千葉のK様からの、何とか使えるようにしてよとのオーダー

たまたま手にされたロッディオS-tuningに、飛ぶと話題のシャフトですが明らかにK様にはタイミングのとりにくいであろうシャフトが付いておりまして

そりゃあ、意図無く他人が作られたドライバーですから、何かの偶然❔たまたまが重ならない限り、何処か時分 合わせないと使いにくいと言うか使えないケースが多いですね

image


K様はカーボンハッチまで考えられていたようですが。そこまで経費をかけなくてもS-tuningの重量であれば充分調整幅が残されてるわけで、長すぎない長尺46.25インチからスタートです

以前のシャフトの装着されてた時の、飛び方や違和感を伺い、ご本人の振ったときの快感度も考慮してシャフトは

藤倉さんのジュエルライン、DIAMOND スピーダーに

image


コスメもブラックにIPで大人っぽく素敵ですね🎵

トルクを絞った設計なので硬いシャフトとイメージされてるショップさんやプレイヤーの先入観が有りそうですが硬さの締まりを巻き数ではなく素材で出しているので、数値から受けるような感じは皆無なんです。当店では、数値は参考程度で、使った結果を最優先と

image


引き取り試打の際、僕も打たせてもらいましたが重量から来る頼りなさも全く無く、インパクトの再現性の高さに正直ビックリ

K様も、スピン量以外は超ご満悦❗
スピン量は・・・

今少しインパクトから左に一気に突っ込まずヘッドをヘッド1つ分低く出せたら完璧に。
それでも、どうしてもの時は例のヘッドなら(笑)

K様、何時もありがとうございます🎉✨😆✨🎊