吉本巧のドライバー基礎ゴルフ上達術とは

吉本巧のドライバー基礎ゴルフ上達術は、ゴルフを諦めたほうがいいとまで言われたゴルファーが、180ヤードから平均280ヤードまで飛距離をアップさせたゴルフ上達法を紹介しています。

■ ゴルフの基礎の重要性、今更どうして基礎なのか?

長期的に安定して良いパフォーマンスをするためには、ゴルフの基礎の習得は非常に重要なのです。
「ゴルフの基礎を正しく理解しているか、していないかでその後のその人のゴルフ人生が大きく変わる」と言っても過言ではありません。
ゴルフの基礎をしっかり理解している人は、その後のゴルフの上達の過程で大きな遠回りを防ぐことができます。

吉本巧のドライバー基礎ゴルフ上達術

⇒⇒吉本巧のドライバー基礎ゴルフ上達術

■ ゴルフの基礎がしっかりできていないままゴルフをやり続けるとどうなってしまうのでしょうか?

ゴルフの基礎に向き合わず、自分がスイングしたいようにスイングしている状態では、ラウンドをしても毎回同じミスを繰り返すだけになってしまいます。
もし現在、スライス、シャンク、チーピンなどに悩んでいるのであれば、現在のスイング中に悪い動きがあるということになります。
スイングの基礎に向き合い、ミスショットの原因を作っている「スイング中の悪い動き」を改善しない限り、 今後一生同じ悩みを持ち続けたままになってしまいます。
ゴルフを上達するには、「自分の良い部分を伸ばす」と「自分の悪い部分を改善する」の両方のバランスが重要になります。
スイング中の「自分の悪い部分」に向き合うことは非常に勇気がいります。ですが「自分の悪い部分」に向き合わなければこれからもずっと上達することなく現在と同じレベルで停滞してしまいます。

吉本巧のドライバー基礎ゴルフ上達術

⇒⇒吉本巧のドライバー基礎ゴルフ上達術の詳細はコチラ

■吉本巧のドライバー基礎ゴルフ上達術を一部ご紹介

・右手のグリップの握り方
グリップは必ず左手のグリップを握る⇒右手のグリップを握るという順番で握らなければいけません。
正しく左手と右手のグリップを握ることができてグリップが完成します。
正しく左手と右手のグリップを握ることができて初めて正しいスイングを作ることができます。
正しく左手と右手のグリップを握ることができなければその後正しいスイングを作ることができません。
グリップの基礎は非常に重要なのです。
グリップの握り方のポイントは非常に多くありますが、数多くあるポイントの中から「これだけは絶対に習得しないといけない」というポイントを厳選しご紹介しています。

・ドライバーとアイアンのスイングイメージの違い
ドライバーとアイアンのスイングイメージの違いをご紹介しています。
ドライバーとアイアンは絶対に同じようにスイングしてはいけません。
ドライバーのスイングとアイアンのスイングでは、「変えなくてもよい部分」と「必ず変えなければいけない部分」の両方があります。
「必ず変えなければいけない部分」では、「どうして変えなければいけないか」というその理由や仕組みも合わせてご説明しています。
「ドライバーはアイアンよりシャフトが長い」「ドライバーはアイアンのように地面からボールを打たずティーアップしている」などの理由により、アイアンとドライバーではスイングイメージが異なります。

・クラブヘッドの軌道

実際にドライバーのクラブヘッドはどのように移動するかをご紹介しています。
非常に多くの画像を使用してインパクト直前からインパクト直後のクラブヘッドの軌道をご説明しているので、視覚的にドライバーのクラブヘッドの理想的な軌道を理解することができます。
「こうやってドライバーのヘッドは移動しているのか!」という発見があるはずです。
クラブの機能が最大に発揮され、力を最大にボールを伝えることができるドライバーのクラブヘッドの軌道をご紹介しています。

吉本巧のドライバー基礎ゴルフ上達術

⇒⇒吉本巧のドライバー基礎ゴルフ上達術とは