【NY金市場概況】

16日のNY金相場は、前日比+8.0ドルの1223.0ドル。

米FRBのクラリダ副議長は、「米金利はFRBが中立金利と見なす水準に近づいている」とし、中立的であることは「理に適う」との見解を示し、ドル安に振れたことが金の支援要因に。一方、トランプ大統領は、「中国が貿易合意を求めており、同国に追加関税を課す必要がなくなる可能性がある」との認識を示し、株高に振れた事で、金買い一巡後は上値を抑えられる展開。


【「SPDRゴールドシェア」現物保有金残高推移】

16日のSPDRゴールド現物保有残高は、前日比-1.48トンの759.68トン。

キャプチャ


【東京市場取組内部要因】

「一般投資家のポジション推移」(直近30日間)
1


「外資系ファンドのポジション推移」(直近30日間)
2


一般投資家のポジションは買い越し幅が減少、外資系ファンドは売り越し幅が減少しています。

【売買ポイント】

チャートは60分足、前日からほぼヨコヨコ推移ですが、このまま4420円台乗せを維持すれば、9日夜間取引での急落前のポイントまで戻る可能性が高くなります。チャネルラインで見れば短期アップトレンドの上限が目標値となりますが、4428円をしっかり抜いて維持できるかがポイントです。

キャプチャ


当サイトのブログ構成は金・白金がメイン、プログラムから算出される売買ポイントを無料配信します。


メール配信希望はコチラからどうぞ


参考になりましたらポチッとお願いします

 にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村