンバーグ〜♪まだかなまだかな〜?)』

    蘭子『…』

    蘭子『……』

    蘭子『…暇だね?』

    蘭子『……』

    蘭子『魔力空いた〜』

    蘭子『…まだ?』グゥー






    10◆Dm8ArSIo3MOQ :19/07/21(日)04:25:55 ID:Asn

    P「…」

    あきら「…」

    P「可愛い」

    あきら「可愛い」

    あきら「取り合えず保留で」

    P「可愛い」

    あきら「蘭子さんと料理動画ってどういう組み合わせデスか。ハンバーグ食べたくなったけど」

    P「後でびっくりド〇キーでも行くか?」

    あきら「♯いし〇まや希望」

    P「おまっ、あそこ結構高い…まぁいいけどさ」

    あきら「やった」

    P「ん、次の動画がラストだな」

    あきら「思ったより少ないんデスね」

    P「あきらに見てもらう以前に完全アウトなものがほとんどだったからな。今見てもらってるのは比較的マシだったのとか出来立てホヤホヤの新作とかなんよ」

    あきら「むしろ完全アウトの方を見てみたいんですけど」

    P「よし、それじゃあラスト1本、心火を燃やしていってみよう」カチッ


    『世界一に挑戦!346プロアイドルvs世界一固いお煎餅!』


    あきら「ああ、こういうのも鉄板ですよね。世界一辛いもの食べてみたとか、世界一酸っぱいもの飲んでみたとか」ポフンッ

    P「あのだね、俺はお前の兄ぃじゃないんだから膝に乗るのはだね」

    あきら「あ、ポップコーン取って」

    P「♯新人にナメられまくってる件」






    11◆Dm8ArSIo3MOQ :19/07/21(日)04:28:41 ID:Asn

    芳乃『ほー』

    芳乃『…ほー?』

    芳乃『そなたーそなたー、映っておりましてー?映っておるのでしてー?』テシテシ

    芳乃『あやー』

    芳乃『はいー、それでは参りましょうー』

    芳乃『依田の芳乃がー、今宵はこの世界一硬いというお煎餅に挑みますー。皆様ご覧あれー』

    芳乃『それではいざ、尋常にー』

    芳乃『あむっ』

    芳乃『…』

    芳乃『むー?』

    芳乃『あむあむ…』ガジガジ

    芳乃『むーっ』

    芳乃『そなたーそなたーそなたー、硬いのですー!噛めませんのでー!』プクプク

    芳乃『そういうものでしてー?ですがここで引き下がるわたくしではありませんのでー』

    芳乃『てやっ、てやてやっ』ベシベシ

    芳乃『ふぐぐぐ…むぎぎぎ…』

    芳乃『てりゃー』ビーッ

    芳乃『……』

    芳乃『うぅぅ〜…』

    芳乃『そなたーそなたー食べられませんー。食べられませんのでしてー』スンスン

    芳乃『意地悪をなさらないでくださいーそなたー』

    芳乃『…』

    芳乃『えへへー』バリボリ






    12◆Dm8ArSIo3MOQ :19/07/21(日)04:31:02 ID:Asn

    P「…」

    あきら「…」

    P「どう?」

    あきら「アウト」

    P「え、なんで?」

    あきら「ただ芳乃さんとPさんがイチャついてるだけじゃないですか。何のプレイ見せられてるんだって感じデス」

    P「可愛くない?」

    あきら「可愛いけれども」

    P「アウトなのかぁ…折角撮ったのに」

    あきら「撮影者がPさんじゃなければ何の問題もなかったんですけど」

    P「解せぬ」

    あきら「解せてくださいよ」

    P「…結局まともに使えそうな動画ほとんど無かったな」

    あきら「ボツにしたのも一回見せて貰えません?正直めちゃ気になるんで」

    P「いやぁ、どれも酷かったぞ?菜々さんと佐藤の漫才とか奏の映画実況とか志希の寝起きドッキリとか延々と満面の笑顔を浮かべ続けるのあさんとか」

    あきら「余計気になってきたんで見せてくださいよ」

    P「うーん、しかし本当にどうしよう。いっそ今見たやつ全部試しにアップしてみようか」

    あきら「コメント欄がりあむるの確実だと思いますけど」

    P「最近の若い子たちって炎上する事をりあむるって言うん?」

    あきら「はい」






    13◆Dm8ArSIo3MOQ :19/07/21(日)05:01:25 ID:Asn
    ----

    あきら「ども」ガチャッ

    P「おはよう。丁度良かった。昨日あきらに見て貰った動画+αを試験的に事務所内だけで見てもらってアンケート取ってみたんだけどさ」

    あきら「うわぁ、あの混沌の坩堝を身内間とは言え晒しちゃったんデスか」

    P「また大袈裟な。んで、これがそのアンケート結果なんだけどさ」

    あきら「どれどれ。あ、もうちょい寄ってください見えない」グイグイッ

    P「ふぐぅ追いやられる」

    あきら「えーっと?ああ、やっぱり1番人気は蘭子さんのアレですか」

    P「可愛かったもんな」

    あきら「で、2位は芳乃さんですね。一般の方々には見せられないでしょうけど」

    P「解せぬ」

    あきら「ん?この3番人気の動画は何デスか?」

    P「ああ、これはだね。昨日あきらに一緒に観てもらった後すぐ送られてきたんだけどさ」カチッ

    『検証!自称悟り世代アイドルは周囲の目が無いとどうなるのか?』

    あきら「」


    あきら『この姿勢苦しいんでもっとそっち行ってくれません?あ、ここでいいや』

    あきら『あ、ポップコーン取って』


    あきら「」

    P「匿名で送られてきたんだけどさ、隠し撮りだしどうしようかとも思ったんだけど…ってどうした?突然マスク外して」

    P「あきらの新たな魅力を開拓する良い機会かもしれないとも思ったしまずは事務所内だけで…ってどうした?口をそんなにかっ開いて」

    P「ってぎゃあああ噛まれた何でっ!?」ブシューッ



    アッキー「終わりだ」

    優「あれ?ひょっとしてアッキーが喋ってる姿上げるだけでバズりそうじゃない?」






    14◆Dm8ArSIo3MOQ :19/07/21(日)05:08:29 ID:Asn
    おまけ


    P「痛い…」

    あきら「♯自業自得 ♯インガオホー」

    P「割と盛大に出血しとるんだが」ドクドク

    あきら「って言うか誰。この動画送ってきたの」

    P「さぁ…?フリーメールからだったし匿名だったからなあ。どうしても特定したいって言うなら泉かマキノにでも頼んでみるけど」

    あきら「そこまでしなくてもいいデスけど。あー、でも気になるかも」

    P「そう言われると俺も気になってきたなぁ。差出人欄には『謎のMrりんごろう』としか書いて無かったし」

    あきら「解せぬ」



    • 「【デレマス】 あきら「346チャンネル?はぁ、正気デスか?」」をTwitterに投稿する
    • 「【デレマス】 あきら「346チャンネル?はぁ、正気デスか?」」をいいね!する

     コメント一覧 (1)

      • 1. 金ぴか名無しさん
      • 2019年07月22日 18:15
      • やるじゃん・・・
      • 0
    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット

    ※連投、荒らし、宣伝、不適切と判断されたコメントはNGの対象になります
      当サイトについて
      記事検索
      アーカイブ
      スポンサードリンク