司馬遼太郎の小説、余談だらけなのに面白い
    2021年12月09日 コメント(30) VIP・J・ネタ 
    Shiba_Ryotaro


    1風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:01:51.75 ID:w+I9ypn20.net
    なぜなのか




    5風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:05:39.47 ID:YHK/NEzQM.net
    歴史エンタメ小説やな




    8風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:08:16.89 ID:QpmoLFgjd.net
    わいは関ヶ原ちゃん




    2風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:03:39.06 ID:UQm2r0la0.net
    歴史小説って読んだことないわ




    3風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:04:47.12 ID:w+I9ypn20.net
    >>2
    司馬遼太郎くらいは読んどけ
    お勧めは燃えよ剣や




    4風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:05:11.67 ID:mLdIV4bG0.net
    あれを小説と認めていいのやろか
    司馬の随筆やろ




    10風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:10:35.67 ID:z95z/s480.net
    >>4
    余談ではあるがここで小説と随筆の違いを説明しておこう。そもそも今でいう小説とは18世紀フランスで〜




    6風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:06:32.85 ID:DNxgUcnO0.net
    翔ぶが如くが一番好き




    7風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:07:52.77 ID:bLKS/MIE0.net
    >>6
    いいよね
    大久保が出世していくのが楽しい




    12風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:11:55.35 ID:DNxgUcnO0.net
    >>7
    冒頭の桐野利秋の極貧生活と
    加治屋町の仲間たち(西郷隆盛、大久保利通、西郷従道、大山巌)が敵味方に別れて戦うのがほんと切ないンゴねぇ




    9風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:09:39.64 ID:qd7I6yXx0.net
    項羽と劉邦もう一回読みたいけど
    図書館で常に借りられてる




    11風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:11:02.97 ID:/Z7NMofN0.net
    あんだけ余談して
    本筋に自然に戻せるのが凄いよな
    現代と昔でめちゃくちゃになるやろ普通




    13風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:13:05.98 ID:w+I9ypn20.net
    >>11
    「話が逸れた。ともかく〜」で簡単に軌道修正する猛者




    14風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:13:13.38 ID:Kp6iE9RjM.net
    ほとんど映像化されてるの凄いよな
    まだされてないのあるのか知らんが




    15風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:13:16.79 ID:DNxgUcnO0.net
    維新で近代国家になってもふるさとは変わらないってのが
    ほんと物語が大きい




    16風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:13:19.28 ID:EKL/nArH0.net
    龍馬、西郷のものみたいに長編過ぎるのはさすがに途中でダレる
    関ヶ原、項羽と劉邦くらいがちょうど良いわ




    19風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:14:05.14 ID:/Z7NMofN0.net
    >>16
    龍馬がゆくは長いけど
    マジで感動するやろ




    17風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:13:50.35 ID:FBGquRiX0.net
    いうほど歴史小説か?時代小説やろ




    65風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:29:57.51 ID:t6dW982N0.net
    >>17
    あんだけ資料漁って書いて時代小説扱いされたら泣いちゃうよ




    71風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:31:26.26 ID:mlT26kifa.net
    >>65
    坂本龍馬に主人公感持たせすぎたのが悪い




    18風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:13:51.64 ID:jXsKW3gm0.net
    新撰組血風録すき




    20風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:14:11.50 ID:HwvoAmjU0.net
    教科書ぽい




    21風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:15:11.81 ID:BETuICx9d.net
    途中からだれるの多いけど
    項羽と劉邦は列伝やから最後まで面白いな




    23風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:16:24.16 ID:QpmoLFgjd.net
    あと司馬遼太郎の癖というか狙ってやっとんのかつらつらと情景を描写しまくったあげく
    暑い。
    だの改行一言でポンと印象だけを残すんやかっこいいのよ




    22風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:15:52.27 ID:RjAUfQGw0.net
    いやその話は絶対に嘘だろって事が書いてあるのはどうかと思う




    32風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:19:40.70 ID:jXsKW3gm0.net
    >>22
    小説やし…
    司馬史観っていって信じてる方があれやろ




    24風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:16:44.71 ID:DNxgUcnO0.net
    花神の上野戦争直前の大村・西郷の会話場面も大好き




    25風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:17:11.44 ID:4wfnW1ve0.net
    竜馬がゆくに
    タクシーで長州の古戦場見に行く余談あったよな




    28風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:18:35.42 ID:w+I9ypn20.net
    >>25
    タクシーで山の中入って行くやつやな
    「あんなとこ何もないので⚪︎⚪︎見たほうがいいですよ」とか言われてた気がする




    27風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:17:55.27 ID:V4W1PpKc0.net
    竜馬がゆくから一橋慶喜を意図的に外して別の作品に収めるとか、
    そのあたりの取捨選択が上手い




    29風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:19:03.54 ID:V4W1PpKc0.net
    ただ、かえすがえすもノモンハンを書かなかったのがね




    36風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:20:08.36 ID:BETuICx9d.net
    >>29
    ヒーローがおらんかったししゃーない




    30風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:19:37.22 ID:a5DhAtW3d.net
    乃木希典に間違ったイメージを植え付けた司馬遼太郎を許すな




    44風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:23:15.68 ID:QpmoLFgjd.net
    >>30
    ワイの私見やけど戦争に従軍した経験を持つ筆者としては
    軍人のあるべき姿として崇拝を強いられた末の恨み節みたいなもんやと思うわよ
    いくらなんでもこき下ろしすぎやけど




    33風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:19:45.07 ID:/Z7NMofN0.net
    司馬遼太郎のせいで日本人の徳川家康の評価低い




    54風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:25:35.74 ID:V4W1PpKc0.net
    >>33
    覇王の家、関ヶ原、城塞の
    家康は面白かったけどやっぱ悪役キャラなんかな




    34風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:19:49.21 ID:V/IGgIJ1d.net
    メタ描写に寛容やった時代やな




    41風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:22:33.12 ID:DNxgUcnO0.net
    龍馬がゆくだったかな
    薩長同盟しないと長州は滅びるぞ、って言われた桂小五郎が泣きながら「滅びても構わぬ!」って言うとこ狂おしいほど好き




    48風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:24:13.78 ID:w+I9ypn20.net
    >>41
    あの辺の西郷マジでむかつくやつよな
    待たされまくったあげく何度もドタキャンされるし桂が可哀想だったわ




    35風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:20:00.44 ID:wEoQy/q7d.net
    地元民に謎のマウントをとる




    37風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:20:25.56 ID:AoZ2y5mb0.net
    戦車隊の小隊長




    38風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:20:49.00 ID:wEoQy/q7d.net
    司馬遼太郎のせいで塚原卜伝の知名度が低い




    39風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:21:02.71 ID:PJS6hQEjd.net
    歴史ファンタジー小説なのにまるで史実ノンフィクションであるかのように振る舞った罪は重い




    40風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:21:54.88 ID:n3ynX6NIp.net
    読みづらすぎて読むのやめたわ




    42風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:22:34.00 ID:w+I9ypn20.net
    >>40
    めちゃめちゃ読みやすい部類やろ
    逆に司馬以上に読みやすい作家を知らんわ




    43風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:23:00.01 ID:7vasn8uEd.net
    歴史小説なら吉村昭の方がすき




    45風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:23:20.61 ID:PiEFNe9U0.net
    城塞とかいう隠れた名作




    46風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:24:03.25 ID:EeE0HTyrM.net
    司馬遼太郎のすぐ余談に逃げる小説は駄作だっての
    名作と言われる小説は余談なんてこれっぽっちも出てこない




    50風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:24:44.72 ID:bevm6mpG0.net
    >>46
    三国志ですら余談結構多いのに




    47風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:24:12.79 ID:xxWf28ij0.net
    国盗り物語の斎藤道三は良かった




    145風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:58:15.85 ID:bQdy8HKp0.net
    >>47
    最初に読むのはこれを薦めるな
    国と女を寝取って行くの最高よな




    51風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:24:55.87 ID:JYisKWS60.net
    関ヶ原と城塞面白すぎて何回も読んでるわ




    56風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:26:14.85 ID:QpmoLFgjd.net
    >>51
    判官贔屓言われてもやっぱあの悲壮感がたまらなくかっこいいのわよね




    52風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:24:57.01 ID:6vJcEiaC0.net
    斎藤道三は何処其処の寺の偉い僧や
    今で言うたら国立大の教授クラスのインテリや←こういう分かりやすい例え入れてくれるの好き




    60風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:28:15.06 ID:4wfnW1ve0.net
    作品によって主人公に対する熱量が違って
    「むりやり書かされたんやろなぁ」
    みたいに感じる小説がたまにあるとこが人間臭くて良き




    69風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:31:03.39 ID:V4W1PpKc0.net
    >>60
    武蔵とか逆になかなか




    53風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:25:07.17 ID:ZZ3GDGFo0.net
    前期の作品は余談全く無いやろ




    55風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:25:46.29 ID:mlT26kifa.net
    漢字が難しくて読めない🥺




    59風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:27:22.55 ID:1WVxvQZP0.net
    こいつの書いたノモンハン事変が見たかったわ




    61風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:28:20.00 ID:NtJPj4AD0.net
    ワイは花神が一番好きや
    次いで坂の上の雲




    62風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:28:28.50 ID:D15WAihl0.net
    坂の上の雲は主人公3人な上に余談まであるからアホなワイには理解が追いつかんかったわ




    63風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:28:42.01 ID:YR4LPzpYd.net
    本人が坂の上の雲をノンフィクション扱いにしてるのはどうかと思うわ




    73風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:32:36.63 ID:1gXU9fi/r.net
    坂の上の雲 一番好き




    70風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:31:04.40 ID:JYisKWS60.net
    坂の上は戦争始まると小説感薄くなって学術書みたいになってくるのがちょっとね
    ワイはそれも好きやが




    74風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:32:43.89 ID:1WVxvQZP0.net
    【悲報】妖怪とかいうタイトルの本、司馬遼太郎作品なのにクッソぐだぐだで文句なしの駄作確定……




    78風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:33:41.10 ID:V4W1PpKc0.net
    >>74
    室町はほんま鬼門




    88風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:36:19.73 ID:1WVxvQZP0.net
    >>78
    時代的に盛り上げようがないにしても主人公が何度も騙されてその度にウジウジしてまた騙されてあげく何も出来ずに逃げ出して……で物語的にもおかしかったわ
    純粋な伝奇小説みたいなのは書けない人だったんだろうか




    91風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:37:22.82 ID:V4W1PpKc0.net
    >>88
    本人は伝奇が好きだったみたいだけど
    資質がそっち側じゃなかったみたい




    102風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:40:29.09 ID:1WVxvQZP0.net
    >>91
    風神の門は上手いことやってたのになぁ
    やっぱ時代ゆえのネタ不足もあかんかったのかな




    112風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:44:08.49 ID:0dVawzo3H.net
    >>102
    風神の門の霧隠才蔵カッコええよな
    何とも言えん色気あるわ




    67風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:30:42.08 ID:QpmoLFgjd.net
    好漢書くのもうまいんやけど真骨頂は三成や土方みたいな潔癖ゆえに理解されがたい者の持つ悲哀なのよね
    作者の自己弁護なんやないかとも思う




    75風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:32:58.67 ID:EbwzYQ4a0.net
    伊地知とかいう無能




    79風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:33:46.57 ID:NtJPj4AD0.net
    小説なんてただのエンタメの一種なんだよ
    司馬遼太郎の書き方で何も問題ない




    82風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:35:15.35 ID:fv1luQRy0.net
    燃えよ剣は力入っててええな
    坂の上の雲は日本が勝つカタルシスで持ってるだけ




    81風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:34:46.75 ID:QpmoLFgjd.net
    沖田「ようがす」




    83風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:35:22.74 ID:TVbphjup0.net
    新撰組のやつ面白かった




    87風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:35:40.96 ID:+MgzT2lM0.net
    ワイの知り合いの歴史学者たちから割と酷評されてて草




    90風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:37:11.15 ID:hjbxZfAid.net
    >>87
    なぜ歴史学者が小説を評価するのか




    92風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:37:25.56 ID:l/WIwuF4p.net
    >>87
    だって小説家だもん、面白おかしく脚色するわな
    問題なんはそれを信じちゃう人が多すぎる
    坂の上の雲読んで乃木を無能扱いする奴ほんと嫌い😡




    95風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:38:44.95 ID:fv1luQRy0.net
    >>92
    フィクションをノンフィクションのように書く奴よりは全然ええで
    あれはマジで害がある
    山崎豊子お前のことやぞ




    96風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:38:50.78 ID:nJZ75wkA0.net
    実は龍馬がゆくしか読んだことないわ
    しかも漫画版
    龍馬は小説見るとしておすすめの小説ある?




    100風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:39:36.92 ID:hjbxZfAid.net
    >>96
    燃えよ剣短いし読みやすくておすすめやで




    93風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:37:28.37 ID:upGW2jk30.net
    大槻ケンヂが龍馬がいくだかをときめもみたいだて書いてた




    98風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:39:18.90 ID:0dVawzo3H.net
    司馬作品はエンタメに振った初期作品が好き
    梟の城より風神の門の方がカラっとしてて面白い




    99風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:39:23.23 ID:DNxgUcnO0.net
    司馬遼太郎って史実の向こうにある物語や民俗への探求心のほうが強かったんじゃないかと思う
    民俗学者みたいなイメージ そこにはまことしやかなフィクションが存在する




    105風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:40:57.15 ID:6vJcEiaC0.net
    >>99
    すげー司馬っぽくて草




    104風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:40:39.88 ID:hjbxZfAid.net
    >>99
    街道をゆく読んどるとそれは思うな
    てか日本だけじゃなくて海外の知識も豊富だわ




    108風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:42:11.38 ID:QpmoLFgjd.net
    >>99
    風土とそれに伴う人間ってものに対する姿勢は確かにそれに近いものあるやもだわね




    101風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:40:24.55 ID:iMcdOWBa0.net
    関ヶ原と項羽と劉邦しか読んでないけどあれが完全に史実だと刷り込まれとるわ




    106風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:41:11.51 ID:+mXW8ISR0.net
    乃木希典への熱い風評被害




    103風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:40:37.02 ID:JTXx3GBsd.net
    ノンフィクションを謳いながら中身がフィクションならいくら小説でも酷評されてもしゃーないやろ
    乃木希典のイメージとかまさにその弊害やろ




    116風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:44:48.40 ID:1xf808mnp.net
    >>103
    司馬遼太郎が自分の小説はすべてノンフィクションや
    なんて言うたことあるんか?




    107風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:41:32.96 ID:Skjwm1HV0.net
    項羽と劉邦は余談なしでは内容いまいち把握できないと思う




    110風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:42:51.58 ID:fv1luQRy0.net
    >>107
    項羽と劉邦は誰が書いたもの読んでもなんで項羽がピンチになるのか理解できない
    劉邦負けまくりやんって




    114風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:44:45.18 ID:4wfnW1ve0.net
    >>110
    どちらかといえば項羽が自滅したって感じかね




    109風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:42:32.56 ID:G5n7Av9e0.net
    十一番目の志士すこ




    113風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:44:33.44 ID:rEILgatF0.net
    峠と箱根の坂が好き




    115風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:44:46.97 ID:N4wBspTM0.net
    司馬信者の俺でも項羽と劉邦は余談ひどすぎて読むの辛かったわ




    118風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:44:54.60 ID:rLMmC2u00.net
    忍者モノがおもろい




    117風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:44:50.14 ID:UArMiaha0.net
    メッケルが関ヶ原の布陣を見て西軍の勝ちって言ったのが創作とか嘘の付き方が上手すぎるわ




    120風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:45:42.62 ID:zQ/KMXG+0.net
    余談長くなりすぎたわ、ともかく〜〜なのだ。

    みたいな強引な戻し方してるけどそんなに不快ではない




    122風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:46:10.03 ID:QpmoLFgjd.net
    宮本武蔵の剣は宮本武蔵にしか使えないって司馬遼太郎なりの武蔵評わいは好き




    123風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:46:39.25 ID:fv1luQRy0.net
    坂の上の雲は近代史やから史実感感じちゃうんやろな
    幕末もその気が多少あるかね
    戦国とかだと大筋はともかくディテールについては史実と思う奴おらんやろ




    125風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:46:40.15 ID:N4wBspTM0.net
    余談が面白いのは空海の風景やな
    あれは司馬遼太郎最高傑作やと思う




    126風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:47:14.61 ID:rLMmC2u00.net
    >>125
    おもろい
    あれはもはや小説ではないが




    124風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:46:40.12 ID:TWjOZkUK0.net
    戦雲の夢で最後の戦の後に「狂言は果てる人の世からそろそろ退散する頃合いではないか」って
    盛親が自分に語りかける場面がたまらなく好き




    127風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:47:49.90 ID:iMcdOWBa0.net
    三成がブリュリュなんは事実なん?




    128風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:47:52.28 ID:1xf808mnp.net
    メジャーどころしか読んでないけど男前を書くのがすごい好きなんやろなぁと思うわ




    130風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:48:33.66 ID:rLMmC2u00.net
    >>128
    男が惚れる男
    みたいなのが好きよな




    129風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:48:09.92 ID:bKtUEMY40.net
    新撰組がキチガイ集団なのって司馬遼太郎のせいなのか史実なのかわからん




    133風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:50:24.36 ID:fv1luQRy0.net
    >>129
    史実ってか分かってることだけ言えば
    イキった農民武士が舞い上がって人斬り装置やってただけやね
    攘夷志士だって暗殺ばっかやってたわけで、狂った時代やったんや




    140風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:53:12.22 ID:bKtUEMY40.net
    >>133
    松原忠司とかあれマジなんか?
    永倉のぱっつぁんも本当にあんな感じなら晩年の変わりよう草生えるわ
    悪・即・斬の人のキャラが違うのはロリコン作者のせいだけど




    131風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:48:53.63 ID:G5n7Av9e0.net
    尻啖え孫市もすこ




    139風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:52:55.56 ID:QpmoLFgjd.net
    >>131
    秀吉がほんま好きなの伝わってくる




    132風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:50:20.15 ID:TS3mUifA0.net
    燃えよ剣は何回読んでもおもろい
    司馬が書きたくて書いてるのが伝わる




    138風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:52:20.60 ID:TWjOZkUK0.net
    >>132
    司馬も人に自分の作品の中から一つ選ぶとしたらどれですか?って聞かれた際に
    「二つ選ばして、空海の風景と燃えよ剣」って言ったくらい思い入れあったそうな




    142風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:56:01.57 ID:fv1luQRy0.net
    >>138
    土方はほんま司馬的に興味尽きない人間やったんやと思うわ
    幕府に殉じる義理なんかない階層の出やのに五稜郭まで戦い抜く訳やしな




    144風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:57:55.42 ID:1xf808mnp.net
    >>142
    思想が生き方みたいな幕末の人間に対して喧嘩と組織しか興味のない純粋さが書きたかったんやろな




    135風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:50:34.22 ID:KPmK8oIi0.net
    項羽と劉邦はそんなに余談なかった記憶




    134風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:50:31.60 ID:0dVawzo3H.net
    司馬さんは街道をゆくシリーズから飛び出してアメリカ素描とロシアについてを書ききったのが凄い
    大昔の知識人の怪物感があるわ




    143風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:56:27.23 ID:1WVxvQZP0.net
    >>134
    街道を行くええよな
    その土地の歴史も交えて語ってくれるのがいいし何より司馬文体での描写がたまらん




    136風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:50:41.54 ID:Zlc3UE7i0.net
    竜馬が修行した道場の妹さんの扱い可哀想になるわ
    もっと良くしたれよ一途でめっちゃええ子やのに都合のいい女みたいな




    137風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:51:03.51 ID:o5B/Gdlbd.net
    歴史史料がある体で創作エピソード混ぜたりしてるし詳しくなければそれを史実と勘違いしてる読者すごい多いんやろなってイメージ




    141風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:55:31.15 ID:zQ/KMXG+0.net
    覇王の家とかいう徳川家つまんねーと思って書いてみたけどやっぱつまらなかったクソ




    146風吹けば名無し :2021/11/28(日) 07:59:57.07 ID:0dVawzo3H.net
    >>141
    豊臣側の視点から書いたのが城塞やぞ
    陰鬱な感じがたまらんわ




    148風吹けば名無し :2021/11/28(日) 08:00:59.00 ID:QpmoLFgjd.net
    >>141
    良くも悪くも好き嫌いが表に出すぎなのよ
    なにげに薩摩に対する酷評もひどくって有能なもんはみんな中央に行っちまって薩摩にゃ残りカスみたいなただの悪口みたいなことも書いてたり




    147風吹けば名無し :2021/11/28(日) 08:00:05.65 ID:fuUa2dj4r.net
    司馬はもっと中国史やれや




    150風吹けば名無し :2021/11/28(日) 08:01:50.03 ID:TWjOZkUK0.net
    >>147
    項羽と劉邦みたいなのもっと読みたかったな
    晩年は小説書かなくなったのが残念やわ




    149風吹けば名無し :2021/11/28(日) 08:01:29.50 ID:nFAg00jm0.net
    窓ガラスたたき割って騎馬隊の説明するの好き


     コメント一覧 (30)

      • 1. 金ぴか名無しさん
      • 2021年12月09日 01:40
      • なんでこんなに司馬遼太郎既読者多いんだよ、と思ったけどそりゃ司馬遼太郎スレなんだから既読者が集まるわな
        エアプが集まってなぜか煽り合いが始まるなんJに毒され過ぎていた
      • 0
        • 4. 金ぴか名無しさん
        • 2021年12月09日 01:54
        • >>1
          しかもこれ日曜の朝とか驚くわ
        • 0
        • 6. 金ぴか名無しさん
        • 2021年12月09日 02:02
        • >>1
          ちゃんと己を省みられるなんJ民の鑑
        • 0
      • 2. 金ぴか名無しさん
      • 2021年12月09日 01:41
      • 司馬遼太郎と五島勉に言いたい

        「見たんか!?」
      • 0
        • 26. 金ぴか名無しさん
        • 2021年12月09日 13:41
        • >>2
          五島勉w
        • 0
      • 3. 金ぴか名無しさん
      • 2021年12月09日 01:49
      • 余談ってなに?
      • 0
        • 27. 金ぴか名無しさん
        • 2021年12月09日 14:05
        • >>3
          創作という名の捏造
        • 0
      • 5. 金ぴか名無しさん
      • 2021年12月09日 01:59
      • 日本軍については、実際に、戦場で見た司馬先生の話がガチで信頼性がある話なんだよ。
        旧陸軍が暴走して日中戦争を起こし、天皇陛下が絶対に、って言ったのに戦争を起こしてしまった。そのツケを、日本人1億の命で償う事になってしまった。
        しかし戦後その責任を取る事なく、一部だけ処刑で、関係者も結局政治の世界に戻るわけで。岸信介(アベの祖父)など。
        ナチスを完全に排除したドイツと、比べておかしいんじゃないかって知識人の憂いがあり、そこに切り込むのが歴史小説家の矜持だっただろう。
      • 0
        • 20. 金ぴか名無しさん
        • 2021年12月09日 12:27
        • >>5
          それこそ司馬史観の負の影響だな。ナチスに全ての罪を擦りつけ戦後レジームからさっさと脱却して知らん顔してるドイツと当事者でもないのに未だ戦後レジームから脱却出来ず愛国心を育てられずにいる日本。そこに切り込む矜持を持った歴史小説家が台頭出来ないのは司馬の影響が大きい。
        • 0
      • 7. 金ぴか名無しさん
      • 2021年12月09日 02:22
      • 今じゃ、司馬史観というと「眉に唾つけてから伺いましょうか」みたいな扱われ方だが、
        一時期は何か妙に信憑性が高いような扱いをされてたな
        司馬史観ってのも個人的な意見というところを間違えなければ、特に問題はないと思うが
      • 0
        • 17. 金ぴか名無しさん
        • 2021年12月09日 08:11
        • >>7
           一級資料調べて書いても、そこは小説。面白さ優先で再構成されるのは当然なのに、一級資料を調べて書かれた小説だから、歴史的事実だとのたまう阿呆が多いんや。

           その戒めとして、司馬史観は眉につばしましょうってなるわけよ。
        • 0
        • 25. 金ぴか名無しさん
        • 2021年12月09日 13:25
        • >>17
          どの歴史小説だってある程度資料に当たってるはずなんだけど、司馬は「〇〇によると〜」って資料元を見せたりしたからね。
          事実だと勘違いしやすかった。
        • 0
        • 28. 金ぴか名無しさん
        • 2021年12月10日 13:07
        • >>7
          むしろ他の歴史小説家の作品ははなから作りごと扱いなのに、司馬遼太郎だけそう扱われる迫真性があるとこが凄いんや
        • 0
      • 8. 金ぴか名無しさん
      • 2021年12月09日 02:25
      • 従軍経験のある文筆家の読み物は面白いな
        司馬遼太郎、大岡昇平、阿川弘之、山本七平、火野葦平、etc
      • 0
      • 9. 金ぴか名無しさん
      • 2021年12月09日 02:32
      • 坂の上の雲のロジェストヴェンスキーの描写も一水兵の手記が元だからかなり無能に描かれてる
        その水兵にしたって旗艦スヴォーロフの乗組員ではないから司令官の見方はかなり穿ってた
        でも当時はそれしか資料もない以上、そう描写するしかないわけで
        司馬ノモンハンは執筆しなくて正解だったよ
        正しい戦況が分かってきたのはソ連崩壊前後だったろ確か
      • 0
      • 10. 金ぴか名無しさん
      • 2021年12月09日 02:36
      • 司馬遼太郎はちゃんとタネ本があって書いてるからな。あれだけ余談だらけでも的はずれな史実を描いているわけじゃないところが凄いところ。
      • 0
        • 29. 金ぴか名無しさん
        • 2021年12月10日 20:44
        • >>10
          坂の上の雲は島田謹二、竜馬がゆくはジャンセンが種本と言われてるな
        • 0
      • 11. 金ぴか名無しさん
      • 2021年12月09日 02:50
      • お、フレームずれ直ったんか
        ようやくまたゴリラ見られる
      • 0
      • 12. 金ぴか名無しさん
      • 2021年12月09日 02:57
      • むしろ余談だけをまとめたエッセイが新骨董ともいえる。「ロシアについて」とか。
      • 0
      • 13. 金ぴか名無しさん
      • 2021年12月09日 03:06
      • 余談で紹介した人物が最後どうなったかまで説明してくれてるのがいい
        伊地知は理由もなく味方見捨てた戦犯なのに戦後栄達したとかイライラが伝わってくる
      • 0
      • 14. 金ぴか名無しさん
      • 2021年12月09日 04:31
      • 小説家であり、歴史を物語として味わい料理するプロなので
        現代の倫理や価値観を無定見に当て嵌めたり断罪するような
        露骨さが見えにくい文章もありがたい
        現代人の考え方によるバイアスはかかってるんだろうけど
        鼻につかない
      • 0
      • 15. 金ぴか名無しさん
      • 2021年12月09日 07:34
      • 功名が辻すこ
      • 0
        • 21. 金ぴか名無しさん
        • 2021年12月09日 12:28
        • >>15
          ワイは花神すこ
        • 0
      • 16. 金ぴか名無しさん
      • 2021年12月09日 07:54
      • 嘘エピソードでしっかり面白くしてるところはさすが国民作家の大御所だよねー
      • 0
      • 18. 金ぴか名無しさん
      • 2021年12月09日 08:31
      • 司馬はむしろ乃木は好きな方だったらしいけど
        坂の上の雲が下敷きにしたという資料が乃木無能説を派手にぶち上げちゃったから
        冷たく突き放した目で書くのがプロ、と考えたのかもしれない
        今は資料的価値薄い本だけどな
      • 0
      • 19. 金ぴか名無しさん
      • 2021年12月09日 10:52
      • 坂の上の雲だけは中高年おっさんがやたら持ち上げてるのが気に入らず無意味に避けてきたけど
        実際読んだらまー完全にやられたわ
      • 0
        • 24. 金ぴか名無しさん
        • 2021年12月09日 12:52
        • >>19
          天衣無縫の秋山好古
          傲岸不遜の秋山真之

          日本騎兵をゼロから育て上げ、ナポレオンも退けた世界最強のコサック騎兵を撃破した好古と対馬海峡航路を看破し村上水軍の兵法を近代戦に応用した東郷ターンによりバルチック艦隊をほぼ無傷で壊滅した真之の秋山兄弟が凄すぎる。
        • 0
      • 22. 金ぴか名無しさん
      • 2021年12月09日 12:30
      • 殉死が心に残ってる
        花神も好き
      • 0
      • 23. 金ぴか名無しさん
      • 2021年12月09日 12:32
      • 司馬史観って今で言うひろゆきの発言みたいなもんやろ
        そりゃ嫌いな奴は嫌いやろ
      • 0
      • 30. 金ぴか名無しさん
      • 2021年12月10日 21:50
      • 「竜馬がゆく」を読んでいて「流石にこれは創作だろww」てエピソードを調べてみたら史実だったな
        今はネットですぐ調べられるが、そうじゃない頃は全部史実と思い込むのも頷ける
      • 0
    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット

    ※連投、荒らし、宣伝、不適切と判断されたコメントは「非公開、規制」の対象になります
      当サイトについて
      記事検索
      アーカイブ
      スポンサードリンク