ゴルフについて考えた

2005年12月13日


久しぶりにマイ兄一家と外で食事をした。(ニッポンのテンプーラはやっぱり美味〜♪)

今日は珍しく甥っ子も一緒。ちょうど隣り合わせだったので、早速「どう、元気でやってる?」なんてきいてみた。すると、いつものボ〜とした表情から一転!とたんに顔をクシャクシャにして「いや〜実は最近ゴルフを始めちゃったんスよ〜」と話しだした。

なんでも職場(ちなみに今年就職2年目)にゴルキチの先輩がいて、会社のコンペに有無をいわさずエントリーされちゃったのがキッカケだとか。しかもその時点でコンペまでわずか1ヶ月!結局3回ウチッパで練習しただけで本番を迎えることになったそう。

ウームなんたる蛮勇!!でも男性の場合は、そんな感じでいきなり「虎の子がガケからつき落とされるように(?)」始めちゃうヒトが結構多いんだろうなあ…で、クラブはどうしたの?ちゃんと打てた?でもって肝心のスコアはどーだった??(←オババカ)
続きを読む
コメント(4)│ 

2005年08月21日


またまたイタリアに戻ってきた。今回はひと月以上の滞在だったので、荷物もことさら多い。うーん、これじゃまずはアパートの中のいらないモノをちょっと片付けないと…と、手始めに部屋の隅っこに積み重なってたゴルフ雑誌のバックナンバーを整理することにした。

でもこっちじゃ日本語の書物そのものが貴重品。だからせめて処分するならその前にもう一度中身に目を通しとかなきゃ…なんて一冊手に取るたびについ読みふけってしまって、はかどりやしない。そんな中、こんな記事がフト目にとまった。

それは「週刊ゴルフダイジェスト」の2004年9月28日号(ふ、古い…)掲載の、「4人1組」という連載記事。毎回4人それぞれの個性やゴルフへの思いが短いプロフィールの中ににじみ出てくるようなところが大好きで、買うと必ず読んでいる。

その中でも今回特に目をひいたのは、紅一点の安倍律葎子(あべりつこ)さん。そういえば昔そんな名前の歌手のヒトがいたなあ…なんて懐かしさ半分、軽〜いキモチでプロフィールを読み進めていくうちに、その潔さ?に感動してしまった。

だって他の3人の男性陣はみな「ベストスコア80台、ドライバー飛距離220ヤード」ですよ。そんな中、律葎子さんは堂々と「ゴルフ歴:25年、ドライバー飛距離:100ヤード(!)、ベストスコア:140(!!)」と申告している。スゴイ。

更に感動したのは、以下こんなコトバの数々。
続きを読む
コメント(2)│ 

2005年04月30日


このひとつ前の記事にも書いたけど、先日のクレストヒルズGCでのラウンドは、ワタシにとって記念すべき?「カート初体験」でもあった。

最初のうちはナビカートの便利さもよくわからないまま無我夢中で走り、それでも間に合わない時は自分が走り、なんとか前の組に遅れないようについていくので精一杯。

でもさすがに2日目になると、少しずつではあるけどちょっとした「コツ」のようなものが見えてきた。例えば(といっても経験者のヒト達にはごくごくアタリマエのことばかりだと思うケド)…

(1)
カートから降りてボールのところに向かう時には、そのショットだけでなく、次のショットに使いそうなクラブも合わせて数本持っていく。

(2)
打ち終わってカートに戻ってきたら、すぐさま飛び乗ってとにかく発進させる(使ったクラブは手にしたまま、次に停まった時にキャディーバッグに戻す)。

(3)
グリーンに近づいてきたら、相手のパターも一緒に取り出して持っていってあげる。

などなど。いずれにもほんとにチョットしたコトばかりだけど、これをやるだけでもそこそこ時間の節約になる(というコトを、前後組とのプレッシャーでメロメロ、カートとボールの往復でヘロヘロになりながら身をもって体験した次第・・・)。

(1)の点については、うしさんが自分のブログの方でも記事にしてくれていた。カートだろーが歩きだろーが、打ったらとにかくクラブを数本持ってボールに向かう!!これはもう、初心者ゴルファー最大の「ギム」ですね(笑)

あとは、カップインした後グリーンに置き忘れたクラブがないかどうかチェックするコトかな?(なにをかくそうワタクシ、既に数回やらかしてマス・・・)

なんてコトをいろいろ書いてるうちに、ワタシが愛読しているメルマガ「Golf Planet」(ページが出たら、バックナンバー「2005/04/06」をクリック)にも確か同じようなカート関連の記事があって、「今後のために」と保存しておいたコトをフト思い出した。

早速その号を読み返してみると、ナルホド同じようなヒントが盛り沢山。(コレを今回のラウンド前に読んでおけば、もちょっとココロの準備ができたのに・・・)とりわけ「常にV字を意識してカートを動かす」という点は、実際にカートラウンドを体験した今読むと、はげしくナットク。

単にカートとボールの間をひたすら「肉弾戦」で走るんじゃなく、こんなちょっとしたコツをわきまえてスムーズ&スマートにカートラウンドをこなしてるヒトは、きっとステキでカッコイイ!これぞ真の上級者、って感じに違いないと思う。

ワタシもゴルフの腕前そのものだけじゃなく、こんなコトも含めていつの日か達人になれたらいいな。ということで、これからの合言葉は・・・「めざせ!カート御作法皆伝」?
コメント(2)│ 
このブログについて
四十路にしてゴルフのディープな世界に足を踏み入れてしまった万年初心者のトライ&エラー?のしょーもない記録です。最近はいろいろあってゴブサタモードになってしまったので、上達のヒントや気になる練習道具、レッスン・ラウンド情報やゴルフニュースなどをメインに ^^; (もちょっと詳しいプロフィール)

御感想・メッセージなど何かありましたらどうぞコチラへ!
  • ライブドアブログ