【アイマス】 春香「亜美真美が敬語で話しかけてくる…」
    2019年11月08日 コメント(3) 長編創作・SS 
    1以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/10/19(土) 17:57:33.63 ID:/kRk4IRg0
    伊織「はぁ?何よそれ?」

    春香「本当なんだってば!」

    伊織「あいつらが『敬語』なんて言葉知ってるわけないでしょ?」

    響「それは流石に知ってるだろ…」

    春香「嘘だと思うなら会ってみなよ!」







    2以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/10/19(土) 17:58:38.23 ID:/kRk4IRg0
    ガチャ

    響「お、噂をすれば…」

    亜美真美「「おはようございます」」

    伊織響「「え!?」」







    3以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/10/19(土) 17:59:30.95 ID:/kRk4IRg0
    亜美「あ、水瀬様、我那覇様、おはようございます」ペコリ

    真美「天海様は先程お会いいたしましたが…おはようございます」ペコリ

    伊織「ちょっと!?何よ、これ!?」ヒソヒソ

    春香「だから言ったじゃん!」ヒソヒソ

    響「なんか恭しく頭まで下げてるぞ…」ヒソヒソ







    4以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/10/19(土) 18:00:15.84 ID:/kRk4IRg0
    亜美「も、申し訳ございません!?」

    伊織「は?」

    真美「わ、我々に何か不手際がありましたでしょうか!?」

    響「何をそんなに慌ててるんだ?」

    春香「さぁ…?」







    5以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/10/19(土) 18:01:09.70 ID:/kRk4IRg0
    伊織「あんたたち、今度は何を企んでるのよ!?」

    亜美「た、企むだなんて滅相もない…」

    真美「我々は反省をしただけであります!」

    春香「反省?」

    響(どうでもいいけど、普段使い慣れてないもんだから敬語が怪しくなってきたな…)






    6以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/10/19(土) 18:01:48.85 ID:/kRk4IRg0
    亜美「我々は日頃より、歳上である皆様にふざけた態度をとってまいりました…」

    伊織「今もふざけてるけどね」

    真美「私どもは反省いたしました…これからは、真面目に、誠実に生きていく所存であります…」

    春香「ふーん…」

    響「まぁ…そっか…うん…」






    7以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/10/19(土) 18:02:33.81 ID:/kRk4IRg0
    亜美「ど、どうかされましたでしょうか?」オロオロ

    春香「いや、何となく悪戯ではないんだろうなっていうのはわかったけど…」

    響「何をそんなにオドオドしてるんだ?」

    真美「お、オドオドだなんて、そんな…」オドオド

    伊織「いや、言ってるそばからしてるじゃない!?」






    8以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/10/19(土) 18:03:13.32 ID:/kRk4IRg0
    春香「うん、なんか嫌に…」

    亜美真美 ビクゥッ

    春香伊織響「「「え?」」」

    亜美真美「「ごめんなさい!ごめんなさい!ごめんなさい!ごめんなさい!ごめんなさい!ごめんな…」」ガンガンガンガン

    春香「ちょ、ちょ、ちょっとちょっと!?」

    響「また急にどうしたんだ!?」

    伊織「謝りすぎて頭打ちまくりじゃない…」







    9以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/10/19(土) 18:05:32.58 ID:/kRk4IRg0
    亜美「違うんです!イタズラなんかじゃありません!」

    真美「信じられないかもしれないですけど信じてください!」

    春香「うーん…」

    響「本当になんだこれ…」







    10以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/10/19(土) 18:06:11.95 ID:/kRk4IRg0
    伊織「…いいわよ」

    亜美真美「「水瀬様!」」

    伊織「だけど、私はあんたたちがその口調を続ける間は喋る気ないから」

    亜美真美「「えっ…」」







    11以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/10/19(土) 18:06:49.72 ID:/kRk4IRg0
    春香「ちょ、ちょっと、伊織!?」

    伊織「あら、私は本気よ。むしろこいつらの方よ、イタズラじゃないってんなら尚更タチが悪いわ」

    亜美「そ、そんな…」

    響「言ってる意味はわかるけど…」






    12以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/10/19(土) 18:07:33.80 ID:/kRk4IRg0
    伊織「じゃあね、双海様に双海様、もう二度と話すことはないかもしれないけど」スッ

    亜美「うっ…」

    真美「あっ…」

    春香「確かにおかしいね…」

    響「ああ、伊織があそこまで怒るのもだけど、これだけ怒られて態度変えない亜美真美もおかしいぞ…」







    13以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/10/19(土) 18:08:28.41 ID:/kRk4IRg0
    亜美「わ、私たちは決めたのです!」

    真美「例え嫌われてもやり通すと!」

    響「何のためにだよ!?意味不明だぞ!」

    亜美「とにかく!」

    真美「我々は生まれ変わりましたので!」






    14以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/10/19(土) 18:09:16.79 ID:/kRk4IRg0
    亜美真美「「それでは!」」ダッ

    響「あっ!ちょっ…」

    春香「行っちゃった…」

    響「何だったんだ、あれ…」







    15以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/10/19(土) 18:09:49.92 ID:/kRk4IRg0
    亜美「ねぇ、真美ぃ…どうしよう…いおりんに嫌われちゃったよぉ…」

    真美「…仕方ないっしょ?嫌われてもやるって決めたじゃん…」

    亜美「う、うん…」







    16以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/10/19(土) 18:10:26.31 ID:/kRk4IRg0
    その後も

    亜美「萩原様!」

    真美「お茶を淹れておきました!」

    雪歩「あ、ありがとう…」

    亜美「如月様!」

    真美「歌の前にのど飴です!」

    千早「え、えぇ…助かるわ…」







    17以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/10/19(土) 18:11:28.76 ID:/kRk4IRg0
    亜美「星井様!」

    真美「枕に毛布でございます!」

    亜美真美「「さあさあ、ソファにどうぞ!」」

    美希「あ、ありがとうなの…」

    亜美「菊地様!」

    真美「フリフリの衣装を用意しました!」

    真「ありが…って、僕だけなんか違うよね!?」







    18以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/10/19(土) 18:11:56.35 ID:/kRk4IRg0
    春香「まだ続けてるね…」

    響「イタズラってわけでもなさそうだし…本当にどうしたんだ?」

    あずさ「どうしたのかしら?」

    やよい「うーん…」







    19以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/10/19(土) 18:12:48.52 ID:/kRk4IRg0
    そして…

    律子「あんたたち!何企んでるの!?」

    亜美真美「「ひぃ!?」」

    亜美「な、何も企んでなんて…」

    真美「秋月様ぁ…」

    律子「それよそれ!何が目的なの!?」






    20以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/10/19(土) 18:13:42.25 ID:/kRk4IRg0
    亜美「わ、我々はただ…」

    真美「皆様に失礼がないようにと…」

    律子「そういうのは慇懃無礼って言って逆に失礼になるのよ!」

    亜美「え?」

    真美「そ、そんな…」







    21以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/10/19(土) 18:16:05.17 ID:/kRk4IRg0
    亜美「え?」

    真美「そ、そんな…」

    雪歩「うん、ありがたいけど正直『どうしたんだろう?』って思いの方が強いかな…」

    千早「そうね…言いにくいけど…」

    美希「やりすぎだって思うな」

    亜美「うぅ…」

    真美「真美たちはどうしたら…」







    22以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/10/19(土) 18:16:42.38 ID:/kRk4IRg0
    律子「…一体どうしたのよ?急にこんなことして…」

    亜美真美「「だ、だって…」」

    一日前

    亜美真美「「アンケート?」」







    23以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/10/19(土) 18:17:26.85 ID:/kRk4IRg0
    P「あぁ、そうだ。最近色々と問題が起こってるからな。芸能界でも問題がないか調べているのさ」

    真美「真美たち、今いおりんのオレンジジュースにハバネロ入れるのに忙しいんだけど?」

    P「可愛い顔してえげつないイタズラを企むな」







    24以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/10/19(土) 18:18:14.33 ID:/kRk4IRg0
    亜美「んで?何の問題?」

    P「ニュースでもやってるだろ?ハラスメントだよ」

    亜美真美「「ハラスメント?」」







    25以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/10/19(土) 18:18:47.27 ID:/kRk4IRg0
    P「まぁ、お前たちには関係ないと思うけどな…詳しくは用紙に書いてあるから、チャチャっと書いちゃってくれ。因みに匿名だから何かあるなら遠慮せずに書いていいからな?それじゃ!」

    バタンッ

    亜美「行っちゃった…」

    真美「何々…ハラスメント、行為者本人の意識の有無に関わらず、相手を不快にさせたり、自身の尊厳を傷つけられたと感じたりさせる発言や行動のこと…」






    26以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/10/19(土) 18:19:22.92 ID:/kRk4IRg0
    亜美「ふむふむ…例えば?」

    真美「えーっとね…『嫌がる相手を羽交い締めにして無理矢理激辛カレーを食べさせる』だって」

    亜美「えー!?何それー?」

    真美「本当だよね!先週の響チャレンジじゃないんだから!」







    27以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/10/19(土) 18:19:55.27 ID:/kRk4IRg0
    亜美「そーだYO!ひびきんが嫌がるから亜美たちで協力して食べさせたよね!」

    亜美真美「「あははははは!」」

    亜美「…」

    真美「…これじゃん、ハラスメント」






    28以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/10/19(土) 18:20:28.51 ID:/kRk4IRg0
    亜美「ま、まぁまぁ、たまたま一つくらいやっちゃったかもだけど…他にはどんなのがあるの?」

    真美「えーっとね…『コピー用紙の芯でお尻が腫れ上がるまで叩く』」

    亜美「何それ!?ぼーこー事件じゃん!」







    29以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/10/19(土) 18:21:08.11 ID:/kRk4IRg0
    真美「そーだね、これは流石に…あっ…」

    亜美「ん?どったの?」

    真美「せ、先月さ…いおりんに…」

    亜美「あっ…そうだ…カンチョーしちゃった…」







    30以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/10/19(土) 18:21:43.23 ID:/kRk4IRg0
    真美「あれって、ぼーこー事件に…」

    亜美「け、怪我してないっしょ!?他には!?」

    真美「えーっと…『相手が嫌がるにも関わらず、卑猥な言動をすることをセクシャルハラスメント、セクハラと言います』だって」

    亜美「カンチョーってセクハラかなぁ…」

    真美「はるるんのおっぱい揉んでるのもダメかも…」






    31以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/10/19(土) 18:22:27.46 ID:/kRk4IRg0
    亜美「そ、そんな!?それじゃああずさお姉ちゃんに膝枕してもらってるのは!?セーフっしょ!?」

    真美「亜美が相手だからセーフに見えるけどさ…兄ちゃんがやってたら…」

    亜美「うわぁ…」

    真美「でしょ?多分これ、セクハラなんだよ…」

    亜美「そんな…」






    32以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/10/19(土) 18:23:19.86 ID:/kRk4IRg0
    真美「他にも『本人の了承を取らずに勝手なあだ名をつける』…」

    亜美「…」

    はるるん
    ミキミキ
    いおりん
    やよいっち
    まこちん
    ゆきぴょん
    お姫ちん
    ひびきん
    りっちゃん

    真美「うあうあー!?や、やばいYO!真美たちハラスメントしまくりじゃん!?」






    33以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/10/19(土) 18:24:10.62 ID:/kRk4IRg0
    亜美「は、ハラスメントってやってたらどうなるの?」

    真美「えっと…『ハラスメントは行う方の意識の有無に関係がないため、たとえ本人にそのつもりがない場合でも相手を傷つける行為です。』…だって」

    亜美「亜美たち、知らず知らずのうちにみんなを傷つけて…う、う、うわぁぁぁん!」







    34以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/10/19(土) 18:24:49.97 ID:/kRk4IRg0
    真美「あ、亜美!大丈夫だよ!みんな何も言ってないっしょ!?」

    亜美「でもここに書いてるもん!『ハラスメントは嫌だと思っていても立場や関係性から伝えることが難しい場合もあります。「何も言われてないから大丈夫」は間違った認識です』…って」

    真美「う、う、う、うわぁぁぁん!」

    亜美「うわぁぁぁん!」






    35以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/10/19(土) 18:25:33.45 ID:/kRk4IRg0
    一時間後

    亜美「ひっく…えっぐ…」

    真美「うぅぅ…」

    亜美「どうしよう…亜美たち、みんなに嫌われちゃってるのかな…」

    真美「…もうしょーがないよ、真美たちがやっちゃったことはなかったことにはならないんだから…」






    36以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/10/19(土) 18:26:31.20 ID:/kRk4IRg0
    亜美「…うん…そだね…」

    真美「…それより、これから気をつけよ?」

    亜美「…うん…もうみんなは亜美たちのこと嫌いかもしんないけど」

    真美「これ以上、みんなに嫌な思いをさせちゃダメだ!」

    亜美「そうだね!せめて…みんなが亜美たちのこと嫌いでも…それだけは…」






    37以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/10/19(土) 18:27:27.23 ID:/kRk4IRg0
    律子「そんなことを考えてたのね…」

    春香「それで様付けしたりしてたんだ…」

    亜美「今まで、嫌な思いさせてごめんなさい…」シュン

    律子「そりゃ伊織も怒るわけね…」






    38以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/10/19(土) 18:28:20.31 ID:/kRk4IRg0
    真美「な、なんで?真美たち、一生懸命…」

    伊織「いい加減にしなさいよ、あんたたち!」

    亜美「い、いおりん…」

    真美「な、なんで?真美たちはみんなに嫌な思いさせないように…」






    39以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/10/19(土) 18:29:25.27 ID:/kRk4IRg0
    伊織「それが、間違ってるって言ってんのよ!何!?私があんたたちのこと嫌いだなんて一言でも言った!?」

    亜美「でも、ハラスメントは相手が嫌だとしても言えないって…」

    伊織「…私とあんたたちってその程度の関係だったの?言いたいことも言えない関係?」

    真美「で、でも、アンケートの紙にはそうやって書いてあって…」

    伊織「は?私よりもアンケートの紙を信じるって言うの!?」

    亜美「いや、そうは言ってないけど…」






    40以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/10/19(土) 18:30:10.69 ID:/kRk4IRg0
    伊織「そう言ってるのよ、あんたたちは!いい?どこのどいつがそのアンケートの紙書いたか知らないわ、でも私とあんたたちは違うでしょう!?」

    亜美真美「「!?」」

    伊織「私だけじゃないわよ、みんなだってそうよ!私たちが一度でもあんたたちのここ嫌いだって言った!?迷惑だって言った!?」

    真美「それは…」







    41以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/10/19(土) 18:30:44.43 ID:/kRk4IRg0
    伊織「私はあんたたちとそれだけの信頼を築いてきたつもりだったわ!それって私の勘違いだったの!?」

    亜美「それって…」

    真美「つまりいおりんはカンチョーされて喜んでいたと…」

    伊織「なんでそうなるのよ!?バッカじゃないの!?」






    42以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/10/19(土) 18:31:17.38 ID:/kRk4IRg0
    真「でも、伊織の言う通りだよ」

    春香「そうだよ、私わりと気に入ってるんだよ?はるるんって呼ばれるの」

    亜美「まこちん…はるるん…」

    響「自分、バラエティのお約束だから嫌がってるだけだぞ!本当に嫌なら断るさー!」

    あずさ「亜美ちゃんたちに膝枕できないと私が寂しいわ…」

    真美「ひびきん…あずさお姉ちゃん…」







    43以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/10/19(土) 18:32:18.37 ID:/kRk4IRg0
    千早「亜美、真美、あなたたちは人が本当に嫌がることはやらないわ」

    やよい「そうだよ、私と遊ぶ時はかすみたちも誘ってくれるし…亜美と真美が優しいのはみんな知ってるよ?」

    亜美「千早お姉ちゃん…やよいっち…」

    美希「そんなこと、みーんなわかってるの」

    雪歩「みんな、普段の亜美ちゃんと真美ちゃんが大好きなんだけどなぁ…」

    真美「ミキミキ…ゆきぴょん…」






    44以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/10/19(土) 18:33:09.08 ID:/kRk4IRg0
    律子「はぁ…まさか、あんたたちがそんなことを気にしてたなんてね…」

    亜美「りっちゃん…」

    真美「ごめんなさい…」

    貴音「普通の会社であれば、確かに上下関係が存在し、言えぬこともありましょう…」

    真美「お姫ちん…」






    45以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/10/19(土) 18:34:26.43 ID:/kRk4IRg0
    貴音「確かに、はらすめんととは、『自分たちは何でも言い合える関係である』と過信が生むことでもあります。しかし、我々の関係は過信だったのでしょうか?」

    亜美真美「「…」」

    響「みんな、今までの亜美真美が大好きさー!」

    千早「明るくて優しいあなたたちが大好きよ」







    46以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/10/19(土) 18:35:56.70 ID:/kRk4IRg0
    律子「ダメなことはダメって言ってあげるから…」

    春香「元に戻そ?ね?」

    亜美真美「「う、うわぁぁぁあん!?」」ダキッ

    亜美「あずさお姉ちゃぁぁぁあん!」

    真美「ゆきぴょぉぉぉおん!」

    あずさ「よしよし♪」

    雪歩「ふふふ、甘えんぼさんだね♪」






    47以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/10/19(土) 18:36:35.43 ID:/kRk4IRg0
    亜美「うっぐ…えっぐ…あ、あのね…亜美たち、不安だったの…」

    真美「み、みんなに…嫌われちゃったかと思って…それで…」

    伊織「バカねぇ…そんなわけないじゃない…」







    48以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/10/19(土) 18:37:10.23 ID:/kRk4IRg0
    美希「デコちゃんも素直じゃないの…」

    響「本当は一番心配してたんだろ?」

    伊織「うるさいわよ!あと、美希!デコちゃんは許した覚えないわよ!?」

    美希「うわぁ!?デコちゃんが怒ったの!」

    伊織「こらぁ!」

    全員 アハハハハハハ






    49以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/10/19(土) 18:38:05.30 ID:/kRk4IRg0
    伊織「ふぅ、全く…しかし、喋りすぎて喉が渇くわね…」

    亜美「はい!いおりん!」

    真美「オレンジジュースだよ!」

    伊織「あら、気が利くじゃない?ありがと…」ゴクゴク

    亜美「うん!」

    真美「これにて一件落着だね!」






    50以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/10/19(土) 18:38:43.01 ID:/kRk4IRg0
    伊織 ゴクゴクゴクゴク

    亜美「でもなんか忘れてるような…」

    伊織 ゴクンッ

    真美「何だったっけ?」

    伊織「からぁぁぁぁぁぁぁぁあい!?」

    亜美「あっ!?」

    真美「いおりんのオレンジジュースにハバネロ入れてたの忘れてた!?」






    51以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/10/19(土) 18:39:39.65 ID:/kRk4IRg0
    伊織「あんたたち!やっぱり反省しなさい!」

    亜美「うあうあー!?」ダッ

    真美「ごめんなさーい!」ダッ

    伊織「こら!逃げるな!待ちなさい!」

    終わり



    • 「【アイマス】 春香「亜美真美が敬語で話しかけてくる…」」をTwitterに投稿する
    • 「【アイマス】 春香「亜美真美が敬語で話しかけてくる…」」をいいね!する

     コメント一覧 (3)

      • 1. 金ぴか名無しさん
      • 2019年11月08日 02:13
      • すき
      • 0
      • 2. 金ぴか名無しさん
      • 2019年11月08日 02:19
      • やめてくれおじさんだから涙腺が弱いんや
      • 0
      • 3. 金ぴか名無しさん
      • 2019年11月08日 02:53
      • 飯塚幸三は二人轢き殺して無罪 警視庁
      • 0
    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット

    ※連投、荒らし、宣伝、不適切と判断されたコメントはNGの対象になります
      当サイトについて
      記事検索
      アーカイブ
      スポンサードリンク