前回の続きです。

パッティングの練習の後は、

ゴルフ場内にある練習場でスイングを見てもらいました。

(ちなみに、練習場でのボール代はレッスン料に含まれているらしく、打ち放題です。笑)


コーチには、私の長年の悩みである、

「スイング中の前傾の崩れ」

の対策アドバイスをいただきました。


まず、アドレス時に、ややカカト体重になっているので、そこを修正。


意識してつま先側に重心を乗せ、

ズボンのお尻のところを誰かに上に引っ張ってもらうイメージでアドレス。


テークバックで左足のヒールアップが激しいとのことなので、

左足は内側に絞るイメージで、極力ヒールアップをしない。


私のスイングは、全体的に下半身がバタついているのが、

安定していない一因のようです。


そして、スイング時にも、やはり体重がカカト寄りになるので、それを修正。

インパクトからフォローにかけて左足がめくれてしまう癖をぐっと我慢して、つま先体重をキープ。

また、インパクト時には、右足も極力べた足です。


そして、ここ大事なのですが、

スイング中、ずっとつま先体重になるので、

今よりもボールと自分の距離を離してアドレスすること。


そうすれば、インパクト時に窮屈になりません。


結局のところ、私がスイング中、前傾が崩れて伸び上がってしまうのは、

ボールとの距離が近すぎていたのも原因のようです。


いやぁ~、めちゃめちゃ、タメになるレッスンです。


次は、いよいよコースに出てのラウンドレッスンです。


続きは次回!


------------------------------------------------------------

スライスに悩んでいるなら、コレ!

⇒『速効!スライス撲滅プログラム』