エンジョイゴルファーからの卒業日記

100切りを達成してから足踏みをつづけて方向性を見失い、このままではだめだと心機一転!上達記録を残していきます。

ボールはこれまで SRIXON の Z-STAR XV を使っていました。
しかし、最近の5回のラウンドではOBが、6回、5回、7回、2回、7回と悲惨な状況になっており、さすがにボール代の浪費ではないかと思うようになってきました。

そもそもグリーン周りのアプローチでは、PWでコツンと当てて転がしてグリーンに止まればよい程度のレベルなので、Z-STAR XV ほどのスピン性能は必要ありません。
単にイメージだけで選んでいました。


とにかくリーズナブルでまっすぐ飛ぶものはないかと物色し、今回は、TaylorMade の PROJECT(a) に変更することにしました。
Z-STAR XV よりも3割以上安く、スリーピースのウレタンボールということで、スピンもしっかり効くようです。

IMG_0081

IMG_0079

もう少し安いボールもありましたが、ディスタンス系でリーズナブルなボールの中にはヘッドスピードの推奨値が45m/s以下というものが多く断念しました。
下手くそなくせにヘッドスピードだけ速い自分が本当に残念です。。。

とりあえず3ダース買ったので、当分持つと思います。
過去にベストスコアを更新したのはほとんどがTaylorMadeのボールだったので、その間にベストスコア更新と行きたいものです。

 

梅雨の合間の好天の中ラウンドしてきましたが、スコア的には残念な結果になりました。
全く調子がつかめず、ずるずるとホールを消化しているうちにいつの間にか終わってしまった印象です。

IMG_0068
スコア:57(17) → 54(18):111(35)
天気:晴れ
使用ティ:青
グリーン:エアレーション中

これといった見せ場のない中ですが、今回はクラブごとに結果をまとめておきたいと思います。

1W:TaylorMade RBZ × TourAD DI-7
ドライバーを替えてから2回目のラウンドです。
前回はOBゼロとなかなかの結果でしたが、今回は、3番と18番の2発で計3発のOBでした。
最終18番は、せめて今日イチの当たりでも出てくれればお土産になるなと思って、やけくそでマン振りしてしまった結果です。
そのほか、力みすぎてのミスは何度かありましたが、10番、17番の打ち下ろしでは275Y飛びましたし、総じて以前よりは安心してドライバーが振れているような気がします。
IMG_0066
豪快な打ち下ろしの17番ホール


5W:TaylorMade RBZ × TourAD DI-7
クリークは買い替えてから初めてのラウンドです。
ティーショットで使ったのは、5番と14番の2回です。
5番はフェアウェイど真ん中に約220Yほどのショットでしたので、狙い通りの結果となりました。
14番はひっかけてしまい、フェアウェイバンカーに。距離は200Y以上出ていたので、とりあえずはOKとします。
どこかのホールでフェアウェイから一回試したのですが、そこは力んでしまいチョロ。。。
とりあえず初ラウンドとしては合格点かなと思います。ペナルティはありませんでしたし。

アイアン:Titleist 716 CB
アイアンセットは買い替えてから2回目のラウンドです。
2週間ほどしっかり打ち込んでからのラウンドでしたが、いまだ体に馴染んだとは言えない状況です。
5番では9Iでグリーンを狙ったショットをひっかけてしまってロスト、14番ではバンカーから8Iではグリーンを狙ったショットをひっかけてしまいOB。
どちらも打ち直しがグリーンに乗っているだけに残念なミスでした。
また、16番(200Y)のショートホールでは4Iを試してみましたが、シャンク気味のショットとなってしまい、右方向にOBでした。
練習場ではいい当たりが出るようになってきているので、めげずに練習したいと思います。

パター:
35パットと数字上は自分にとっての平均くらいですが、カラーからパターを使っているホールがいくつかあるので、体感としては40パットくらいしてしまった印象です。
エアレーション中だったということで、自分自身納得させようと思っています。


ドライバーからアイアンまでクラブを替えてから、練習場ではいい当たりが出ているのにラウンドでは2回連続で結果がついてきていません。
さすがにヘコみますが、練習あるのみです。

 

週末にラウンドを控えているのですが、新アイアン(Titlelist 716 CB)がまだ体に馴染んでおらず、シャンクや当たっても硬い当たりというのが多くなっています。

ラウンドまでに何とか修正したかったので、練習に行ってきました。
はじめのうちは、なかなかいい当たりが出なかったのですが、力を抜いてスイングをしているうちに何となくいい感じのボールが出るようになってきました。

たまたま見つけたポイントは、①力感を7割弱くらいにすることと、②縦振りにすること、の2点でした。

①については、シャフトを GD S200 から DG AMT S200 に替え、ロングアイアンを中心にだいぶ軽くなっていたのに、これまでと同じ力感で振っていたため、テンポが合っていなかったようです。

②については、理由はわかりませんが、これまでよりライ角がアップライトなので、縦振りが合うのかもしれません。とにかく縦振りを意識したとたん芯を食うようになりました。

芯でとらえられた時の打感は素晴らしく、Mizuno MP-54 と比べても全く遜色がありません。

また、4番、5番アイアンでは、少しダフり気味のボールが多かったので、ボールの上をかすめるくらいの気持ちでスイングしたところ、かなり満足のいくボールが打てました。
(ショートアイアンではそのフィーリングで打つとトップボールの連発でしたが。。。)

というわけで、週末を前に何とか調整が間に合ったのではないかと思います。
ラウンドでそのままの成果が出るかわかりませんが、前向きな気持ちでラウンドが迎えられそうです。

image


 

新しいクラブセッティングに慣れるために練習を繰り返しているのですが、ここのところ短い番手でのシャンクが止まりません。

5年ほど前にシャンクとはお別れしたつもりだったのですが、先日のラウンドの1番のセカンドショットでシャンクが出てからシャンク病が再発したようです。

アイアンを替えて、ライ角を少しアップライト気味にした影響なのか、それとは全く関係ないのか、原因はよくわかりません。
なんとなく、インパクトの瞬間に手元が浮いているような気がするのですが。。。

過去、シャンクがひどかったときは、アプローチで隣のホールまで飛ばしてしまったり、ショートホールでシャンクでのOBを繰り返し前に進めなかったりと散々な目にあったのを思い出します。

今日は、①下半身主導でスイングをすること、②少しオープン気味にスタンスをとってフェード(スライス?)系のボールを打つこと、の2点に集中することで途中からシャンクは出なくなりました。

ただ、シャンクは封じ込めたと思っても、意識をすればするほど出てしまうものなので、今週末のラウンドでは2、3発出ても仕方ないという気持ちでラウンドしてきます。

しかし、アプローチのトップ・ダフリの連発、チーピンOB連発、バンカーのホームラン連発、シャンクの連発...と、何かが良くなってくると他が足を引っ張るという負の連鎖をなんとか断ち切りたいものです。

DSC_0667-1

 

ドライバー(RBZ TourAD DI-7)とアイアンセット(716 CB DG AMT S200)を買い替えてから、「練習場では」絶好調をキープしています。

そんな中、ここのところ日課になっているGDOの中古クラブ検索をしていると、TourAD DI-7 が挿さっている TaylorMade RBZ が手ごろな値段で売っていたので、早速ポチっとしてみました。

IMG_0011

IMG_0013

届いたところで、早速試し打ちに行ってきたのですが、本当に気持ちよく飛んでくれます。
さすが、元祖ぶっ飛び系FWという感じです。
発売当初からなぜか白ヘッドを敬遠していたのですが、アドレスした時から不思議なくらいにしっくりきます。

まだ、クラブに慣れていない部分があるのか、自分のイメージよりも少しボールの頭をかすめるくらいの気持ちで打ったほうがナイスショットになるようです。

これで6月に入ってから9本目(1W,5W,4-P)のクラブ入れ替えです。
残るはスプーン1本で、本命はバルドのコンペティオーネ 568 FW type-Sですが、中古でTourAD DI-7が挿さったものは見つからず、新品を買うとなるとドライバーよりも高くなってしまいます。
自分の気持ちは購入でほぼ固まっているのですが、妻をどう説得するかが目下の課題です。

 

↑このページのトップヘ