こんにちわ 

先日、ワクチンコンポシャフトで名高い 

グラビティー社のH社長が新製品のヘッド 

 WACCHINE DRIVER-BK 

132


紹介してくれました 

 おやっさん 

試打をさせて頂いたのですが 

対象ゴルファーがレディース、シニアのこのモデル 

普通、非力なゴルファーでもボールを捕まえられるように

構えず辛いフックフェイスが多い 

そこはゴルファー心理をお判りのH社長 

ウェイトビスや内部構造によって 

重心アングルを大きくして 

スイング中にヘッドローテーションし易く 

インパクト時にボールを捕まえてくれる 

設計となっている 

構えて変なストレスを感じず 

無心に振って真っ直ぐ飛ぶ 

おやっさんも惚れ惚れするヘッド形状でした 

打感も気持ち良い弾き感もあり 

おやっさん、試打が止まりませんでした・・・

もう一つの特徴はロフト 

ソールに表示されているロフトは

9・5°と10・5° 

しかし試打すると表示ロフト以上に高い弾道で飛んで行く 

H社長によると表示ロフトより実際のリアルロフトは

2度前後、寝ているらしい 

これもゴルファー心理ですね 

同伴者にソールの表示ロフトを見られて 

11・5°や12・5°と書いてあると

ちょっとカッコ悪いよね 

ヘッドカラーも引き締まった黒 

女性っぽい色やシニアっぽいには

敢えてしなかったようです 

これもゴルファー心理を良くお判りのH社長の案かな 

 おやっさん 

このヘッド、とても気に入って 

早速、試打用のヘッドを用意しました 
        

IMG_0451


このヘッドにワクチンコンポの軽量シャフト 

shaft_img_5[1]


GR330tbやGR230のシャフトや

先日、ご紹介したバシレウスからの新製品

 バシレウス ラフィーナ 

raffina_other01[1]



装着すると凄いことになりそうです 

DEMO CLUBが出来たら改めてご紹介しますね

もう少し飛ばしたい!・・・という非力なゴルファー

ワクチンを投与してみませんか