カテゴリ:長編創作・SS

    コナン「蘭の角が狙わてるのか!?」 灰原「蘭角の乱獲……」
    2017年05月24日 コメント(3) 長編創作・SS 
    maxresdefault (2)
    1以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/05/22(月) 22:28:20.645 ID:BRipFf5o0.net
    灰原「はい工藤くん、新しい試作品」

    コナン「サンキュー、灰原……ん? いつもと違うな。ボトルに入ってっけど」

    灰原「今回は内服薬じゃなく外用薬にしてみたから、飲まないようにね」

    コナン「コイツを肌に塗り込めば、元の姿に戻れんだな?」

    灰原「言ったでしょう、あくまでも『試作品』なんだから……。保証はできないわよ」

    コナン「そっか……じゃあ期待できねーな……」

    灰原「……なに、その態度。人がせっかくつくってあげたのに」

    コナン「えっ? あ、いや。だから感謝してるって」

    灰原「どうだか」


    〜探偵事務所〜

    ガチャ

    蘭「おかえりなさい、コナンくん」

    コナン「あ、あれ? 蘭ねえちゃん、今日は部活お休みなの……?」

    蘭「うん。お父さんは麻雀で帰りが遅くなるみたいだし……コナンくんひとりじゃ淋しいと思ってはやく帰ってきちゃった」

    コナン(事務所に蘭がいるんじゃ薬を試すわけにもいかねーか……はやく試したいけど)






    2以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/05/22(月) 22:28:39.649 ID:WcqY495Ld.net
    正直ワロタ



    【FGO】 ぐだ男「メルトの交友関係がよくわからない」
    2017年05月23日 コメント(0) 長編創作・SS 
    C-vK1ndV0AA3epF
    2 ◆eF6RWyN1IM :2017/05/17(水) 00:14:47.08 ID:QhB83XKb0
    マシュ「はい?」

    ぐだ男「いや……なんか仲良くしてる人はいるみたいなんだけどね。ちょっと私生活が見えてこないのが心配で」

    マシュ「プライベートなことですしいいんじゃないでしょうか」

    ぐだ男「みんなと馴染めてなかったらフォローにまわりたいしね。マシュからそれとなく聞けないかな?」

    マシュ「私より先輩の方が適役かと」

    ぐだ男「そうかなぁ?」

    マシュ「メルトさん、先輩に懐いてるじゃないですか。私は今回は手伝いません」

    ぐだ男「……なんか怒ってる?」

    マシュ「怒ってません!」



    女「キャーッ、痴漢!」 男「線路に逃げなきゃ!」 女「逃がすかぁっ!」 運転士「神聖なる線路内に立ち入るとは……許せん!」
    2017年05月23日 コメント(18) 長編創作・SS 
    chikan_enzai
    1以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/05/22(月) 21:30:04.292 ID:KlsKqHMY0.net
    ― 電車内 ―

    ガタンゴトン…… ガタンゴトン……

    グラッ……

    男「うおっと」ガシッ

    女「キャーッ!」

    男「え?」

    女「この人、痴漢よーっ!」

    男(しまった! 吊革につかまろうとしたら間違えて……!)






    2以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/05/22(月) 21:30:35.076 ID:J7B2D6Tj0.net
    女でかすぎだろ






    4以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/05/22(月) 21:30:56.671 ID:7HJAW9DO0.net
    ガッツリ有罪定期



    古泉「朝比奈さんの淹れてくれるお茶はやはり格別ですね」 朝比奈「それ綾鷹です」
    2017年05月22日 コメント(24) 長編創作・SS 
    haruhi_20140718_chara4
    1以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/05/20(土) 19:38:52.06 ID:6QbX2JaI0
    古泉「この旨みと渋みが絶妙に混ざり合って――え?」

    朝比奈「綾鷹です」

    古泉「……え?」

    朝比奈「……」

    古泉「えっと……」

    古泉「それはつまり……僕が今飲んでいるのが――」

    朝比奈「綾鷹」




    ナイツによる二番煎じ感のあるデレマス漫才
    2017年05月22日 コメント(13) 長編創作・SS 
    1以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/05/21(日) 14:35:13.80 ID:Xxn7ubhU0
    塙「どうもナイツです、よろしくお願いします」

    土屋「よろしくお願いします」

    塙「今日はね、皆さんにお笑い史上二番目くらいに面白いものをお届けしようと思います」

    土屋「いやいや、そういうこと言わなくていいから。勝手にハードル上げないでくださいよ」

    塙「今日はね、あのビッグスリーよりも面白いところを見せてやりますから」

    土屋「ちょ、ちょっと塙さん! そんなこと大声で言っちゃダメ! テレビ出られなくなるよ!」

    塙「えっ、そんな大したことですかね?」

    土屋「充分大したことだよ。ビッグスリーに喧嘩売ってんだからね?」

    塙「いやー……大谷、藤浪、濱田はそんなに面白いことできる気がしませんけどね」

    土屋「それ数年前の高校野球のビッグスリーだろ。野球選手に笑いで負けたらお笑い芸人名乗れないよ。こっちはお笑い界のビッグスリーの話をしてんだよ」

    塙「ああ、そっちね」

    土屋「当然だろ。そういう流れだったろ完全に」




    男「花山薫ちゃんの握手会に行くことになった」
    2017年05月20日 コメント(16) 長編創作・SS 
    バキ外伝疵面 7
    1以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/05/17(水) 02:00:24.08 ID:dYIZow6qo
    男「俺さ、今度花山薫ちゃんの握手会に行くことになったんだ!」

    友「へえ〜、お前も相変わらずアイドルが好きだねぇ〜」

    友「……ところで、花山薫ちゃんって誰? 聞いたことないな」

    男「知らないけど、名前からして可愛いアイドルだろ?」

    男「きっと黒髪で、無口で、白い服が似合う清純な少女に違いないぜ!」

    友「ま……いくら可愛くても握手会で事件起こすようなマネすんなよ」

    男「分かってるよ!」




    勇者「行くぞ火の四天王!」 火の四天王「来たか勇……者」
    2017年05月20日 コメント(26) 長編創作・SS 
    fireball-1149724_960_720
    1以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/05/17(水) 19:23:55.88 ID:NeHqYmwC0
    勇者「行くぞみんな!」

    水の四天王「防御と回復は任せて勇者!」

    風の四天王「私の拳、あなたにかわせるかしら?」

    土の四天王「いやー炎とかマジで死ぬんだけど俺、特効よ?まぁすぐに復活できるけど」

    勇者「土の四天王は無理をするな!風の四天王!僕たちで倒すつもりでいくぞ!」

    風の四天王「うん勇者」

    勇者「いくぞ!」

    火の四天王「待ってちょっと待って」




      当サイトについて
      記事検索
      アーカイブ
      スポンサードリンク