こんにちわ

今日は 

先日、詳しくご紹介した表題のアイアン

DEMO CLUBが届いて打ってみたので

おやっさんインプレッション

お伝えします

先ず

マックスソウル

マックスソウル


RA 11 Round Musle Iron

bn_ra11[1]


見た目はブレードのマッスルバックアイアン

ra11_03[1]



でも本当は中空構造

ra11structure[1]


構えた感じは実にシャープ

ra11_05[1]


普通、中空構造にするとトップブレードを

厚くせざるをえないので

ボテッとした感じななってしまう

しかし

このRA 11 Ironはトップブレードが薄くシャープ

本当に軟鉄鍛造のブレードアイアンと同じ

心配なのはもう一つ

打感

ステンレスのボディーに弾きは良いけど

硬めの素材

マレージング鋼を複合してあるので

軟鉄鍛造に比べ、硬くなってしまうこと思いきや

軟鉄と同じ・・・とは言えないが

決して硬過ぎなくて

心地良い打感

中空構造で重心位置が深く

しかも内部に比重の重いタングステンを配してあるので

低重心

弾道が高くなる重心位置なので

#7 Ironでロフトが32度とストロング設計だけど

楽に高い弾道となり飛距離も半番手ほど飛ぶ

おやっさんでも160yぐらい

ソールの形状もリーディングエッジ部が上手く研磨され

ra11_09[1]

抜群に抜けが良い

いい顔で打感が良く

そして高弾道で飛ぶ

このRA 11 Iron

おやっさんのような筋力の落ちて来た

顔に拘るゴルファーにピッタリ

おやっさん

マジで使いたくなりました

続いて

三浦技研

rogo[1]


MB 5005 Iron

8[1]


バックフェイスの中央部を凹ませて

5005



その分の余重量(15g)を理想の重心位置になるように

分散させた優れもの

構えた感じはマッスルバックアイアンのような

緊張感を感じさせないけど締まった風貌

l_photo04[1]



顔は三浦技研らしい美男子

l_photo03[1]

打ってみると普通のマッスルバックアイアンのような

ぶ厚いソリッドな打感

ミスヒットしてもブレードタイプのアイアンより

寛大でミスを軽減してくれる

ソール形状はラウンドの少ないフラットソール

l_photo05[1]



リーディングエッジもシャープなので

ダフリには寛大では無いが

キッチリヒットした時の抜けは抜群

コースでは綺麗なターフが取れそう

打っていても使いこなすのが楽しくなるような

アイアンっす

今回のDEMO CLUBには

最近、ツアーを席捲している

日本シャフト

RA 11 Ironにはモーダス3Tour 120のRフレックス

tour 120


MB 5005にはモーダス3 Tour 125

img62730057[1]


そしてグリップは大人気

ゴルフプライド CP2 Wrap

ccws[1]

装着しました

皆さん、打ちに来てね

今日は絵文字無しでスッキリ