タイトルにある様に、ラウンド頑張ってますが(笑)
どんどん身体が言うことを聞いてくれないのですが、ここまで来ると...それなりにクラブに関するフィードバックは(仕事ですから)しっかり感じることが出来るものですね
むしろ、簡単なクラブの良さが際立って感じたりで面白かったりもします

先週に引き続きのセッティングでしたので、ある部分重複しますが、一度使っただけでは確信に至らなかった部分も確固たる物になってきます

そんなセッティングが、こちら↓
IMG_2982
ドライバーの出来の良さは周知の事実ですかね
先日もKEN HORIO GOLF ACCDEMYの齋藤プロがご来店され、その曲がらなさに驚き‼️
コンパクトなスウィングでサラッと打って数発目にはこの数値
自分は新規に購入組んだ8.8度がツボで!昨日も今の体の状態で普段元気な時でも中々行かない青年のフェアウェイまで飛んでくれたり\(^o^)/
IMG_2985
そして、齋藤プロの..この笑顔
こんな笑顔見せられたら......
齋藤プロの周りの方にも味わってもらおうと僕はスペックですがお持ち頂きました!
プロの周りで流行っちゃう事と\(^o^)/

だって見てください、目が見えなくなるくらいの笑顔でしょ
齋藤プロ.....スマンε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘
(ご本人も自虐ネタに使われてるので許してくれるはずです(笑)

そして、前回自分用に組んだ訳では無いのですが、左肩が余りにも辛いので、フィールドテストを兼ねて持ち出したこのアイアンが、ヤバイんですよ
IMG_2830
ロマロTYPE-R L.L.TにATTAS FFアイアン75
IMG_2831

打たれたお客様も皆さん口を揃えて仰るのが『軽いから振りやすいのは当たり前だけど、実際軽いのにスウィング中フワフワした頼りない軽さは微塵も無い。80から90グラム台に感じるね。それに本当にR相当で組んだの?全然コレでいいんだけど』と
コレって、実際僕が現場で使っても同じ感想なんです
このシャフト、特にもっと上の重い重量帯とかだとメーカー推奨の数値上のトリミングの仕方だとカーボンにしたのに逆に苦労される方も出て来るかもしれませんね
その辺りは専門の僕らの様な立ち位置の人間に良く自身のスウィングをする理解してもらった上で相談すれば、コスパも最高に良いし。本当に切り返しの間も取りやすく振り切りやすい良いシャフトです
で、この組み合わせのアイアン
ヘッドとシャフトの相乗効果もあるのかな❓兎に角普段からL型カップフェース高反発アイアンのCP-1を使ってる僕ですが、今日も後半身体が動く様になってから幾度もグリーンをオーバー
グリーン外して悔しいとか通り過ぎて驚きですよ
同伴者も『はぁ???』と驚きの様子ですから
普段から35.75インチのピッチングで62度で使ってる僕には超角が元々アップライト設計で、曲げ幅も何時もの数倍の体力で曲げて1度と言った所ですので、つま先上がりがヒールからダブっちゃう(T . T)少し打ち方慣れていけば良さそうですが。それと普段、今の僕のヘッドスピード位だと中々ガッツリフライヤーしないのですが、フェースの反発もそうですが、ソールの当たりと抜けが良いんでしょうね
スーッとフライヤー掛かるんです
嬉しい誤算だったりしてますが。今少し手を入れて検証したくなってきました(笑)仕事ですけど個人的にやらずにいられない病気です

と.....色々ありスコアに結び付かないラウンドでは有りましたが、発見と気付きは沢山

皆様も、飽きずにお付き合い下さいませ