このところ非常に多くなってきたパターのご相談

『パターって、合うとか合わないって有るの❓練習するしか無いんですよね❓』

とか、『自分に合うものが種類多過ぎて分からないんです』

の様な、お話を伺う事が多いので、少し個人的主観のお話を

当店では、一番多いのは最近だと増田さんにお願いして細やかな調整を購入後も施していただける【studio collection】が、圧倒的に多いですが
IMG_2955
IMG_2956

お値段は、チョイスするシャフトにより異なりますが、スタンダードのスチールシャフトを装着したもので¥150,000(税別)と、キャメロンのプレミアモデルほどではございませんが、それなりに高額になります
感性が一番必要となるのがパターだと思っていますが、その感性ってプレイヤー毎に異なって必然な訳です。よく、クラブのスペックを必要以上に気にされて数字の並びを綺麗に管理されたい方もいますが、プレイヤーの視覚から入る情報の見え方も、感じ方もそのプレイヤーだけのものであり、スペックの様に数字で僕に伝わるものでは有りませんよね。
乱暴な言い方になってしまいますが、感覚を管理することは他人には出来ないのです。
当然、使う場所や使い方も都度天候の様に変化する訳ですし!

なのでパターに求める(クラブ全般言えることでもありますが)一番大切なことって、プレイヤーがどう使いたいのかどこを見て、何を感じて、どう処理したいのか?コレって凄く大切な事だと思ってます。

ではなんで当店で増田さんのパターが、それ程までに人気なのか?
それは、恐らく......
増田さん自身も感覚・感性というものを凄く大切され、自身の感性をヘッドを研磨しながらきっとヘッドと会話されているのだと思ってます。何故って?実際使ってみると、伝わってくるんです(笑)
それと一番は、細やかなプレイヤーの我儘にも精一杯答えてくださるから
あの、増田雄二さんがですよ

意外と、後回しに?蔑ろにされがちなパターですが!殆どの方が30回前後、人によっては40回前後使われてしまう日もある事も(⌒-⌒; )

ドライバーは、基本全ホール使って14回です。でも¥150,000近くは普通に投資してくださる方が増えてまいりましたが、まだパターとなると

studio collection以外にも、近年パターシャフトもカーボンが出て参りましたので、シャフトの違いを感じていただける様に、全て感性を邪魔しないマスダゴルフstudio1で揃えたり
昨日も、ご新規でご来店頂きましたお客様よりstudio1のオーダーを頂戴しました。
打たれるほどに、その打感とフィールに
何年経っても色褪せない、増田さんの一押しパターです!
IMG_2958
そして、バルドさんから発売された画期的なフィッティングキットを使って、重心角の違いを感じて頂いたり、色々な角度からアプローチさせて頂き、ご提案をさせて頂いております

重心角や深度の違いから、プレイヤーの動かしたい動かし方に動かしやすい物って必ず存在するのですが、ご自分では自分が動かしてる思ってる動かし方と全く違う動かし方をしている方が実は滅茶苦茶多いという事を、僕は数多くのお客様と触れあわせて頂く環境に居るので知っているのです(笑)
事前にご連絡頂くか?お電話でお話だけでも構いませんのでご遠慮なくお申し付けつさください
IMG_2959
そして当然、現在僕の使っているModartさんのR50LSも店頭に御座いますのでお試しいただけます。
必ず最適な一本をご提案できる様万全でお待ちしてます
IMG_2957
IMG_20180610_123205
ちょっと、いつもと違うグダグダと長文になってしまった内容でしたが、最後までお付き合いくださり有難うございました