コンポジットテクノさんより、今時のアイアンシャフトが発売されました♪

早速、試打クラブをセットで作成❗️経費掛かりますが💦良さげな物は必ずセットで試さないと、、、7番の試打だけだと、大抵の方は数発打てば何となく合わせて打ててしまいます。
が、ロングアイアンの挙動やストロング化されて来ている最近のアイアンの個々の限界点を知ってもらう為にも、ヘッドで言えば各番手の見え方や繋がりがどうなのか?見て・触って・打ってもらいたいんです。

そんなシャフトは、、、

【FireExpressDGL 65】

IMG_4752
65と聞くとアンダースペック過ぎ無いのか?
良く、プロや上級者がクラブは軽くすると手打ちになるからダメって言うけど?と思いますよね。

僕も、少し前まではそう考えていた1人です。
でもね、、自分が故障と老化(笑)が進むにつれて、そして実際軽めのカーボンシャフトをアイアンに入れて試してみたりして気付いたんですけど、出来る人には出来ない人の辛さや苦しみが分からない部分が出てきてしまうのでは?という事。
確かに、軽くてヒョイっと手で上げてしまったら良く無いのかと思います、でもその部分を十分理解して気をつけて使ってあげたら、軽くても手で上げなくなるし『振る』と言う作業はクラブを持っているのは手なのですから、、、ね❗️

でも、頑張れるなら重くて良いんです。そこを否定する事は全く無いですが、軽量シャフトを使った方が良いプレイヤーも、アマチュアの場合かなり数いらっしゃると言う事も否めません。
そもそも、プロやシングルクラスの毎週必ず数ラウンドしたり、レンジで日々打ち込める環境と同じであれば良いと思いますが、仕事を持たれていてお勤めされてる方は中々そうはいかないですから維持していきにくいのでは無いでしょうか?
考え方、プレイヤーのクラブの使い方もそれぞれですから、個人的にはアスリートも使えそうなこの様なシャフトって楽しみでなりません。

昨日組んで帰ってきたので軽く素振りしかしてませんが、DGLの名前を継承してるので当然しっかり感を出しつつ、中間部から穏やかに撓るヘッドの挙動を掴みやすそうな感じです。

65と言ってもカット前で69gですので5番アイアンで380gにはなりますので、NS950位のスチールが少ししんどく感じてきた方が使うには丁度良いのかも知れませんね。
振った感じ重量聞いてなければ80g位のカーボンに感じます。

そんなシャフトをこのヘッドに❗️
シャフトをやさし目にしてヘッドはしっかり目❗️
そしてコスメも合わせて(^^)

【Harry Tayler BlackBoron】

以前FireExpress MSIの試打を組む時、シャフト見てるうちに黒いヘッドが欲しくなり作ったヘッドが訳あってヘッドだけになって入れたいシャフト待ち状態でしたので!
IMG_4751
一見マッスルバックにも見えなくも無いサイドにブリッジの無いデザインで、でもその実アンダーカットキャビティと言う夢の様なヘッドに👌
IMG_4753
シャフトコスメがFireExpressMSIと同じ黒とシルバーですがDGLはMSIのマットカラーに対してグロス仕上げの艶ありですね♪カッコいい❣️
試打クラブこそ格好良く無いと、、グリップもイオミックのX-Opus Black2.3の黒グレーで😉

今日、早目にお店に行って打ってみよ😁😁😁