2005年04月17日

気を取り直して、ショートコースレッスンへ 小田急志津GC編

(写真)ここも桜がキレイでした。
左奥の方がショートコース、練習グリーンもナカナカ↓
20050419shizu

金乃台での結果があまりに悔しくて悲しくて情けなくて、翌日はもう、ゴルフクラブを握るどころかゴルフのコトを考えるのもイヤ!!状態。大好きな練習場通いも、「どーせ行ったからってスコアがよくなるわけじゃないしィ・・・」とすっかりフテクサレモードでお休み。ほんとになーんにもする気がおきなくて、ただただボーッとしていた。

でも・・・やっぱりゴルフのない一日はつまらない。この半年バカみたいに夢中になってきただけに、こんな日はまるで心にポッカリ穴があいたよう。(これってまさに「ゴルフ廃人状態」?)自分で自分が情けなくてすっかり凹んでしまった気分の方も、午後になり夕方になってくると少しずつではあるけど落ち着いてきた。

こんな風にただフテクサレテたって、なにも状況は変わらない。今まで練習場でスイングばかりに気をとられてこんな結果になったなら、これからはコースを意識した練習もやるようにすればいいじゃない。でもだからといってこの状態でまたコースに行ったって、自己嫌悪にかられるばかりだし。一体どうしたら・・・と、その時ひらめいた。「そーだ、ショートコースがアル!」

ショートコースだったら一人でも気軽に回れるし、本コースと比べたら値段も安いし、それでいて本コースと同じような実践練習ができるし・・・こうなるともう、さっきまで廃人状態だった自分はどこにいってしまったのかと思うくらいのスバヤイ行動力で、早くもショートコースを物色しはじめてイタ(笑)

幸い千葉県には結構ショートコースが多い。ただ車を使わなくてもいいところとなると候補はかなり限られてくる。その中でまっさきに思い浮かんだのは、「小田急志津ゴルフクラブ」というところ。京成線ユーカリが丘駅(超ローカルですんません)から程近く、車がなくてもアクセスは上々。

そういえばここって、昨年末まだコースおデビュー前にショートコースレッスンなるものを申し込んだっけ(その時は結局思いがけない雪で中止になってしまったんだけど・・・)。そーだ、このあたりで気を取り直して再度レッスンを受けてみようか。と思った途端にクラブに電話をして速攻でレッスンを予約した。

玄関にはGESちゃんのバッグが金乃台から帰ったままの状態でほったらかしになっていた。それを開けてウッド1本とアイアン3本を引き抜き、ミズノの7番アイアンと入れ替える。だって、電車でフルセット持っていくのはシンドイし、こういう凹んだ時は慣れ親しんだクラブでリハビリする方がいいかなと思って・・・そしてPW・SWはそのままにバッグを閉めて、いざ出陣!

ゴルフバッグは車か宅急便で運ぶのが常識となった今、そんなモノを担いで電車に乗るのは結構目立つ〜「あの人ゴルフやってるくせに車も使えないのね、カワイソー」なんてアワレミの視線も感じたりして。というのはちょっと被害妄想的かな?いずれにしても、電車とタクシー(ほんの5分の距離なんだけど、ゴルフバッグを担いで歩くには・・・)を乗り継いで、無事現地到着。

全体に明るくて広々としていて第一印象はイイ感じ。フロントやレストランやプロショップなどもちゃんと整備されている。ただロッカールームは本式のゴルフクラブと比べるとずっと簡素で、ロッカーやシャワーは有料だったりする。でも隅々まで掃除が行き届いているのがわかるので、気持ちよく使える。スムーズに受付をすませ、いよいよレッスンへ・・・



担当のWコーチはソフトなムードと語り口で、初対面につきものの「緊張」もすぐにほぐしてもらえた。「そっかー、ラウンド結果がひどくて凹んでるんだねー、でも大丈夫、めげずに一緒にガンバロウねー」ああ、アナタはまるで天使様!

まずは打席で簡単にフォームを見てもらう。コーチに促されて、軽く数球打ってみる。自分でいうのもなんだけど、マズマズの当たり。ほんと、練習場だといいんだけどねェーまったくモウ・・・

実際コーチのコメントも、「うーん、今すぐどーにかしなきゃいけないっていうようなクセは全然ないですから、とりあえず今はあまりいじらず、そのままのフォームにしておきましょう」。確かに、今日はどちらかといえばコース攻略法?みたいなモノを教わりたくて来たワケだし、その方が効率的かも。ということで、早速ショートコースに移動。

ここのコースはショートといっても結構長めのところもあって、ワタシ程度の飛距離ならティーショットで楽々ドライバーが使えるホールも複数ある。作りも結構本格的で、コース途中に池もあったりして、ちょっとした本コース気分を味わえる。今日は、ここをコーチと一緒に廻りながらいろいろアドバイスをしてもらう次第。

で、初めてのコースレッスンの感想はというと・・・受けてヨカッター!!なんといっても、打席でのレッスンとは全然違う実践的なアドバイスをたくさんしてもらえたコトが、大満足。コースに何度も行ってるヒトにはアタリマエのことことばかりだと思うケド、ワタシのような未熟者には本当に「目からウロコ」的な内容ばかりだった。以下その内容を。

(1)目標設定
まず、ボールの後方(ティーショットの場合はティーアップ後)に立ち、飛ばしたい目標を定める。次に、目標とボールを結んだ線上、ボールのすぐ先に何か目印(木の枝、葉っぱなど)を見つけ、そこにクラブフェースを垂直に合わせて体を構える。

感想:
これまでは何となくフィーリングで構えていたために、自分が思ってた方向にタマが飛ばないというコトがしょっちゅうだった・・・この練習をすることで、左向きに構えがちというクセがあることもわかったのもヨカッタ(意識的に気をつけるようになるから)。

(2)歩測
特にグリーンに近づいてきた時に、ボールの落下地点からフラグまでの距離がどのくらいなのかを予測し、それによってアプローチショットの振りの度合を考える。距離の予測のためには、自分の中で10ヤードがどのくらいの歩数なのかをアタマに入れておいて(ワタシの場合は11歩だった)、実際に歩いて測れない時でも予測ができるようにしておく。

感想:
これまでは距離なんて考えたこともなく(ってくかそんな余裕もなくて?!)ただヤミクモに前へ前へと打っていた。「最初は当たらなくてもしかたない、でも予測する習慣をつけるのが大事」というコーチのオコトバには大いに勇気づけられた。

(3)パット
まず、ボールの後方でフラグとの距離を見ながらパットの素振り。次に、ボールの後方にしゃがんで(よくプロがやっているように)グリーンの傾斜の方向や度合を見ながら仮想のラインをひいてみる(芝目まではムリだから、無視するかキャディーさんに聞く)。そして、他のショット同様、仮想ライン上ボールの先20〜30センチくらいのところに何か目印を見つけ、そこにフェースを合わせて構え、パッッティング。

感想:
初心者の分際で(?!)こんなプロみたいな仕草をするのはハズカシイし、どーせそんなコトやってもなんにもわからないし・・・というのもあって、今まではフィーリングだけが頼りの世界だった。当然、方向も距離もメチャクチャ。コーチのオコトバ通りなんとか傾斜だけでもと思うんだけど、これも慣れないとムズカシイ。でもそんな拙い「読み」でも当たったりすると、もうヤミツキ。

ということで、今日のレッスンでなによりも嬉しかったのは、「コースにおけるボールの方向や距離など、自分のゲームは自分でコントロールできる(実際どの程度できるかは別として!)」というのを実感できたこと。ホント、今までのラウンドではひたすら「運を天にまかせて」打ってるだけだったモン・・・

こういう動作ってメンドーといえばメンドー(初心者はただでさえボールを追いかけるのに手いっぱいだし・・・)。しかも、こんなプロっぽい仕草をワタシみたいなヘタッピがやるのは、スコアが伴わない分ハズカシかったりもする。でも、「やるとやらないじゃ将来ゼッタイ差が出てくるから」というコーチのオコトバを胸に、ちょっとガマンしてやってみようと思う。っていうか、そうやって試してみる価値はゼッタイある気がする。

いずれにしても、今後の実践練習テーマがハッキリしたことで、とりあえず昨日までの自暴自棄モードからは脱出?!「ま、ヘタッピなりにもちょっとガマンしてゴルフを続けてみるか〜」と思い直す(開き直る、とも言う?)コトができたのが、今日の一番の収穫だったかな。Wコーチ、アリガトウゴザイマシタ。

追記:
小田急志津ゴルフクラブの体験的紹介ページ、こちらにもありますよ〜
男性的視点による評価というのも、またひと味違ってて面白いです。
コメント(2)レッスンの記録(日本)│ 

トラックバック一覧

1. ゴルフの電子距離測定器解禁か  [ 社長の本音日記 ]   2005年08月19日 09:46
散々こきおろしていたホリエモンまで担ぎ出そうという、あまりに節操のない自民党の候補者選びにはあきれるばかりですが、ちょっと違った話題です。 ゴルフをしない方は御存知ないかも知れませんが、ゴルフのルールでは「プレーヤーは、正規のラウンド中、プレーに影響す....

コメント一覧

1. Posted by papajet   2005年04月20日 23:31
うわー、いいコーチに恵まれましたね。
次回は気分一新でコースを回れそうじゃないですかぁ!

・・・・・でも
・・・GESちゃんを使ってあげてください。。。
2. Posted by iasco   2005年04月22日 04:15
papajetさん
いつもコメントありがとうございます〜
こういう凹んだ時にこういうソフトなコーチに当たったのはホントラッキーでした。
これが東アビコの「コワモテ」コーチだったらと思うと・・・(笑)
GESちゃんのカマボコアイアンにはホトホト泣かされてます(これもひとえに持ち主の実力不足カト)。
早く使いこなせるようになる日を夢見て・・・
それでは、また〜

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
このブログについて
四十路にしてゴルフのディープな世界に足を踏み入れてしまった万年初心者のトライ&エラー?のしょーもない記録です。最近はいろいろあってゴブサタモードになってしまったので、上達のヒントや気になる練習道具、レッスン・ラウンド情報やゴルフニュースなどをメインに ^^; (もちょっと詳しいプロフィール)

御感想・メッセージなど何かありましたらどうぞコチラへ!
  • ライブドアブログ