こんにちわ

 先日 

大きな荷物を持ったお客様、O様が来店 

とても感じの良いジェントルマン

ご住所を書いて貰うと

何と浜松からのご来店

一緒にラウンドする!・・・という奥様もご一緒の来店

先ずは問診 

O様、開口一番

「ドライバーとミドル、ロングアイアンが苦手・・・」

早速、7番アイアンでウォーミングアップ

スイングも良いし、ミートも上手い

これで平均スコアが90台後半なんて可笑しい

 おやっさん

身体が温まった頃を見計らって

アイアンの試打クラブでフルセットを用意してある

 ロマロ Ray-V iron

V_Iron[1]



苦手!・・・だと言う#5アイアンの試打クラブを手渡した

O様、自信無さげのアドレス

 おやっさん

自分でボールを上げようとしないで

7番アイアンと同じように振って下さい

クラブに仕事させましょう!

仕事の出来るアイアンですから・・・とアドバイス

そうしたら見事に高い弾道で放物線を描いてナイスショット連発

おやっさん、これなら大丈夫!・・・と思い

4番アイアンの試打クラブを渡してみた!

これまた高い弾道で飛んで行った

O様、目を白黒させて

何で!?・・・と質問

 おやっさん

得意満面で高い弾道を打てる設計、ヘッド構造を説明

それは低・深重心の設計にするための

アンダーカットされたポケットキャビティー構造

RayV_PH1[1]

しかも同じ構造だった前作

 ロマロ Ray VType-R Iron

V_Type_R_Iron[1]

よりもNew Ray-V Ironの方がストレートネックで 

より上がり易くなっているので 

思った通りの結果でした 

 O様 

このフィッティングによっておやっさんとの信頼関係が出来て 

Wedgeもアイアンとの流れで 

Ray SX-R Wedge(50°・56°) 

SX_R_Wedge[1]

そしてドライバーも 

 ロマロ Ray-V Driver 

V_Driver[1]

最高のセッティングとなりました 

また上京の際には是非 

 お立ち寄り下さい 

次回はセンチメンタルなラウンドをお伝えします