【NYプラチナ概況】

22日のNY白金先物相場は、前日比-7.8ドルの932.1ドル。


金の反発にも反応せずに売り先行、需要に対しての不安が強く、今月の安値圏で低迷したまま軟調な展開。


【「南アNew Plat」現物保有残高推移】

21日の白金現物保有残高は、前日比-9.1オンスの829228.08オンス。


b



【東京市場取組内部要因】

「一般投資家のポジション推移」(直近30日間)
3


「外資系ファンドのポジション推移」(直近30日間)
4

一般投資家のポジションは買い越し幅が増加、外資系ファンドは売り越し幅が増加となっています。



【売買ポイント】

夜間取引では更に安値更新して3361円まで下落、値頃買い無用です。白金は突っ込んで安値更新すると相応の切り返しが入るもの、長く見ている方ならわかるはずです。ただ、切り返しのレベルがこんなものではないんですよね、買い転換する時は。買わせないんですよ、一気に高くなりますから。「押し目待ちに押し目無し」の銘柄ですから、その時に買えるかどうかで勝負はついているんです。

白金日足チャート

キャプチャ


参考になりましたらポチッとお願いします
 にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村