2006年07月04日


こないだの久々ラウンドでのいろんな反省点がナマナマしいうちに、ぜひともレッスンを…と、今朝さっそくパオラ姐さんに電話。すると「そう、とうとうコースに出たのね、エライワ!」とのオコトバと共に快く日時を決めてくれた、まではよかったんだけど…

「それじゃレッスンでね」と電話を切ろうとしたその瞬間。「あ、そうそう昨日Rovedine Golf Clubに行ったらね、ちょうど来週あたりにルール試験をやるって言ってたの。だから、とりあえずアナタの名前も受験希望者リストに残しておいたわよ♪」…ハ??

ちょ、ちょっと待ってよ姐さん、1週間なんてもうすぐじゃない。こないだの勉強会前に一夜漬けした時だって、ナッカナカ頭に入ってこなかったし、ムリよムリ!!なんて電話口でワーワー言ってるワタシのコトバが一段落するや、姐さんは静かに話しだした。
続きを読む
コメント(3)ゴルフな日常 (イタリア)│ 

2006年06月14日


(写真)
こんなパワフルなスイングなのに、実は意外にも…?↓
20060614横峰さくらプロスイング

Golf Club Ambrosianoでほんッとに久しぶりにコースに出たワタシ。お天気もよかったし、広々としたところでタマを打つのはやっぱりとってもキモチイイ!でも…ショットの部分だけ切りとってみてみると、いくらなんでも、あまりにヒドすぎる内容だった…

最後の1ホールを一緒に廻ってくれた親切オジサンも、さすがに「ウ〜ン、ウッドを使うのはもうちょっと先にした方がいいかもねえ…」なんて苦笑してたっけ。その昔じかウッドがなんとか打てた時期もあったのに、あーやっぱ後退してるのかしらん(悲)

そんなモヤモヤ気分にいてもたってもいられず、しょーこりもなくOrsiniマイ練習場に車を走らせた。でも…さすがに昨日の今日で、ラウンドの疲れがどっぷり残っているコトもあってか、わかっちゃいたけどそれはもう笑っちゃうくらいヒドイ出来。

こんな時は素直にサッサと引き揚げればいいのに、いつもの悪いクセでついムキになっちゃって、マシンガン状態でまたもやドツボ。あ〜またもや元の木阿弥かい…といーかげんくたびれ果ててメチャ振りの手を止めたその時、フッとひらめいた。

そーだこんなシャカリキモードの時は、例によって体が左右にユッサユッサ揺れてるに違いない。「そういう時は、いったん両足を閉じてゆっくり振ってみるといいわ」というパオラ姐さんのコトバを思い出し、早速実行。ウンこれで少しは落ち着いた。

と、こんな感じで今日も50球をムダ打ち(?)…しかも最後の方なんて力まかせに振り回してたせいか、なんだかグッタリ疲れちゃって、結局ショートコースはパスして、そのまま帰途につくことに。アーアまったくなんでこんなに進歩しないんだろ…

家に帰ってもなんだかふっ切れなくて、もうヨレヨレだというのにまたもやクラブを握って素振りしちゃったりして、まったくアキラメの悪いコト。両足を揃えて、ヘッドの重みを感じながらゆっくり振って…そういえば似たようなドリルをどこかで見たっけ。

と、早速いつものごとく後生大事にとってある古いゴルフ雑誌(でも海外じゃ貴重なんです〜)や本棚のゴルフコーナーをガサゴソ。すると、あったあった〜とある切り抜き記事に、アノ横峯さくらちゃんのパパ良郎さんイチオシの練習法が。(以下引用)
続きを読む
コメント(2)上達のヒント見つけた!?練習の記録(イタリア)| 

2006年06月13日


(写真)
元湿地とかで、御覧の通りそこらじゅう池だらけ。
アア今日も一体いくつボールを献上したことか…
20060613 Ambrosiano Golf Club(fairway)

前の記事より続く)よく見ると、やはりこちらも「ひとりラウンド」のオジサン。どーりで早いワケだ…ワタシはといえば、8ホール飲まず食わずで廻ってきてもーヘロヘロだったしで、オジサンがティーホールにやってくるや速攻で「どうぞお先に」と言ったんだけど…

するとオジサンは何を思ったか「チャオ〜ボクはフランコ。よろしく〜」とかいって、全然先に行ってくれる気配がナイ。あのう、ワタシまだラウンド初心者なんですケド…「オー!それじゃ不安だよねえ。よし、もう最後のホールだし、よかったら一緒に廻る?」…ハ?
続きを読む
コメント(0)ラウンドレポート(イタリア)│ 
このブログについて
四十路にしてゴルフのディープな世界に足を踏み入れてしまった万年初心者のトライ&エラー?のしょーもない記録です。最近はいろいろあってゴブサタモードになってしまったので、上達のヒントや気になる練習道具、レッスン・ラウンド情報やゴルフニュースなどをメインに ^^; (もちょっと詳しいプロフィール)

御感想・メッセージなど何かありましたらどうぞコチラへ!
  • ライブドアブログ