ドライバーからユーティリティまでの長めのクラブが課題です。

練習場ではそれなりにうまく打てるのですが、ラウンド中にいろいろなクラブを打っているうちにどんどんと調子を崩し、OBをはじめ大きなミスを繰り返してしまっているのが現状です。

自分の腕前が未熟なのを棚に上げて、シャフトの組み合わせが良くないのではないかと思い、フジクラゴルフ相談室に行ってきました。

【現在のシャフトセッティング】
1W : Speeder 757 evolution S 先中調子

5W : Diamana ahina 8S 元調子

3U : MCH 90X 中元調子

4U : NS PRO 950 S 中調子


フィッティングは、①使用クラブのデータ測定、②簡単なカウンセリング、③使用クラブのショット解析、④試打クラブのマッチング、⑤最適なシャフトの提案、といった流れで大体1時間程度かかりました。

やはりその道のプロに見ていただいただけあってたくさんの収穫がありました。
それぞれのクラブへのアドバイスは以下のとおりです。

(ドライバー)
・ 重量帯と硬さは、今使っている70g台のSがベスト。60g台のXも選択肢だけど、軽いものを振ると手を使う傾向があるので、重めの70g台が合っているとのこと。
・ 調子では、中調子か元調子が良く、先調子はタイミングが全然合っていないとのことです。今使っている Speeder 757 evolution の売りは、ヘッドが走る系のシャフトで典型的な先調子なのでNGということになりますorz
・ 他の Speeder も試打させてもらいましたがことごとくダメで、最終的に提案されたのは ROMBAX TYPE-X 75 S でした。主力製品の Speeder ではなく、生産終了モデルである ROMBAX を提案するのはフィッターさんにとって苦渋の決断だったと思います。。。 

(フェアウェイウッド)
・ クリークは元調子なので今のままでもさほど問題ないが、芝の上からストレスなく打つことを目的すると、70g台のシャフトのほうがベターではないかとのことでした。フィッテイング中はダフってばかりいたからかもしれません。
・ ドライバーとの流れを考えるのであれば、同じシャフトに統一するものいいのかもしれません。

(ユーティリティ)
・ 今使っている3Uのシャフト、MCH 90X が合っているので変更の必要はないとのことです。90 S も選択肢となるけど、しっかり叩きに行くスイングなので硬めのほうが合っているとのことです。
・ 逆に4Uは柔らかすぎるので、使わないようにするか早急にシャフト交換が必要との提案でした。3月に買い替えたばかりなのに残念です。


ドライバーのシャフトがそもそも合っていないという結果になるとは思いませんでしたが、現状のクラブセッティングの問題点が浮き彫りとなって非常に意義深いものとなりました。
フジクラのシャフトは、走り系が主体で広告も大々的に打っているので気分も上がりますが、提案してもらった ROMBAXは何となく地味目な感じがして即決できません。他社さんの元調子のシャフトも含めて検討してみたいと思います。


写真 1 (1)