2009年02月04日

壇ノ浦遊覧船

2cf99ef3.jpg長崎を出て途中大宰府天満宮ヘ寄ったが此処での写真は割愛し、次いでレトロの町、門司へ。到着後直ちに壇ノ浦遊覧船に乗船。但し何分曇ったガラス越しでの写真で余り良くないが、一応遊覧船でしか撮れない写真を紹介。上の写真は関門橋の真下での写真。下は巌流島で宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘の銅像が見える。いずれにしても海峡の狭さには驚いた。説明によれば一番狭いところは700mとか。しかも地下には在来線、新幹線、歩くトンネルなど数個通っているよう。

goldoyaji at 14:23│Comments(1)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by マーチャ   2009年02月04日 20:25
 私は関門橋を見たことが無い、頭上の巨大な建造物そして足下に敷設された交通網を見ると日本の技術力に思わず胸を張らざるをえない。
 巖流島の決闘、吉川英治の小説に感激して身を震わした私の青春を想起して止まない。
 本当にいろいろな旅を感謝している。私の知らない世界があることを知った・・・・・・。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔