カテゴリ:長編創作・SS

    伊織「765プロが倒産してもう2年半じゃない……」
    2011年10月16日 コメント(111) 長編創作・SS 
    _SS500_
    1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/10(月) 22:14:24.20 ID:WX99038R0
    は〜い!元スーパーアイドル、水瀬伊織ちゃんで〜す♪
    えっ踏んでください?ワケわかんないこと言ってんじゃないわよ……。
    ただでさえ今、頭ん中がこんがらがってるんだから……。

    美希を探しに来たハリウッドで私は銃で撃たれた。
    お腹が、焼けるように熱くなって意識を失った。

    それで目を覚ますと、「ロストアルテミス」とかなんとかいう
    月の崩壊現象が起きた百数年後の世界だった。

    そこで私は、名前がおんなじなんだけどどこか目つきが悪い真とか、
    妙にしっかりしたあずさとかと一緒に「ネーブラ」とかいう
    ロボットに乗って隕石の破壊活動をやろうってんだから驚きよね。

    おまけに元の世界に戻るには、こっちの世界を救うしか無いみたい。

    ……わかったわ。
    この伊織ちゃんに不可能は無いんだから!
    やってやろうじゃないの!
    牛丼なんか食べてる場合じゃない!いくわよ!バカリボン!

    ……あなたのアイドルになりたい。





    2以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/10(月) 22:14:53.47 ID:y+biPGmV0
    お?




    3以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/10(月) 22:16:08.67 ID:5cV87IEP0
    ゼノグラとか俺得


    茶「なぁ・・・最近ちょっと思うんだけどさ」 赤「ん?どうした?」
    2011年10月10日 コメント(31) 長編創作・SS 
    1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/08(土) 14:30:08.80 ID:cA9DXEcD0

    茶「いや・・・悩みごとっつーか愚痴かもしれんけど」

    赤「え、なになに」





    3以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/08(土) 14:30:58.18 ID:cA9DXEcD0

    茶「俺、なんかさ、浮いてる気がするんだ」

    赤「浮いてる?」

    茶「ああ」

    青「おい、どうしたんだ?」

    赤「いや、なんか茶が悩んでるみたいで」

    青「なになに」

    茶「うん・・・いやさ」

    茶「なんつーか、俺だけ皆とカラーが違うんじゃないかって」



    春香「765プロが倒産してもう3年かぁ……」
    2011年10月09日 コメント(136) 長編創作・SS 
    _V769f0dd4-20111009080137-PE2HO-bit-ly-5MeSpf_SCRMZZZZZZ_
    1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/08(土) 22:35:33.65 ID:nzBIeJHH0
    私は天海春香、元アイドルの20歳です。
    3年前はローカル局の料理番組に出演したり、毎月CDを発売したりして
    とてもハッピーな毎日でした。知名度はお世辞にも高いとは言えなかったけれど
    夢のアイドル生活は、まさに言葉通り今思うと夢の中の出来事……だったのかな?
    そんな今の私の生活は……

    「いらっしゃっせー!お好きな席におかけくだヴぁい!」
    「春香ちゃん!それ終わったらこっちのお客さんのオーダーも頼むよ!」
    「いらっしゃ……わっかりましたー!店長!」

    牛丼屋でフリーターやってます。





    2以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/08(土) 22:36:27.48 ID:Ulm3K83N0
    あれ…春香…復活しとる?!




    3以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/08(土) 22:37:28.73 ID:L0jy2X6w0
    最終回?


    さやか「奇跡も魔法も、あ…… あぁッ!?」
    2011年10月06日 コメント(27) 長編創作・SS 
    1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/05(水) 01:31:25.71 ID:QhfO0qdD0
    恭介「僕の手は二度と動かないんだよ……奇跡か魔法でもない限り……」

    さやか「……あるよ。奇跡も魔法も、あ……」

    さやか「あぁッ!?」

    恭介「!?」



    雪歩「765プロが倒産してもう二年半ですぅ……」 後編
    2011年10月01日 コメント(61) 長編創作・SS 
    61VTFX22lgL
    1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/09/29(木) 20:26:24.22 ID:zWLLXH3v0
    ──歩

    「雪歩、本当にいいのか」
    お父さんの声が、アスファルトと
    睨めっこをしている私の頭の上で聞こえました。
    ちょっとだけ勇気を出して、唇をキュッと結んで言います。

    「うん、もう決めたことだから……」
    ふくらはぎがパンパンに張ちゃうくらい急な坂道を登って、
    平坦な道路を歩いて……。
    私は一人、小さなビルを見上げます。
    う、うん!わたし、これから変わるんだ!

    階段を一段登るたびにドキドキが大きくなっていきました。
    扉を開けて、その瞬間叫びました。

    「あ、ああの!今日から、この事務所にお世話になります
    萩原雪歩って言いますぅ!16歳です!よろしくお願いします!」





    109以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/09/29(木) 22:16:16.08 ID:wb3cJ8cvO
    走馬灯なのか?走馬灯なのか!?


    雪歩「765プロが倒産してもう二年半ですぅ……」
    2011年09月30日 コメント(50) 長編創作・SS 
    61VTFX22lgL
    1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/09/27(火) 18:00:37.23 ID:5DG9HLQ+0
    萩原雪歩19歳です。男の人が、大好きです!
    ……あっ、ま、間違えました!
    今のはお茶と男の人を言い間違えて……ひぃ〜ん!

    本当は私、男の人と喋るのって今でも苦手で、
    いつも誰かに頼ってばっかりで……。
    それになにやってもドジでダメダメで
    ひんそーでちんちくりんなんですぅ……。

    だけどそんな私でもアイドルをやっていた時期があって、
    その時は友達と一緒に楽しくやれたんです……。
    でも頼れるプロデューサーが過労死しちゃってから
    私さらに自信無くしちゃって……。

    あぅぅ、思いだしたらまたジメジメした気持ちになってきましたぁ〜!
    穴掘って埋まって──

    「ちょっと、何さっきから独り言言ってるのよ」
    「へっ?あ、律子さん……」
    「今日は私の奢り!牛丼パーティーよ!」

    そうでした、私はいま、元765プロの皆と牛丼屋に来てるのでした。



    みお「なのちゃんの家に火を付けたら全焼した」
    2011年09月25日 コメント(71) 長編創作・SS 
    1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/09/22(木) 01:56:59.22 ID:a1u0G+G+0
    ではお願いします!




    3以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/09/22(木) 02:01:58.76 ID:5M9r+Hho0
    はかせが死んでなのが発狂する感じでお願いします!


      当サイトについて
      記事検索
      アーカイブ
      スポンサードリンク