2017年05月

★ バシレウス δ(デルタ) ★

 こんにちわ 

先日、発表の試打会があって 

 おやっさん 

所用があり、残念ながら試打することが出来なかった 

トライファス社の新製品 

バシレウスδ(デルタ)
   

img_7_m[1]


担当の営業の方が全てのスペックの

DEMO Shaftを持って来てくれました 

         
20170531_122522


いつもですが、性能+コスメにも拘るバシレウス 

今回のコスメもカッコいい! 

8508_1[1]


マットブラックに黄色に近い鮮やかな 

デザインの組み合わせ

こりゃ~目立つこと間違いなし 

このバシレウスδ、剛性の分布を判り易く示す

お馴染みのABマップに落とし込むと

右下に位置するDゾーンのD-Typeシャフト

img_9_m[1]


当店ではバシレウスでもα・β・Zの高級素材を使用した

所謂、プレミアムゾーンのシャフトが人気ですが

今回のバシレウスδは初めてD-Typeに属する

 プレミアムシャフト 

img_8_m[1]



手元側を軟らかくすることで

トップからダウンスイングの切り替えしの時

飛ばす為のタメが出来て撓り感を感じることが出来る 

しかもこのシャフト、全長にボロンを配したことで 

粘り感がありインパクト時にボールをフェイスに乗せ

大人しく押してくれる感じがある 

バシレウスZと同じような落ち着きあるシャフトだ 

先端部は少し硬めで少な目のトルクと相まって 

リストワークを使ってフェイスローテーションさせても

捕まり過ぎず、左に行きづらい 

テクニックのあるパワーヒッターに合いそうなシャフト 

スペックバリエーションもいつも通り豊富 

img_10_m[1]



いろんなポテンシャルのゴルファーに合わせられます 

シャフトの撓り感を感じ、叩けるシャフト 

 おやっさん 

打ってみて今年、一押しのシャフトです 

発売は6月中旬ぐらいかな 

当店も試打クラブを充実させます 

試打クラブが出来たら改めてご紹介しますね 

 お楽しみに 




★ ザ・ロイヤルゴルフクラブ Part2 ★

 こんにちわ 

今日は昨日に続き 

先週、ラウンドした

ザ・ロイヤルゴルフクラブについてのPart2です 

昨日、ご紹介した

素晴らしいクラブハウスと練習環境に

ウキウキしながら 

いよいよスタート 

今回、お誘い頂いたのは 

おやっさん所で初心者の時から来て頂き 

クラブを購入し、そしてお住まいのある群馬から 

度々、練習にも来てくれていて 

練習に来てくれるお客様の中で一番進化している 

 Dr.K様 

そのお友達ではやり医療関係にお勤めのお二人 

皆、素敵なゴルファー 

この日のグリーンコンディション

グリーンコンディション


固めで少しスピードが出ていないみたい・・・ 

でも実際は10フィートぐらい出てたかも・・・

そして先ずは1番ホールのティーグランドで記念写真 
         

仲間


先ず1番ホールに来て驚いたのはティーグランド

何と!ティーボックスが6箇所もある 

img_hole01[1]

1番後ろだと全長8143y 

気持悪くなりそう 

我々は楽しくやる為に6662yのティーグランドにした 

コース全体は古い名門コースのような

大きな松の木でセパレートされているわけでは無くて 

広々した印象 

広いコース

しかしホールを重ねる度に憎らしいほどいい所に

バンカーや池が配置されていて 
    
こー自然棒

打って行くルートがティーグランドで考えられる 

コースマネージメントの必要なレイアウト 

真っ白いバンカーの砂

バンカー

綺麗な池

池

上手く配置された木

木

まるでフロリダ辺りの高級リゾートコースみたい・・・

楽しく素晴らしいコースを堪能しながら

あっという間にフロントナインが終了 

ランチメニューも豊富にあったけど

何故か?4人とも同じ物 

釜上げしらす丼

ランチ

フロントナインの反省、コースの素晴らしさを語りながら

食べた「しらす丼」美味かったぁ~ 

バックナインに入って

 おやっさん 

なんか珍しく、アイアンがキレッキレ!

 2バーディー

フロントナインを含め3バーディー 

そして順調にホールが進み、終盤にんった

16番のロングホール 

フルバックのティーグランドを見たら 

何と!705y  Par5の表示 

705y

長年、ゴルフをやっていて600y台のPar5は見たけど

700y台は初めて 

記念に皆でパチリ 

ビックリ16番

我々のティーグランドでも584yでやりがいがありました 

そして続く17番ホール 

ビーチバンカーがあって201yのアゲンスト 

img_hole17[1]
この日一番綺麗で難しいホール 

img_hole17_02[1]

 おやっさん 

見事にビーチバンカーの罠にハマリ 

一か八かのウォーターショット 

ピン方向には打てなかったが、5mにナイスオン 

いろんなことをやらせてくれるコースです 

最終ホールをなごり惜しみながらホールアウト 

帰り際、コースの支配人らしき人と話すと 

このコースのオーナーが欧米のコースの良い所

そして日本の「おもてなし」を組合せたコースにしたい!

・・・というコンセプトとのこと 

確かに従業員の対応を含め

非の打ち所の無い 

素晴らしい名コースでした

正に「世界基準」

loo_red[1]

ホールアウト後、思い出にクラブハウス前で記念写真 

最後

大満足のゴルフでした!

やっぱり素晴らしい仲間そして素晴らしいコース 

本当にゴルフって楽しいですね 



















★ ザ・ロイヤルゴルフクラブ Part 1 ★

 こんにちわ 


 先週の土曜日 

おやっさん

久し振りにお休みを頂き 

 ザ・ロイヤルゴルフクラブ 
      

loo_red[1]


行って来ました 

久し振りに感動したコース 

今回のブログは長くなりそうです

昔、ロイヤルオーシャンという名前のコースらしく

経営が変わり、大改造したコースらしい 

古い名門コースの佇まいが好きなおやっさん 

新しいコースでネーミングからして

正直、あまり期待してませんでした 

しかしコースに近づきクラブハウスへのアプローチに入ると

椰子の木に囲まれた趣のある道 

アポローチ


クラブハウスは華美過ぎず、立派な佇まい 

正面


社員教育を受けた素晴らしいポーターさんの出迎え 

クラブハウスに入るとセンスの良い上品なロビー 

ロビー


途中に素敵な写真 

ロビーフォト


近づいてよく見ると 

フォト


おやっさんの大好きな写真家で先日、お知り合いになれた 

20170303_142833


 写真家 

Profile002[1]


宮本卓さんが撮ったこのコースの写真 

卓さん


 最高 

先ずはいつも通りのルーティーン 

レストランでコーヒータイム 

奥を見ると最近、少なくなったコースが見渡せる 

バーカウンターとゆったりしたシート 

バーカウンター


バーカウンター後ろ


ラウンド後に一杯やりたいものです 

レストランから見渡すコースは広々ゆったり 

クラブハウスより


コーヒーを飲み干し練習場へ 

クラブハウス前のドでかい、パッティンググリーンを横目に 

20170527_083007


 アメリカのコースのような案内看板に従って 

20170527_082958


朝の清清しい空気を吸いながら少し歩くと 

小さなクラブハウスのような練習場の小屋 

20170527_080919


愛想の良いお姉さんに打席に通され 

置いてくれたボールは何と

 Titleist V1のNew Ball

20170527_075742


いつもより大目に練習しちゃいました

他にもアプローチ練習場や

20170527_083144


パッティンググリーンも豊富にあって

20170527_075503


おやっさんの知る限りでは日本で今まで 

最高の練習環境 

まだスタート前でこんなに興奮気味 

いよいよスタートですが、続きは次回

 もう少しお付き合い下さい 



















三浦技研 CB-2008 Iron・MG-S01 Wedge 止まらぬ快進撃 !

 こんにちわ 

このところアイアンを探しに来たお客様から

三浦技研

16142957_10154504078783999_4385919948458785933_n[1]


 CB-2008 Iron 
     

facebook_1487722137747


 MG-S01 Wedge 
     

l_photo08[1]


注文が止まりません

どちらも共通するのが、フィッティングしていて 

顔の良さと打感の軟らかさ 

明らかにその良さが実感出来て

直ぐに虜になっちゃう 

これはやっぱり三浦技研の伝統と素材への拘りのお陰 

CB-2008 Ironはポケットキャビティーにする為に

他社と異なる割り方をして硬いフェイス素材ではなくて 

拘りの軟らかい素材との複合にしてある 
     

1[3]


そしてMG-S01 Wedgeは兎に角、素材に拘り 

不純物が含まれてない「純鉄」を素材に使用して
     

2016-mgs01-01[1]


抜けの良いソール形状に工夫されている 
    

l_photo10[1]


最高のマッチングとなるアイアンセット 

現在、CB-2008 Ironはメーカー在庫が追い付かない状況 

ご迷惑をお掛けしているお客様

 申し訳ございません 

昨日、三浦技研の営業の方と話したところによると

間もなく潤沢に在庫が出来る状態になるそうです 

皆さんも試しに打ちに来て下さいね 

虜になっちゃうかも・・・






★ MODART Wedge ★

 こんにちわ 

GWボケから脱出

お客様の来店が増え始め 

忙しくてブログUPも久し振り 

先日、新たに凄いWedgeのDEMO CLUBが届きました 
       

20170523_123258

logo_cr[1]


栃木の地クラブメーカーでMODARTの由来は 

h1[1]


MODEL+ARTの造語 

ARTというだけあってバックフェイスのデザインが芸術的 

20170523_123452


普通の鍛造製法では不可能な細かさ 

何故、こんなことが可能か?・・・というと 

ヘッド全体を軟鉄の塊からCNCという機械加工によって

削り出されているのです 

img_1[1]


バックフェイスのデザインだけでは無く

ヘッド全体のプロファイルも美しく 

涙の雫のようなティアドロップ型 


20170523_124035


ウェッジに求められる構えた時に手のように 

自由に操れるイメージが出る 

楽しくて届いてすぐにたくさん打っちゃいました 

特にフェイスを開いて構え易い形状

打ってみると打感の軟らかさにビックリ 

素材に余分な圧力や熱を加えて無いからこその打感 

そして何と言ってもインパクト時の抜けの良さ 

これは絶妙に丸めたキャンバーソール形状のなせる技 

CNC加工の跡も見えますね 

20170523_123534


流石!Made in JAPAN!

おやっさんも使いたくなるWedgeです 

皆さんも試しに来て下さいね 

余談ですが・・・ 

今朝の「スポーツ報知」にカムイドライバーの

おやっさんインプレッションが掲載されました 

20170523_100519






★ 期待のロマロ Ray New Type-R UT・Iron 到着! ★

 こんにちわ

今年、三月に開催された

 日本ゴルフウェア 

その時、発表されて何度かご紹介した

ロマロの新製品で期待の

 ロマロ Ray New Type-R

待ちに待った

Iron(#7I)とUT(各番手)のDEMO HEAD 

本日、到着しました
        

ロマロ


UTのソールには赤いラインが入ってお洒落

先ずはIron、ロマロらしいスッキリしたシャープな形状
     

iron


それでいてポケットキャビティー設計になっていて

幅広いゴルファーに喜んで貰えそう

前作と大きく異なるのはフェイス素材

今回は打感と飛びにも拘って

鍛造のチタン素材 

それをステンレスボディーに複合するとは凄い技術

そしてUT
     

UT


ロマロのType-Rと言えばこれ

ステンレスボディーとカップ形状となったチタンフェイスとの

複合で抜群の弾き感が得られて

購入して貰ったお客様にも大好評だった

前作と同じ設計

そして今回はソール部のウェイトビスによる

重量調整も可能にしてくれた

前作の良い所を継承しながらの進化

 素晴らしい

近々試打クラブを作成するので

また詳しくインプレッションしますね

 おやっさん

 ワクワクです



★ クラブ設計家、竹林隆光氏 ! ★

先日

スポーツ報知の試打インプレッションの取材を

受けた記事が、今朝の新聞に掲載されました
            

20170516_101109


おやっさんのスイングが上の方に小さく載ってます

今回の取材はフォーティーンのDJ-33 Wedge

imgrc0072060245[1]


素晴らしいWedgeでしたが

当店では扱ってない商品なので

詳しいご紹介はしません・・・

今日、紹介したいのは、このフィーティーンという

ブランドの創業者

竹林隆光さん

side_img3[1] (2)


プレーヤーとして日本オープンのベストアマに

なったぐらいの腕の持ち主

そしてクラブ設計家として

今や常識となった重心理論を確立した!

・・・と言っても良いぐらいの方

この時代、おやっさんの勤めていたアメリカのクラブメーカー

何社かのクラブ開発者に重心理論を説明しても

全く理解されない時代でした

今、思うとゴルフクラブの設計理論は完全に

日本の方がアメリカより先に行っていたと思います

あるメーカーに転職した時などクラブ開発において

日本では常識となっていた重心理論を

その開発のトップだった奴に話してはならない!・・・とまで

アメリカ本社の開発に所属していた日本人スタッフに

言われたこともあります

何故ならその開発のトップに居たアメリカ人が

重心理論を知らず日本人如きが、そんなことを言うと

出る杭を打たれる!・・・とまで言われたことを思い出します

おやっさんもクラブ開発に携わったかけ出しの頃

いろいろアドバイスを頂きながら

重心理論を勉強させて貰った恩師のような存在

良く群馬にあるフォーティーンのオフィスにお邪魔して

一緒にゴルフをしたり杯を交わしたりしたものです

温厚で優しい話し方そしてジェントルマン

ステディーなゴルフをする素敵なゴルファーであり

素晴らしい理論家のクラブデザイナーでした・・・

その竹林さんは2013年の12月に64歳という若さで

他界・・・

今回、竹林さんの意思を継承した

フォーティーンのウェッジを打ちながら

竹林さんの姿を思い出しました

もっといろんなゴルフの話をしたかったです・・・

 合掌 




★ PXG 0811 LX Driver、何故?ロースピンなのか? ★

先日、お伝えした

 PXG 0811 LX Driver

0811_LX_PXG_Driver[1]


 おやっさん

試打の結果、前作モデルより

打ち出し角が適正に低めになって

ロースピンで飛距離UPした

要因をお伝えします

まず打ち出し角ですが、見た目もヘッド形状や

クラウン部にカーボンを複合して

低重心化されたことを考えると

より高い打ち出し角になると想像出来るが

予想に反して打出し角が低くなって適性になったのは

ヘッド重量の差だと思われます

・・・と言うのは前作のモデルのヘッド重量は

200g前後と重く、今回のモデルは190g前後と

かなり軽くなりました

今回、試打したシャフトが60g台でクラブとして45.75"に

なるスペックなので前作のヘッドでは約D6と重いバランス

それが今回の軽いヘッドでは約D2と軽くなった

バランスが軽くなったことで

インパクト時のシャフトの撓り度合いが少なくなったことが

要因の一つだと思われます

ご存知の通りシャフトはインパクトの瞬間

お借りした、下の写真のように(すみません・・・)

a362d6037105ea8e69ae6ed3f15d9516[1]


フェイスが上に向く方向に撓ります

当然、ヘッド重量が重く、バランスも重い方が

同じシャフトなら大きく撓って

フェイスが上を向き、インパクトロフトが大きくなって

打出し角も高くなります

今回の0811LXの方がバランスが軽かった分

打出し角が低くなったと思います

そしてスピン量の軽減の要因ですが

これは低重心化されたヘッド設計が貢献していると思います

ヘッド上部(クラウン部)にカーボンシートを複合し

ヘッド内部のソール部にTPEというエラストマー樹脂を着けたことで

PXG-0811LX-Driver-cutout[1]


低重心になりインパクト時のギア効果によって

ロースピン化したと考えられます

難しいことを言いましたが

皆様がこのドライバーによって

適正な打出し角と適正なスピン量になれば

きっと飛距離UPに繋がります

勿論、ヘッドスピードやスイングタイプによって

合う、合わないはあります

先ずは試して下さい

 お待ちしてます



★ PXG 0811LX Driver !打ってみました! ★

先日、ご紹介した 
        

PXG-Logo[1]

New Model、0811 X Series が加わり 

New PXG

Driverも3タイプになりました 
      
PXG-Drivers-club-listing[1]

その中でおやっさんが選んだのは 

 0811 LX Driver 
   
0811_LX_PXG_Driver[1]

前作(右)に比べてクラウン部が極端に低く 
        
20170511_124246

構えると地面に張り付くようなFWのように感じ 

実に易しく感じられ、全くストレス無く 

アドレス出来る 

このような形状のヘッドだとき気になるのが

打ち出し角とスピン量 

このようなヘッド形状のモデルの大体が 

打ち出し角が高くなり

スピン量が増えるので弾道が吹け上がるような 

無駄に高い弾道となってしまい 

ハードヒッターやおやっさんのように普段から

弾道が高いゴルファーには向かない・・・

 おやっさん 

ハードヒッターでは無いけど 

そんなことからシャロー系のヘッドより

ディープ系のヘッドを好むタイプ 

driver-yamazaki-02[1]

そんな不安を持ちながら試打 

あれ 

前作、0811 Driverに比べ

打ち出し角が1度ほど低くて 

スピン量も200rpmほど少ない 

元、開発をやっていた 

 おやっさん 

いろいろ考えて出た結論 

説明すると長くなるので次回にします 

一つ言えることは前作より数ヤード

飛距離が伸びた! 

・・・ってことです 

 次回をお楽しみに 








★ PXG New Driver 0811X Series 登場! ★

こんにちは

PXGでは新製品として

0811Xと0811LXの2種類のNew Driverを発売しました

これで前モデルの0811 Driver(右)に加え

0811Xと0811LXの2機種が発売になり

3アイテムが揃いました

               
PXG-Drivers-options[1]


 おやっさん

先日、試打をさせて貰い選んだのは 

 PXG 0811LX Driver 

0811_LX_PXG_Driver[1]


昨日

待ちに待った!

DEMO Headが届きました 
      


20170511_123729


この811LX Driver

前モデルの0811 Driver(右)に比べると

20170511_124028


上から見るとバックフェイス側に大きく伸びている

そして正面から見ると

前モデル(右)に比べてかなりシャローフェイスで

クラウン部も低くなったのが判る

20170511_124246


見た目のプロファイルが大きく変わり

易しげなモデルに感じる

またな中身も大きく変わり

前モデルがフルチタンだったのに対して

この新しいモデルはクラウン部にカーボン素材を複合

ヘッド上部の軽量化を図り

PXG-0811LX-Driver-cutout[1]


余重量が出た分をヘッド内部のソール側にPXG Ironの

中にも注入されているTPEと言うエラストマー樹脂を

IMG_7694[1]


このように配置して

XCOLLECTION-1-5[1]


低重心化そして手応えのある打感を実現してます

実に凝った設計です

近々、おやっさんも時間を見つけて

じっくり打ってみるのでインプレッションをお楽しみに

皆さんにもいつでも打って頂けますよ 

 お待ちしてます 










★注文殺到!三浦技研 MG-S01 Wedge!★

 こんにちわ 

GW明け、まだエンジンが掛かりませんねぇ~ 

そんな中、GW中そして昨日 

三浦技研の純鉄ウェッジ

 MG-S01 Wedge 
        

2016-mgs01-01[1]


注文が相次いでありました 

昨日、注文を頂いたのは 

おやっさんがこの店で働き始めた頃からのM様という

 常連様 

一時期、お仕事が忙しく 

あまりゴルフが出来なかったようですが 

最近、レッスンにも足繁く通い始め 

 やる気満々 

いろいろと新しいクラブに換えたいのがあるようで

今回はWedge

お薦めのウェッジの中からオーソドクスな形状で構え易く 

l_photo09[1]


打感が軟らかく 

自分の打ちたい距離を出せる!・・・ということで

50°と56°をお選びになりました 

このところ試打したお客様のほぼ全員が購入して貰っている 

 MG-S01 Wedge 
        

l_photo01[1]


惚れ惚れする打感を体感しに来て下さい 

 お待ちしてます 







★ 良さげです!J-BEAM ZY-11 Driver+AAAシャフト! ★

 こんにちわ

晴天続きだったGWも今日で終わり

相変わらず皆さん、ラウンドや家族サービスなのか

来店者も少なく

 おやっさん

店で暇してるので

シミュレーターをいつものモードから

ラウンドソフトの「VISION」に替えて

シミュレーションラウンド

ドライバーを今年のエースになると思われる

先日、作ったばかりのヘッドモデルが

J-BEAM ZY-11

yamazaki-main-01[1]


このZY-11 モデルはドラコンチャンピオンにもなったことのある

J-BEAMと山崎泰宏プロとの協同開発モデル

ヘッド形状はオーソドクスな円型

driver-yamazaki-03[1]


とても安定感があって構え易い

一番の特徴はフェイス高

driver-yamazaki-02[1]


ご覧の通りかなりのディープフェイス

普段から厚めにヒットして

高打ち出し角+低スピンのボールを好む

おやっさんにはピッタリの設計

シャフトは去年のエースシャフト

バシレウスαをベースとした限定シャフト

2017 AAA
     

basileus-aaa-2017-shaft-tsg-new[1]


歳も歳だし今年はスペックダウン

50g台のS-Flexにしてみました

スペックダウンとは言っても素材・設計によって

しっかりしている

程よい撓り感に加え

先端部が余計な動きをしないので

軽くなった分、速く振れてヘッドスピードが上がり

方向性も良くシミュレーター上

ドライバーのデータがいつもより格段にUP

スコアもコースではありえない好スコア(-5)でした

飛距離UPを目指すお客様で普段

ボールが吹け上がって飛距離を損している方

この組み合わせはお薦めです

限定シャフトなので在庫も残り僅か

興味のある方は早めにご連絡を・・・ 

 お待ちしてます 








★ Driverだけじゃない!カムイゴルフ 高性能FW! ★

 こんにちわ 

みなさん

おやっさんもGWで休んで居ると思ってません 

昨日、今日と来店者も少なく、電話も少ない・・・ 

まぁ~こんなに天気が良くちゃ 

家族サービスしたりラウンドしに行ったり

忙しいっすよね 

 おやっさん 

暇なので今日は、カムイゴルフの新製品 

TP-XFのFW(フェアウェイ)を紹介します 
      

tpxf_long[1]


tpxf_logo[1]


実は、このモデル、だいぶ前に発売されていました 

 しかし 

あまりにもの人気でメーカーの生産が追い付かず

欠品状態が続いてました 

確認こそしてないけど、そろそろ迷惑を掛けない頃 

・・・かと思い紹介します 

元々ウッド系には評判のカムイゴルフ 

logo[1]


TP-07・TP-09 Driverに続き 

今回のFWも素晴らしい出来栄え 
          

tpxf_head_all[1]


パーシモンライクの美しいヘッド形状 

そしてFWに求められる

アドレス時に安心感を実現する為のシャローフェイス設計

ボールにピッタリ!コンタクトし易そうなリーディングエッジ

FWに不可欠な条件を全て満足させている形状となっている

素材は番手によってことなっていて

#3W・#4Wがチタンボディー 

そしてフェイスには日本の素材メーカー 

大同特殊鋼から供給される高強度

DAT55Gをカップフェイス形状に複合

反発エリアを拡大

ヘッド容積が小さい#5W・#7Wにはステンレスボディーの加え

薄くして軽量化しても強度に耐えられる

USAの素材メーカー 

カーペンター社の455マレージングステンレスを複合

素材、フェイスの肉厚によって軽量化された

ヘッドの余重量を利用してヘッド内部(ソール)に比重の重い

タングステンを装着することで低重心化と実現 

tpxf_tang[1]


高弾道にしてピンをデッドに狙えるFWとなっている 

ヘッドスペックはこれ

tpxf_cspec[1]


FWにおける全ての必要条件を兼ね備えた

tpxf_logo[1]


 おやっさん 

今年のエースになりそうです 

明日の定休日と明後日はお休みさせて頂きます 










★ 凄いぞ!ROMARO New Type-R Series ! ★

 こんにちわ 

少し前のことですが、ロマロゴルフの当店担当 

いつも良くやってくれる営業のT君が 

ジャパンゴルフフェアの時に別会場にて発表された

今年の新製品 

 ROMARO Ray New Type-R 

20170502_121533

試打クラブを持って来てくれました 

今回はDriver・FW・UTそしてIron全てのモデルチェンジ 

当店でもこの前作

top_Type_R_2016[1]

とても好評価だったのでモデルチェンジは気になるところ 

このRay Type-Rのポジションは上級者に向けての

 Ray V Series 

top_V_2016[1]


そしてアベレージゴルファーに向けての 

 Ray α Series 

top_Alpha_2016[1]

の間、難し過ぎず!易しすぎず!

幅広いゴルファーをターゲットに開発されてます 

既に販売され始めたアイテムもありますが

Driverが最後になりそうですが、全てのアイテムがまだ揃って

発売になっていないのでロマロ自体のHPにも出ていません 

だけど 

 おやっさん 

試打の結果があまりにも良かったので 

無理を言って画像を入手 

一足お先にお見せします 

先ずはDriver

TypeR_DR_105_address

いい顔です

フェイス高もディープ過ぎず、シャロー過ぎず

少しインセットホーゼル設計で操作性が良さそう

TypeR_DR_105_face

FW

TypeR_FW_3_address

大好評だった前作と同素材、同設計!

惚れ惚れするいい顔

セミシャローフェイスで設計と相まって高強弾道 

TypeR_FW3_face

UT

TypeR_UT_21_address

癖の無いホーゼルからフェイスへの繋ぎ

実に構え易い 

FW同様、大好評だった前作と同素材、同設計!

ソールのラウンド形状がどんなライからも打てそう 

TypeR_UT_21_face

そしてIron

TypeR_IR_5_address

オーソドクスなネック形状 

ミッドサイズの大きさが安心感を与える

TypeR_IR_5_face

Ironはフェイス素材がTiに変わり、大きく進化 

どれを打っても高性能 

今年、期待の 

 ROMARO Ray New Type-R 

皆さんに打って貰えるDemo Clubが出来て

ヘッドの情報がもう少し集まったら

アイテム毎にもっと詳しくお伝えしますね 

 お楽しみに 












★今年のCBはアロハスタンダードで決まり!! ★

 こんにちわ 

明日から5日間の連休かな 

先日、アロハスタンダードの新製品 

紹介したけど 

おやっさんもこの新製品で今年は決まり 
        

20170502_121109


 アロハスタンダード 
      

o034503791312608218266[1]


今日はこの新製品「ASCB-301」について

詳しくご紹介します 

カラーはおやっさんが選んだブルーの他、3色展開 
        

ASCB-301


どれも爽やかなワイハを感じます 

スタンド付き

003[1]


このスタンドは簡単に収納可能

009[1]


スタンドを収納するとスマートでカートにも乗せ易い

004[1]


そして口枠の部分

012[1]


広めで使い易い9型の口枠で5分割の仕切り

しかも持ち運びし易いハンドル付き


このハンドル、何気に便利っす 

そしてスマホなど傷つかないように工夫されたポケット

010[1]

大きなフロントポケット下にもハンドル付き

014[1]

車のトランクに入れる時に効果絶大 

これでもか!・・・という機能満載 

デザインはいつもながらワイハをイメージした

ハワイアンキルト柄やハワイの草木をモチーフにした

素敵なデザイン

013[1]

ゴルフ場で目立つこと受け合い 

最後は重量

何と9型にして

 3.0kg 

超軽量

最後は値段の超軽量 

 ¥32,000 

カッコ良くて使い易くて

他のゴルファーがあまり持っていない 

 おやっさん 

チョ~~~~お薦めです 

店頭に見に来てね 

20170419_101916












★ 三浦技研 New Wedge 到着! ★

 こんにちわ

早いもので今日からもう五月

GWでラウンドに行かれる方も多いと思います

そんな中、数日前、最近売れまくっている

三浦技研New WedgeのDemo Headが届きました
       

20170501_120649


 MG-M01

17[1]


特徴は一目瞭然

Wedgeには珍しいキャビティーバックデザイン

MG-M01+50+(1)

セミラージサイズのヘッド形状と

MG-M01+56+(5)


キャビティーバックデザインにすることで

20gもの余重量を実現

その余重量の分をキャビティー内部

バックフェイスのインパクトポイントの肉厚を厚くし

軟らかくて分厚いインパクトの打感を実現した

つまり少しのスイートエリアの拡大

そしてウェッジには不可欠な打感を

このデザインで両立した優れもの

構えた印象はグースの度合いも強過ぎず弱過ぎず
   
MG-M01+56+(2)

とても構え易い

もう一つの特徴はソール
     
20170501_120946

ご覧の通りロゴやロフトを示す刻印が一切無い

MG-M01+56+(4)
これは当店も加盟している


wedge_title[1]

だからこそ出来るソール形状をご自分の好みに合わせられる

wedge_img05[1]

カスタム対応をし易くする為 

至れり尽くせりです

自分の手のように扱うことの出来る

世界で自分だけのカスタムウェッジ

作ってみませんか 

GW明けにはDemo Clubを作ります 

皆さん、打ってみて自分だけの 

オリジナルウェッジを作ってみませんか 

ロフトバリエーションは

50°・52°・56°・58°の4種類
         
20170501_133116

PWからの繋ぎを考えてお選び下さい 

      













プロフィール

golfclubfittinggin...

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ