今週末は、フジクラゴルフクラブ相談室でシャフトのフィッティングの予定なので、早朝練習に行って自分の持ち球の確認をしてきました。

特にシャフトのフィッティングをお願いしようと思っている、ドライバーからユーティリティを重点的に確認してきました。

先日の練習で、自分の場合、フェードボールのほうが自然に腰を切る動きに繋がることに気づいて、実際に5Iまでは自然に振れたのですが、長いクラブではなかなか思ったとおりになりませんでした。

特に、5W : Titleist 910 F ( Diamana ahina 8S ) と4U : Tour Stage X-DRIVE GR (NS PRO 950 S ) は、ドロー狙いの時はそこそこうまく打てるのですが、フェードを打とうとすると全然ダメでした。

アイアンは、フェードの動きがだんだんと体に馴染んできたので、できれば怪我の少ないフェード打ちを目指しています。

クラブごとにドローとフェードを打ち分けることはとてもできなそうなので、セッティングの統一感を考えると、5W と 4U のシャフトは要交換なのかもしれません。
フィッティングの前に良い練習ができました。


DSC_0667-1