2008年01月01日

100切りまでの道のり 〜ゴルフクラブ〜

私自身、ゴルフクラブのことは、まったくといっていいほどわかりませんでした。そういった中、友人に借りて始めたゴルフ、始めて使用したクラブはミズノのダイナミック80!!シャフトもダイナミックゴールドで重たい重たい。

ダイナミック80

マッスルバックアイアンとの出会いでした!!




これがなんといっても難しい!なかなかスイートスポットに当てることができずに、ボールが上がらない。距離もでない。試行錯誤しながらようやく打てるようになってきました。


ダイナミック80を使用しての私の距離感の基準は・・・
3I・・・コースで一度も使用しませんでした
4I・・・コースで一度も使用しませんでした
5I・・・175〜180ヤード
6I・・・160〜165ヤード
7I・・・150〜155ヤード
8I・・・130〜135ヤード
9I・・・120〜125ヤード


当時は、クラブなんて何を使用しても変わらないだろうと思いながら練習してました。100を切るようになり、ここで自分へのご褒美ということで友人から難しい、難しいと言われ続けたアイアンを変えることにしました!!


ミズノで育ってきた私としましては、ミズノでいこうと思いまして・・・

JPX-E500チタンアイアンスチールS



JPX-E500フォージドアイアンスチールS



MP-57アイアンNS-PRO950GH-Sを試しました。




始めて他のアイアンを使用してわかったことがあります。
“距離の違い(ちなみに、私のスイングスピードは正確には忘れてしまいましたが、平均よりは早いといわれます。)

・JPX-E500チタンアイアン   7I使用・・・飛距離175〜180ヤード

・JPX-E500フォージドアイアン 7I使用・・・飛距離170〜175ヤード

・MP-57アイアンNS-PRO950GH-S 7I使用・・・飛距離160ヤード前後

▲好ぁ璽肇好櫂奪箸旅さの違い

・JPX-E500チタンアイアン   7I使用
多少のあたり損ないでもしっかりあがる

・JPX-E500フォージドアイアン 7I使用
多少のあたり損ないでもしっかりあがる

・MP-57アイアンNS-PRO950GH-S 7I使用
しっかりあてないとあがらないが、マッスルバックよりもあがりそうなイメージで構えられる 

ボールへのくいつき(気持ちよさ)

・JPX-E500チタンアイアン   7I使用
ボールがすぐに反発してクラブにのっている(かんでいる)時間が短いため、自分で打っている感覚が少ない。

・JPX-E500フォージドアイアン 7I使用
比較的ボールがすぐに反発してクラブにのっている(かんでいる)時間が短いが、チタンの後に打つと自分で打っている感覚が残る

・MP-57アイアンNS-PRO950GH-S 7I使用
ボールがしっかりとクラブにのっている(かんでいる)時間を感じられるため、自分で打っている気持ち良さが残る。MP-37やMP-67といった完全なマッスルバックは、難しいかと思い使用しなかったが、MP-57も見劣りしないくらいいいものだと感じました。

私の印象としましては・・・

・JPX-E500チタンアイアン
初めのうちからこういったものを使用していれば、ゴルフに入り口としては、すぐに楽しくとばせただろうと感じます。ゆったりスイングしても飛ばしたい人にオススメなのかなと思います。

・JPX-E500フォージドアイアン
こちらもゆったりスイングしながらも、打感を大切にしたい人にオススメなのかなと思います。

・MP-57アイアンNS-PRO950GH-S
MP-57







結局私が選んだものは、MP-57です。決めてとなったのは打感でした。ボールにあたったときのくらいつきの気持ちよさ、将来このクラブで慣れた時のコントロール性。飛距離も充分足りている。距離別にアイアン選定がしやすそう(PW〜4I)。などなど、自分の80切りという目標のために、一番使用しやすいと考えて選びました。



クラブ選びは楽しいですね!!今年は、90を切ってドライバーを選びたいなー!!




golfchallenge80 at 14:00│Comments(0)TrackBack(0)clip!ミズノゴルフ 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile