アイアン~ドライバーとお世話になり、今回はUTのオーダーをしてくださいましたK様

身体の故障で、一時ゴルフから離脱されてたのですが、再開を期に現状の自身の状態を受入れ、完全リセットを
今僕が向かおうとしているのも正しく

チョイスしたのは

image


バルドさんの568UT🎵

低いところからコンタクトしていく方には

そして、ドライバーとアイアンの流れから!通常のUTシャフトのチップ剛性よりむしろ、FW用の方がメリットのある場合も

image


特に、このザフィーロFWは!この辺りのゾーンを求められる方には

メーカーさんにお手数お掛けしましたが、同スペックの中からあえて公差の上下の物を送ってもらい、チップカットしてもフローの崩れないように

ヘッド側でも、ウェイトを交換してますが意図的にボールの飛び方を考慮して若干重心ー異なるようにしてあります

image




お渡しした日は、大風で練習場がクローズで打てず。
そのモヤモヤから翌日お一人様予約でラウンドに

で、いきなりのサラッとシーズンベスト

しかも、どちらも30台での真の70台です

素晴らしいですね
少しはお役に立てたようで安心しました

でも、今回のK様の場合、一番はご自身がご自身の身体の変化を受け入れられ、それまで感覚(スウィングに対してもクラブにしても)を1度ゼロリセットされて向かい合われたからに他ならないのかと思います

どうしても、プロが使いそうな武骨なややハードルの高いものが格好良いと使われて、そこに目が慣れてしまい、オーソドックスな自分にプラスになりそうなものをブスいと感じられ拒絶してしまい上達の遠回りになられている方が多いと常々フィッティングを通して感じます

無論、そのようなクラブは素晴らしいクラブですし、使われる方によってはそれが優しいクラブになるわけですけど❗

K様、シーズンベストおめでとうございます

更に上と安定を目指して切磋琢磨ですね

何時もありがとうございますm(_ _)m