【NYプラチナ概況】

18日のNYプラチナ相場は、前日比+12.4ドルの903.7ドル。

低調な独PMIで景気減速懸念が強まったが、金の下げ一服などを受けて押し目を買われた。一方、米小売売上高が予想以上となり、米株価が堅調となったことや、パラジウムが上値を伸ばしたことも支援要因となった。


【「南アNew Plat」現物保有残高推移】

18日の白金現物保有残高は、前日比-11.49オンスの1046619.85オンス。


b


【東京市場取組内部要因】

「一般投資家のポジション推移」(直近30日間)


3


「外資系ファンドのポジション推移」(直近30日間)

4


一般投資家のポジションは買い越し幅が減少、外資系ファンドは買い転換しています。


【売買ポイント】
チャートは日足、夜間取引では上伸、高値圏で三角保ち合い型になってきているので、現状では上限辺りを維持ということになります。本日の日中取引終了時点でこの値位置を保てば、夜間取引から上抜けという可能性もありますが、本日は欧米市場が休場、時間外取引も動かないみたいので、東京単独で上方トレンドを形成するのは少し無理がありそうです。ポジション整理の売買主体となるので、逆張り的なデイトレードが少し機能するかどうかといったところでしょうか。

キャプチャ


当サイトのブログ構成は金・白金がメイン、プログラムから算出される売買ポイントを無料配信します。

メール配信希望はコチラからどうぞ



参考になりましたらポチッとお願いします
 にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村