少女「今日から私は魔法少女ね!で、敵は?」 妖精「敵なんかいないぞ」
    2021年09月24日 コメント(11) 長編創作・SS 
    majo_girl_majokko


    1以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/09/22(水) 19:30:14.161 ID:9rQVF4450.net
    中学校にて――

    少女「あーあ、魔法少女になりたいなぁ」

    女友「またいってる」

    少女「魔法少女になったら、こうやってステッキを振りかざして……」

    女友「それホウキじゃん」

    少女「人助けしたり、敵をやっつけたりするの!」ブンブン

    女友「危ないっ! んもー、魔法少女っていうか無法少女じゃん」

    少女「えへへ……ごめん」




    2以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/09/22(水) 19:33:14.331 ID:9rQVF4450.net
    少女(あーあ、魔法少女になりたいなぁ)スタスタ…

    妖精「そんなになりたいか」

    少女「きゃっ!?」

    少女(可愛い動物……? だけど顔にキズがある……)

    少女「あ、あなたは?」

    妖精「魔法の妖精だ。素質ある女の子を魔法少女にすることができる」

    少女「え、えええ……?」

    妖精「今度はこっちの質問に答えろ。魔法少女になりたいか?」

    少女「うん、なりたい!」

    妖精「そうか。じゃあならせてやろう」

    少女「ええっ!?」




    3以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/09/22(水) 19:36:06.430 ID:9rQVF4450.net
    少女「どうやって……」

    妖精「もうなった。お前は魔法少女だ」

    少女「早い! なんの余韻も感動もない!」

    妖精「呪文を唱えれば、いつでも魔法少女に変身できる」

    少女「へぇ〜、だったら呪文教えてよ」

    妖精「自分で決めるシステムだ。紙に書いて、俺に渡せ」

    少女「えーとじゃあ……」

    妖精「7文字以上、どこかに英数字も入れなきゃダメだぞ」

    少女「なにそれ」




    4以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/09/22(水) 19:39:19.918 ID:9rQVF4450.net
    少女「じゃあ、『0303マホウ』で」

    妖精「ちゃんと数字入ってるな……0303ってのは?」

    少女「私の誕生日!」

    妖精「まるでパソコンかなんかのパスワードだな。血は争えないな」

    少女「どういう意味よ」

    妖精「いや、なんでもねえ。とにかく『0303マホウ』でいいんだな?」

    少女「うん!」




    5以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/09/22(水) 19:42:13.361 ID:9rQVF4450.net
    妖精「よし、いいぞ。通行人もいないし試しに唱えてみろ」

    少女「0303マホウ!」

    パァァァァ…

    少女「体が……!」

    妖精「変身するぞ」

    魔法少女「やったーっ! わっ、可愛い〜!」

    妖精「なにしろ俺がデザインしたからな」

    魔法少女「へー、あなた結構デザインセンスあるのねえ」

    妖精「グッズ化も視野に入れてるからな」

    魔法少女「嫌な妖精だなぁ」




    6以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/09/22(水) 19:45:11.115 ID:9rQVF4450.net
    魔法少女「で、どんなことができるの?」

    妖精「ほぼ万能といっていい。火を出したり、水を出したり、風を吹かせたり……」

    魔法少女「わっ、すごい!」

    妖精「体は強化されるし、空も飛べるし、物探せるし、透視できるし……」

    魔法少女「すごいすごい! なんでもありじゃない!」

    魔法少女「で、私はどんな敵と戦うの?」

    妖精「は? 敵?」

    魔法少女「うん。魔法少女っていうからには敵と戦うでしょ?」

    妖精「敵なんかいないぞ」

    魔法少女「え?」




    7以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/09/22(水) 19:48:15.700 ID:9rQVF4450.net
    魔法少女「敵いないの!?」

    妖精「いないぞ」

    魔法少女「だってアニメでは、魔法少女は敵と戦うじゃない。悪魔とか怪人とか」

    妖精「知るかよ。いないもんはしょうがないだろ」

    魔法少女「敵がいないなら、この魔法どう使えばいいのよ!」

    妖精「使い道なんざいくらでもあるだろ」

    妖精「風を吹かせて商品運んで万引きとか、透視してカンニングとか」

    魔法少女「そりゃ悪いことじゃない! そんなことしたらホントに無法少女だよ!」




    8以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/09/22(水) 19:50:17.905 ID:9rQVF4450.net
    妖精「とにかく、そういうことだから」

    魔法少女「えぇ〜」

    妖精「平和な世界で魔法少女を思う存分楽しめ!」

    魔法少女「はーい……」



    …………

    ……




    9以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/09/22(水) 19:54:15.465 ID:9rQVF4450.net
    次の日――

    父「行ってらっしゃい」

    少女「行ってきまーす!」

    少女「遅刻遅刻〜!」

    妖精「ったく、パンくわえて走るなんてベタなことやってるな」

    少女「うるさい!」

    妖精「てか、今まさに魔法の使いどころだろ。空飛べば学校までひとっ飛びだぞ」

    少女「あ、そっか」




    11以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/09/22(水) 19:57:12.402 ID:9rQVF4450.net
    少女「……って」

    ザワザワ…

    少女「人たくさんいるし、こんなところで変身できないよ!」

    妖精「たしかに」

    少女「しかも空なんて飛んだら、絶対目撃されるじゃない!」

    妖精「大騒ぎだろうな。新しい都市伝説の誕生だ。口裂け女ならぬ空飛び女」

    少女「結局自力で走るしかないじゃない!」

    妖精「ま、頑張りな」




    12以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/09/22(水) 20:01:53.261 ID:9rQVF4450.net
    教師「今日は抜き打ちテストだ」

    えぇ〜……

    少女(どうしよ、全然分かんない)

    妖精「苦労してるようだな」

    少女(あっ! なんでここに……大騒ぎになっちゃう!)

    妖精「俺の姿は他の奴には見えねえよ。ところで、今テスト中か?」

    少女「うん、そうだけど」

    妖精「だったらカンニングすりゃいいじゃねえか。魔法少女になってよ」

    少女「こんなとこで変身できないでしょ! それにカンニングなんか絶対しない!」

    教師「よくいった! カンニングせずいい点取れよ! だけど、テスト中は静かにな」

    女友「何やってんだか……」

    クスクス… ハハハ…

    少女「あ……」




    14以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/09/22(水) 20:04:10.693 ID:9rQVF4450.net
    体育――

    少女「はぁ、はぁ、はぁ……」

    少女(持久走、苦しいなぁ)

    妖精「なっちゃえよ、魔法少女に。いくら走っても苦しくないぜ?」

    少女「やだ! ちゃんと自力でやる!」

    タッタッタッ…

    少女「き、きつい……」

    妖精「フッ……」




    15以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/09/22(水) 20:08:08.971 ID:9rQVF4450.net
    少女「ただいまー」

    少女「おやつを食べる前に……お母さんに挨拶しなくちゃ」

    少女「お母さん、ただいまー」

    妖精「この写真は……お前の母ちゃんか」

    少女「うん、そうだよ」

    妖精「死んじまったのか?」

    少女「うん、私が五歳になった時に」

    妖精「そっか……」




    17以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/09/22(水) 20:11:19.741 ID:9rQVF4450.net
    妖精「寂しいか?」

    少女「ううん、不思議と寂しくないんだ」

    妖精「なぜだ?」

    少女「だってお母さん、私のことめいっぱい愛してくれたから。他の子のお母さんに負けないぐらい愛してくれたから」

    少女「まだ子供だったけどそれだけは分かるの。だから……」

    妖精「そうか、ならいいんだ」

    少女「さーて、宿題やらなくちゃ。もちろん魔法なしで!」




    18以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/09/22(水) 20:15:19.126 ID:9rQVF4450.net
    少女「宿題終わったーっ!」

    妖精「終わったイコールちゃんと正解してる、とは限らないよな」

    少女「ほっといてよ! あ、もうこんな時間か」

    少女「そろそろお父さん帰ってくるし、晩ご飯作らなきゃ」

    少女(あ、だけどこれぐらい魔法使っていいかも。誰か見てるわけじゃないし……)

    少女「0303マホウ!」パァァァ…

    魔法少女「ジャーン!」

    魔法少女「キャベツを……切る!」

    ザンッ

    魔法少女「え、一回だけ? 千切りは?」

    妖精「千切りにするには、今のを何回もやらないとな。しかも加減しないと、まな板まで切れるぞ」

    魔法少女「め、めんどくさい! 普通に作った方が早い!」

    妖精「だろうな」

    魔法少女「魔法少女の格好で、普通に千切り……なんかシュールだなぁ」トントントン




    20以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/09/22(水) 20:18:25.651 ID:9rQVF4450.net
    魔法少女「あーあ、魔法少女になれてもなかなか使い道ないんだなぁ」

    妖精「ま、そんなもんだ」

    妖精「日常のことやろうとするには力が大きすぎるし、自分のために使えばどうしても不正みたいになる」

    魔法少女「やっぱり敵がいないとねえ……。ねえ、ホントに敵っていないの?」

    妖精「お前もしつこいな。いないっていってるだろ」

    魔法少女「ひょっとしてあなたが悪い敵ってオチじゃ……」

    妖精「なら俺と勝負するか?」ニヤ…

    魔法少女「や、やめときます!」

    魔法少女(なんか勝てる気しない!)




    21以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/09/22(水) 20:19:52.691 ID:T4wa42wJr.net
    妖精の強キャラ感w




    22以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/09/22(水) 20:21:19.357 ID:9rQVF4450.net
    魔法少女「だったら……敵を探しに行くか!」

    妖精「たとえばどこへ?」

    魔法少女「この町!」

    妖精「ずいぶん平和そうな町に見えるけどな」

    魔法少女「そうなんだよね。昔はすごく治安悪かったらしいけど、今はとっても平和!」

    魔法少女「交通事故すらめったに起きないし」

    妖精「いいことだな」

    魔法少女「いいことなんだけどねえ……」




    23以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/09/22(水) 20:21:49.589 ID:VXMBLSVEd.net
    正義の味方になりたいという願いは悪の存在を望むのと同じとかどうとか




    24以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/09/22(水) 20:23:29.013 ID:4LHSmCWC0.net
    >>23
    アウターゾーンで正義の味方になりたい少年が変身ヒーローになるけど…って話があったな




    25以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/09/22(水) 20:24:28.981 ID:9rQVF4450.net
    魔法少女「じゃあ、別の県とか、いっそ海外とか……」

    妖精「ああ、それ無理」

    魔法少女「なんで?」

    妖精「この町は特殊な魔法磁場の上にあってな。だからこそお前は強力な魔法少女になれる」

    妖精「よその土地じゃ大した力は発揮できないぜ。とてもスーパーマンみたいなことはできない」

    魔法少女「そ、そんなぁ〜」

    魔法少女「やっぱり敵と戦うのは無理か……」

    妖精「諦めるんだな」




    26以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/09/22(水) 20:27:26.028 ID:9rQVF4450.net
    ……

    父「うーん……」

    少女「どうしたの? お父さん」

    父「重要な書類がなくなってしまったんだ」

    父「どこいったんだか……」

    少女「困ったねえ……。私もちょっと探してみるよ」

    父「ああ、頼むよ」

    妖精「おーい」ヒソヒソ

    少女「ん?」

    妖精「魔法少女なら探せるぞ」

    少女「あ、そっか!」




    28以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/09/22(水) 20:30:17.646 ID:9rQVF4450.net
    少女「0303マホウ!」パァァァァ…

    魔法少女「書類はどーこだ!」

    ……

    少女「お父さん、書類あったよ!」

    父「本当か! どこにあった?」

    少女「洗濯機の裏! きっと洗濯物入れる時になにかの拍子に……」

    父「あー、いわれてみれば! どうもありがとう!」

    妖精「魔法少女としてようやく活躍できたな」

    少女「うん……だけど地味!」




    29以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/09/22(水) 20:34:37.591 ID:9rQVF4450.net
    学校――

    少女「はぁー……」

    女友「おや、あんたが悩むなんて珍しいじゃん」

    少女「そんなことないでしょ!」

    女友「で、どうしたの? あたしでよけりゃ相談に乗るよ」

    少女「力を持ってても、平和な世界じゃなかなか使いどころないよなぁって」

    女友「こりゃまたずいぶんハイレベルなお悩みで。核ミサイルでも手に入れたの?」

    少女「そんなようなもんかな」

    女友「いいなぁ、あたしにも一発ちょうだいよ。ぶっ放したいから」

    少女「ホントに撃ちそうで怖いよ」




    30以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/09/22(水) 20:37:37.543 ID:9rQVF4450.net
    少女「もし、もしだよ? 魔法少女になったとして……」

    女友「うん」

    少女「戦うべき敵がいなかったらどうする?」

    女友「あたしだったら……たとえば魔法で万引きしたり、カンニングしたりするかな」

    女友「少しでもバレる可能性があるならあたしは絶対不正はしないけど、バレなきゃ不正じゃないもの」

    少女「発想がおんなじ!」

    女友「え、誰と?」

    少女「いやいやいや、なんでもない!」




    32以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/09/22(水) 20:40:01.953 ID:9rQVF4450.net
    女友「真面目に答えるなら、力なんて使わないに越したことないでしょ」

    女友「ほら漫画とかでも、力を手に入れたら、調子に乗ってバッドエンド迎えちゃう人いるじゃん」

    少女「うん」

    女友「たとえば銃や剣も戦うための武器だけど、それを使うってことは誰かしら傷つけることになる」

    女友「だからせいぜい、戦う必要のないことに感謝しながら、細々と生きてくのが一番じゃないかなって」

    少女「……」ジーン

    女友「え」

    少女「あなた、いいこというねえ!」

    女友「そうかな?」

    少女「あなたが友達でよかった!」

    女友「はあ、こりゃどうも」




    34以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/09/22(水) 20:43:05.571 ID:9rQVF4450.net
    少女「私、決めたよ!」

    少女「これからは平和な世界で魔法少女として細々と暮らす!」

    妖精「そりゃなによりだ」

    少女(だけど一つ気になることがあるんだよなぁ……)

    少女(この妖精さん、絶対すごい敵と戦ってきたって空気してるのよね。顔にキズあるし)

    少女(聞いても答えてくれないだろうけどさ……)




    36以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/09/22(水) 20:46:16.510 ID:9rQVF4450.net
    それからというもの――

    ブロロロロ…

    バシャッ!

    少女「あーもう、水たまりのせいで制服が!」

    パァァァ…

    魔法少女「水たまりよ、ずれろ!」

    ズズズズ…

    魔法少女「ふー、これでもう安心! 他の人が泥をはねられる心配なし!」




    37以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/09/22(水) 20:48:05.738 ID:9rQVF4450.net
    少女「猫ちゃんが屋根から降りられないでいる……よーし」

    パァァァ…

    魔法少女「風よ!」

    ビュオオッ

    猫「ニャン!?」

    フワフワ… スタッ

    魔法少女「大丈夫?」

    猫「ニャーン!」




    39以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/09/22(水) 20:50:12.709 ID:9rQVF4450.net
    女友「なんだかこのところ調子いいね?」

    少女「分かる? 吹っ切れたおかげで、心も体も生まれ変わったみたい!」

    教師「こないだのテストを返すぞ〜」

    教師「ほら、50点だ。もっと勉強しろ」

    少女「……」

    女友「頭の調子は悪いね」

    少女「はっきり言わないでよ!」




    40以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/09/22(水) 20:54:21.176 ID:9rQVF4450.net
    少女「アイスおいしい!」

    女友「たまには買い食いもいいよね」

    少女「ねー!」

    スタスタ…

    チンピラ「……」ズカズカ

    ドンッ

    女友「きゃっ!」

    ベチョッ

    チンピラ「あーあ、俺の服にアイスついちまった。どうしてくれんだ!」




    41以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/09/22(水) 20:57:06.856 ID:9rQVF4450.net
    女友「ごめんなさい」

    チンピラ「ごめんで済むと思ってんのか!?」

    女友「……!」

    少女「あ、あの、今ぶつかってきたのそっちじゃ……」

    チンピラ「ああ!?」

    少女「ひっ!」

    チンピラ「お前ら、ちょっとこっち来いやァ! 逃げても無駄だかんな!」




    42以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/09/22(水) 21:02:36.083 ID:9rQVF4450.net
    女友「……」

    少女「……」オドオド

    チンピラ「よし、脱げや」

    女友「え……」

    チンピラ「写真撮るからよ。二人とも脱げ」

    女友「な、なんでよ……」

    チンピラ「決まってんだろ? それ売って金にすんだよ! 中学生なんていくらでも需要あるしよ!」

    女友「クリーニング代は払いますから、勘弁して下さい」

    チンピラ「ふざけんな! 脱げっつったら脱げや!」ガンッ!

    少女&女友「!」ビクッ




    43以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/09/22(水) 21:04:50.361 ID:9rQVF4450.net
    少女(どうしよう、写真なんか撮られたら……オシマイ……)

    女友「あの……」

    チンピラ「なんだ」

    女友「アイスをぶつけたのはあたしです。だからあたしだけで勘弁して下さい」

    チンピラ「いいだろ。お前だけで勘弁してやる」

    女友「約束しましたよ」サッ

    チンピラ(んな約束守るわけねーだろ。小娘が)

    少女(そんなっ! そんなことさせちゃいけないっ! 魔法少女にならなきゃ! だけど怖くて声が――)




    44以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/09/22(水) 21:07:08.548 ID:9rQVF4450.net
    妖精「待ちな」

    チンピラ「!?」

    女友「……!?」

    少女「え!?」

    チンピラ「今の声は……こいつか?」

    女友「なに、この動物……犬でも猫でもない……」

    少女(みんなに見えてる! 実体化してるってこと!?)




    46以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/09/22(水) 21:10:14.254 ID:9rQVF4450.net
    チンピラ「なんだこの珍妙な生き物は……」

    妖精「正義の味方だよ。すぐその女の子二人を解放しな」

    チンピラ「ふざけんなァ!」ブオンッ

    妖精「……」ヒュッ

    チンピラ「踏み潰してやる!」グワッ

    妖精「……」サササッ

    チンピラ「はやっ!」

    妖精「こっちだこっち」

    チンピラ「くそぉっ!」

    妖精「実体化は疲れるんでな。ちょいと手荒くやるぜ」




    47以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/09/22(水) 21:12:26.234 ID:9rQVF4450.net
    ドカッ! バキッ! ガッ!

    チンピラ「あ、あうう……」

    妖精「消えろ。今度こういうことやったら命ねえぞ」

    チンピラ「は、はい……ごめんなしゃい……」ヨタヨタ…

    妖精「せっかく平和な町になったのに……時間が経つとああいうゴミが出るんだな」

    妖精「じゃあな!」ババッ

    女友「助かった……」

    少女「……」

    女友「だけど今の動物、なんだったんだろ。海外の動物かなにかかな?」

    少女「さあ……」




    48以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/09/22(水) 21:15:23.276 ID:9rQVF4450.net
    ……

    少女「……」

    妖精「よう、さっきは危なかったな」

    少女「うん……」

    妖精「なんだ、なにか不満そうだな」

    少女「不満だよ! あなたは私が魔法少女になれるって知ってるのに、どうして助けてくれたの!?」

    少女(ってホントは怖くて呪文唱えられなかったけど……)

    妖精「だってお前に敵はいないからな。戦わせるわけにいかないだろ」

    少女「……」




    49以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/09/22(水) 21:18:32.971 ID:9rQVF4450.net
    少女「ねえ、教えて! さっきのあなた、ものすごく強かった」

    少女「本気でやってたら、あの悪い人死んじゃってたはず」

    少女「あなたは……何者なの?」

    少女「本当にただ、女の子を魔法少女にするだけの存在なの? とてもそうは思えない!」

    妖精「その様子じゃ、ずっと気になってたか」

    少女「うん……。だけど聞いても教えてくれないと思って……」

    妖精「いいだろ、教えてやる。いずれ話すつもりだったしな」




    50以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/09/22(水) 21:21:44.843 ID:9rQVF4450.net
    妖精「俺は昔、お前の母ちゃんとコンビ組んでた」

    少女「え?」

    妖精「お前の母ちゃんは魔法少女だったのさ。いわば先代だな」

    少女「ええっ!? そうだったの!?」

    妖精「昔この町が治安悪かったってのは知ってるな」

    少女「う、うん……犯罪発生件数が全国有数だったって……」

    妖精「それは魔王が、町の住民を操って犯罪をさせてたからなんだ」

    少女「魔王……!?」

    妖精「魔法磁場のあるこの町で犯罪発生率を高めることで、負の気を蔓延させ、自分をパワーアップさせようとしてた」

    妖精「パワーアップしたら、おそらく日本……いや世界を征服するつもりだったろう」

    妖精「それを阻止するために俺は戦ったんだが、一人で立ち向かえる相手じゃねえ」

    妖精「だから、素質があり魔法少女願望もあったお前の母ちゃんを魔法少女にしたんだ」




    51以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/09/22(水) 21:25:26.744 ID:9rQVF4450.net
    妖精「ザコを倒し幹部を倒し、俺とお前の母ちゃんはついに魔王を追い詰め――トドメを刺した」

    妖精「だがその時、魔王は恐るべき呪いをお前の母ちゃんにかけた。一生の不覚だった」



    魔王『フハハハハ……貴様から“母”になる喜びを奪ったぞ!』

    魔王『貴様はもし子供を産んだら、五年後に死ぬ!』

    魔王『子供の成長を見ることなく死ぬのだ……』



    妖精「最悪だった。魔王ほどの奴が死に際に放った呪いだ。解くのも絶対に不可能だった」

    妖精「俺はもう、自害してでもあいつに詫びるつもりだった」

    妖精「だが……あいつはこういったよ」




    52以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/09/22(水) 21:28:50.121 ID:9rQVF4450.net
    『えー、子供産まなきゃいいんでしょ? 気にすることないってー。絶対死んだらダメだよ』



    妖精「こうして町に平和が戻った」

    妖精「やがて母ちゃんも大人になり、俺の手から離れてた」

    妖精「だが……あいつはある男を愛し、その子供を産んだ」

    妖精「いうまでもない。ある男ってのはお前の父ちゃんで、子供はお前だ」

    少女「……!」




    53以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/09/22(水) 21:31:38.886 ID:9rQVF4450.net
    妖精「俺はあいつのところにいったよ。そして……問い詰めた」



    妖精『なぜ産んだ!? 五年経ったら死ぬんだぞ!』

    母『うん……だけど、私あの人愛しちゃったし、どうしても子供欲しくてね』

    妖精『この子が五歳になったらお前は……』

    母『だから、この五年間は精一杯、愛情を注ぐつもり』

    母『この子が、母親の愛情を知らないなんてことにならないように……』



    少女「お母さん……」




    54以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/09/22(水) 21:34:12.019 ID:DJsdKWtc0.net
    かなしい




    55以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/09/22(水) 21:35:28.911 ID:9rQVF4450.net
    少女「このこと、お父さんは?」

    妖精「知ってる。実体化して会いに行ったからな」

    少女「そうなんだ……」

    妖精「ブン殴られたよ。いいパンチだった。このキズは……その時のもんだ。今でも残してある」



    父『お前がっ! 妻を魔法少女なんかにしなければっ……!』



    妖精「だが、最終的には母ちゃんの選択を尊重し、俺を許してくれた」

    妖精「あの父ちゃんもホントいい男だよ」

    少女「うん……」




    56以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/09/22(水) 21:38:07.711 ID:9rQVF4450.net
    妖精「もうすぐ五年経つって時、俺とあいつは会った」

    妖精「その時――」



    母『ねえ、私がそうだったように……この子も魔法少女に憧れちゃうと思うんだ』

    妖精『かもな。血は争えねえ』

    母『だからもし、この子が魔法少女になりたいと心から願ったら、してあげてくれない?』

    妖精『いいのか?』

    母『うん……戦う必要のない平和な世界で魔法少女を満喫させてあげたいの……』

    妖精『分かった……約束する。たとえ魔法少女にしても、敵と戦わせたりしねえ』




    57以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/09/22(水) 21:41:26.081 ID:9rQVF4450.net
    少女「お母さん……」

    妖精「いっとくが、母ちゃんが死んだのは自分のせいだなんて思うんじゃねえぞ」

    妖精「あいつは自分の意志でお前を産み、精一杯生きたんだ」

    妖精「俺だってもう、あいつを魔法少女にしたことを悔やむ気はない」

    妖精「だから……」

    少女「うん、分かってる! 大丈夫! 自分を責めたりしないよ!」

    少女「それにあなたにもお礼いわなくちゃね」

    妖精「お礼?」




    58以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/09/22(水) 21:44:17.148 ID:9rQVF4450.net
    少女「お母さんとこの町を平和にしてくれて……そして、私を魔法少女にしてくれてありがとう!」

    妖精「お前って奴は……」

    少女「私、平和になった世界で敵と戦ったりせず、魔法少女として生きるよ!」

    妖精「ああ……それがあいつの願いだ」

    少女「最後に一つ、お母さんは魔法少女になる時、どんな呪文唱えてたの?」

    妖精「ええとたしか……誕生日が5月5日だったから『0505マジカル』だったかな」

    少女「私とそっくり!」

    妖精「だからいったろ。血は争えねえって」

    アッハッハッハッハ…




    61以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/09/22(水) 21:47:10.943 ID:9rQVF4450.net
    ……

    少女「お父さん!」

    父「なんだ?」

    少女「私ね、魔法少女になったの!」

    父「えっ……」

    少女「だけど、安心して。敵と戦ったりしないから」

    父「どういうことだ?」

    少女「だって敵は頼もしい妖精が倒してくれるもん! 私は戦わず平和に魔法少女するよ!」

    父「……」

    父「あの妖精君に……いつだったかは殴ってすまなかったと伝えておいてくれ」

    少女「はーい!」




    62以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/09/22(水) 21:49:15.795 ID:9rQVF4450.net
    少女「おはよー!」

    女友「おはよ」

    少女「いやー、昨日は怖かったね」

    女友「平気平気、今度来たら……この強烈催涙スプレーでやっつけるから。むしろリベンジしたい」

    少女「おお……!」

    少女(やっぱりこの町にもう、戦う魔法少女は必要ないみたい)

    少女(お母さん、私平和に暮らすからね……天国で見ててね!)

    …………

    ……




    63以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/09/22(水) 21:52:30.063 ID:9rQVF4450.net
    やがて少女は大人となり、結婚し、主婦となっていた。

    息子「ただいまー」

    娘「ただいまー」

    主婦「あ、帰ってきたらまず宿題を……」

    息子「行ってきまーす!」

    娘「まーす!」

    主婦「まったくもう……二人とももうすぐ中学生だってのに」

    主婦「だけど、元気に育ってるからいいか」




    64以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/09/22(水) 21:56:59.028 ID:9rQVF4450.net
    主婦「さて、洗濯物取り込まなくちゃ」

    主婦「たまには……0303マホウ」パァァァ…

    魔法主婦「うふふっ、魔法主婦!」

    魔法主婦「風よ、洗濯物を取り込めっ!」

    ビュオオオッ

    フワッ…

    魔法主婦「魔法を使うのは久しぶりだけど上手く出来たわ」







    ―おわり―




    65以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/09/22(水) 21:58:10.481 ID:4LHSmCWC0.net
    いい話だった




    68以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/09/22(水) 22:08:46.082 ID:yWy66Ilir.net

    父ちゃん母ちゃんいい人だわ


     コメント一覧 (11)

      • 1. 金ぴか名無しさん
      • 2021年09月24日 06:18
      • ギャグ漫画日和のラーメン魔法少女思い出した
      • 0
      • 2. 金ぴか名無しさん
      • 2021年09月24日 06:45
      • 昔の魔法少女物は敵とか居なかったしな
      • 0
      • 3. 金ぴか名無しさん
      • 2021年09月24日 06:45
      • というかリリカル以前の昭和の魔法少女に敵とかいませんでしたしね
      • 0
        • 8. 金ぴか名無しさん
        • 2021年09月24日 12:36
        • >>3
          セーラームーンが平成4年やな、そこから敵と戦う感じに成ったんかな?
          マイナー作品や同人作品はどうかしらんけど
        • 0
        • 10. 金ぴか名無しさん
        • 2021年09月24日 17:54
        • >>3
          元祖魔法少女はワンダーウーマンなんだから
          ぶん殴り合い上等だろう
          こじつけじゃなくマジでサリーちゃんもキューティーハニーもワンダーウーマンの系譜だぞ
        • 0
      • 4. 金ぴか名無しさん
      • 2021年09月24日 07:01
      • 隙あらばお人形遊び
      • 0
      • 5. 金ぴか名無しさん
      • 2021年09月24日 07:14
      • >アウターゾーンで正義の味方になりたい少年が変身ヒーローになるけど…って話があったな
        個人的にこれがワイの中でベストエピソードや
        パパンが悪役のスーツアクターで悪者のパパなんて嫌いや!って喧嘩すんねんけどな
        一連のヒーローごっこ通して悪役の大切さを実感すんねん
        子供には優しめのミザリィがたまらん
      • 0
      • 6. 金ぴか名無しさん
      • 2021年09月24日 07:14
      • 妖精は大塚明夫で自動再生された
      • 0
      • 7. 金ぴか名無しさん
      • 2021年09月24日 07:53
      • うむ、ちゃんと面白かった
      • 0
      • 9. 金ぴか名無しさん
      • 2021年09月24日 15:57
      • どうせ平和が一番とかやって
        そこになんか悪い奴が出て来て倒していい話風にまとめるんでしょ?
      • 0
      • 11. 金ぴか名無しさん
      • 2021年09月24日 19:05
      • バットマンでも金持ち坊っちゃんがコスプレして自警活動始めたけど敵いなくて病んできたから、執事が友達とコスプレして悪さするって話あったね
      • 0
    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット

    ※連投、荒らし、宣伝、不適切と判断されたコメントは「非公開、規制」の対象になります
      当サイトについて
      記事検索
      アーカイブ
      スポンサードリンク