トップアマから長年支持されているマスターズさんのアストロのニューモデルが来月中に発売になります。
IMG_6023
一足お先に試打をさせて頂きましたが、マスターズさんには基本2モデルあって、現行のVS1と言うモデルは、捕まりも良くボールが上がり弾きの良いシリーズ。
そして今回V3が進化してV4としてパワーアップして登場します。
此方のシリーズは、下の写真の通りの超ディープフェース&ディープバックです。
IMG_6024
なので投影面積が430〜440cc位に感じますね。
IMG_6025
前作のV3よりも、フェース角がストレートでフッカーでも安心して叩ける顔立ちですね。
試打のシャフトが同社の捕まりの良いシャフトでしたので、かと言って滑る事もなくキチンと捕まってましたので、チョイスするシャフト次第で幅広いフィッティングが可能となりそうな予感が。
IMG_6026
そして、歴代Vシリーズは球持ちの良い打感なのですが、今回も変わらずマイルドな心地良いインパクトサウンドを!
そして、何よりボール初速が出てました。
自分の今の状態で、ソローっと振っても安定してボール初速60を超えてますので、僕が打ってる訳ですから、当然オフセンターヒットもしている訳ですが、それでもヘッドスピード40にも満たない今の僕の身体でこの数値は、正直驚きました。
そして、お持ちくださったマスターズのY田さんにも打ってもらうと(トップアマで、複数のコースで連覇も含めて複数回クラチャンをとってる実力者です)何時も、スピン量が多めに出てパワーがあるのですが、そのパワーが生かしきれない感があるY田さんですが、(通常3000〜4000回転くらいになる事も)安定して2000回転台を推移。
僕ですと、1800回転前後が多い多く少し下から入ってしまうと1600回転を下回り完全にドロップ。試打クラブが10度でしたが僕でも10度でも良いくらい、良い意味でスピンが少なくボールが上がり過ぎないヘッドでしたのでロフト選びは(昨今のロースピンヘッドの傾向ですが)慎重に、計測しながらチョイスされた方が良さそうです。
しかし、それだけ飛ばせる3大要素の2つを簡単に手に入れられのですから、後はシャフトチョイスとロフト選定で、自分の飛ばせる一本には仕上げると楽しい事になりそうです(^^)