当店でも人気のブランド、JUSTICKさんから10数年振りに軟鉄一体鍛造の素敵なアイアンが発売されます。

昨日、島村社長自らお立ち寄り頂き貴重な試打クラブを打たせて頂きました。
IMG_9986
ここ数年、ソフトステンレスにマレージング鋼の組み合わせで数々の飛び系アイアンをリリースされてきましたが、今回は拘りの現場主義本格派軟鉄鍛造アイアンです
ミッドサイズで大きからず小さがらず、小さくて当たる気しないとか、大きくて操作しにくそう等と思われる方のいないであろう、今時のトレンドな大きさです。
打たせて頂いて感じたのは、優しいとか難しいとかよりも、球が揃うと言う事。デフォルトなライ角なので自分にはアップライトなので持ち球のドローが強目にはなりましたが、大袈裟でもなんでもなく、同じ打ち出し方向から同じドロー回転で縦距離も大きくズレず、スカイトラックで打ったボールの着弾地点にボールが集まっておりました。僕レベルが打ってもですから、その良さは分かっていただけるのでは無いでしょうかプレッシャーの掛からない自分には丁度良いサイズ感からもリズムが良くなっていたのでしょう。
小さくないと....操作性が云々と良く耳にしますが、先日のZOZO チャンピオンをテレビで観ていても、トラブルショットの時くらいしか意図的に球を捩って打つプロはタイガー位で、多くの選手は持ち球を軸に直線的に攻めていた様に感じます。
IMG_9988
そんな事を考えるとベストなサイズ感に思います。フェースにもミーリングが施されていてS25鍛造の円やかな打感は、打つプレイヤーに心地良さを伝えてくれる筈です(^^)
バックフェースにウェイトが三箇所有りますので若干の重心距離の移動と、当店では多いカーボンシャフトを使用される際のヘッド加重にも助かりますね。
IMG_9987
ソール幅、ソール角もきちんと有り打ち込んでも払っても、どちらのタイプにもお使い頂ける軟鉄鍛造アイアンだと思います。
ただ、飛び系のアイアンはジャスティックさんのお箱なので別モデルのR-Premium Xアイアンが御座いますので、此方は飛びには拘っておりません。
IMG_9989
今回打たせて頂いた上の写真のシェイプより1ミリFPが大きくなるそうなので、5番アイアン25度・ピッチングウエッジ46度と言うロフト設定ですが1度から2度の間で調角(立てる方に)してあげても面白いかも知れませんね。従来のソフトステンレスの同社のアイアンも余裕で調角出来ましたが、折角の軟鉄鍛造アイアン の真骨頂ですから。
バックフェースのブリッジ(縁取り)もしっかり付いているので打感もボケず芯のシッカリしてるけど柔らかい打感が可能となります。
それによりトップブレードは少し厚くなりますが、打感を求めるとここはこのくらいの方がベストだと僕は思ってます。
現在、リハビリ中とかこつけて手抜きをするべくロッディオのPC FORGEDを使ってる自分ですが、いずれ戻るエースのってハリーテーラーもブレードかなり厚いですよね。慣れてしまうと厚い方がアライメント取りやすいと思うんですけど、好みの分かれる所ですかね。

当然、人気の出そうなアイアンですのでセットで試打を組みます。
今月半ば過ぎ迄、楽しみにお待ち下さい。このタイプのアイアンですから7番の試打だけして、その気になってセットで組んだものの5.6番が距離が変わらないなんて事になったら泣いても泣ききれませんからね。そこまで難易度の高いアイアンではないんですけど、昨今アイアンとUTの組み合わせの幅も多種多様ですから、無駄な番手は外したい方も当店のお客様は多いので、経費は掛かりますが売れ筋になるであろうアイアンは必ずセットで試打を用意しております。100を切るほどのゴルファーであれば、大抵のアイアンは数球打てばマッスルでもオーバースペックのシャフトでもそれなりに打ててしまうんです。でも数球打ってからですから、その気でコースに行くと数球ミスを繰り返してしまったり💦
なので、僕も頑張って試打を沢山組みますので^_−☆
皆様、宜しくお願い致します