これまでのレッスンのまとめの第4弾、フォロー編です。
フォローの段階では何かに注意して体の動きを矯正するということはほぼ不可能なので、結果として悪い動きとなってしまったときにどこをなおせばいいのかというチェックポイントを明確にしておく必要があります。

フォローでよくやってしまう、悪い動きはとその時に注意すべき点は3つです。

① 左の壁がしっかり作れず、左ひざが流れてしまう動き
 → ダウンスイングで左への重心移動を意識的にやろうとしすぎると、左の壁がしっかり作れずフォローで左ひざが流れてしまうことがよくあります。インパクトが安定しなくなるので、左右どちらへのミスも出てしますので、左股関節にしっかりと体重を乗せることを意識します。

② 体が早く開いてしまう動き
 → ダウンスイングから始まっていることですが、フォローで体が早く開いてしまうことがよくあります。ラウンド中で大きなミスをするのはこの動きが入ってしまった時が大半なので、一番気を付けなければなりません。スイング中は、「胸を右側・下側に向けたまま」、くらいの意識をもってちょうどいいくらいのようです。

③ 左ひじが引けてしまう動き
 → ②の動きとも連動するのですが、右手で叩きに行ってしまったときに腕が体の正面を追い越してしまうと、行き場を亡くなった左ひじはどんどん引けてしまいます。フィニッシュで頭の真上に両手が来るくらいでちょうどいいくらいのイメージを持つのがよいようです。


image