人気ゴルフクラブ、ゴルフ用品、全国送料無料!

人気ゴルフクラブ通販サイトへ ようこそ!低い価格、高い評価。信頼できる激安ゴルフクラブです!

タイトリスト ap2 716手首の角度を解放する
ドライバーショットを成功させるための2つ目のポイントは、手首の開放(リリース)です。手首の角度が開放されなければ、クラブはダウンブローでボールへ向かいます。反対に手首の開放が早くなるとアッパーブローが作られます。この手首の動きを上手く利用することが重要なのです。ドライバーショットをダウンブローでインパクトしてしまう癖のある人は、ダウンスイングの早いタイミングで手首を開放することです。しかし、あまり早くなり過ぎると、ロフトが増えすぎて必要以上に高弾道になってしまいます。また、手首の伸びた時がクラブスピードの最高速度地点と考えれば、最高速度以後にインパクトすることになってしまいますから、注意が必要です。
716AP2


タイトリスト ap2 716を磨くドリル ドライバーショットでの正しいインパクトをマスターするための練習方法を紹介しましょう。タオルを使ったドリルです。まず、ハンドタオルを四つ折りにして、少し厚みを持たせます。そのタオルをボールの前方20センチ程度の所に置きます。ボールを打つ際には、ハンドタオルとクラブヘッドが接触しないことに注意してスイングします。もし、ダウンブローのインパクトが作られれば、ボールを打った後にタオルも打ってしまいます。スイング後にタオルが同じ位置で留まっていれば、正しい入射角度でインパクトできたことになります。
716 AP2 アイアン


タイトリスト ap2 716 最安値のポイント ハンドタオルを使った練習方法を行う際の注意点を紹介します。タオルを打たないことだけを気をつけてスイングすると、ダウンブローのインパクトは改善されますが、極端なアッパーブローが作られてしまう可能性があります。いわゆる明治の大砲などと呼ばれる、すくい上げのスイングになってしまわない様に注意しましょう。その為のポイントとして、ボールの見え方に注意を払ってください。インパクトでアドレスと同じボールの見え方であれば、軸の角度は適正であるということになります。もし、極端にボールの後ろに頭があれば、アドレス時よりもボールの後ろ側(側面)が見えてしまうはずです。次のページでは動画で解説します!

新しさが一目でわかります。タングステンウエイトがどんな効果があるのか楽しみです。ただ、元々打ちやすいキャビティ構造なのにタングステンの必要があったのかな。それでも進化を続ける姿勢はさすがタイトリストです。デザインはカッコイイです。何故かAP2は上級者オーラが出てるように思えるんです。多くのプロが使用しているからでしょうか。今年もたくさん勝ち星を上げそうなクラブです。

 前モデルとの違いがほとんどありませんが、安心して構えられる顔です。ターゲットに真っ直ぐに構えられます。

 打ってみると、低重心で良く拾います。高弾道で左右のブレも少ないです。打ちやすいし球筋が安定します。引っかかったなって思ってもそれほど曲がらない。タングステンの恩恵でしょうか。むりやり手首を返さなくても自然にターンするような感覚です。

716AP2


   タイトリスト アイアン ap2 716打感は少し硬くなったような感じ。716CBと比べると少し硬さが気になります。飛距離は716CBとほとんど同じでした。ただしミスヒットでの飛距離のロスはAP2の方が有利でした。ラフやライが悪い時もうまく打てそうです。714AP2に持ち替えてみると、打ちやすさはあまり変わりませんし、ダイナミックゴールドを選びたい方に、前モデルから買換えのメリットをあまり感じません。カスタムで発注してまで買うほどの違いがないような気がしました。ただし、AMTシャフトが結構いいので買い換える理由にはなると思います。

 今回のモデルは、どうも打感が硬いのが気になります。でも、弾道は安定してるし打ちやすい。好みが分かれますが、スコアアップしそうな感じの仕上がりです。

716 AP2 アイアン


ap2 716ライ角調整が不可

 このモデル、ライ角を調整すると(1度だけでも)ネックが破損する恐れがあります。(割れてしまいます)鍛造なのにライ角が調整できないなんて。大きなデメリットですね。標準仕様で使う方には問題ありませんが。

 前モデルは問題ありませんでしたし、MBやCBも全く問題ありません。元々タイトリストのアイアンはアップライトなので、フラットな人には困った問題です。

 打ちやすいですが、鍛造なのにライ角調整ができないのが残念です。

<ラシンク?ニンジニア/RKBレディース 初日◇28日◇ザ?クイーンズヒルゴルフクラブ(6,506ヤード?パー72)>

【関連】最新の女子世界ランキングはこちら!

国内女子下部ステップアップツアーは「ラシンク?ニンジニア/RKBレディース」で2017年の開幕を迎えたキャロウェイ xr アイアン

xxxxxxxxxxxxx

今季は21試合を開催し、年間通じての賞金ランキング制を導入。昨年までの優勝者に与えられる4試合のレギュラーツアー出場資格を撤廃し、賞金ランキング1位の選手に、2018年から実施されるリランキングまでの前半戦のレギュラーツアー出場権を付与。2位~5位の選手にはサードQT免除資格、6位~10位の選手にはセカンドQT免除資格が与えられることとなった。

また、選手の競技力向上のために、3日間大会を14試合に拡大。これにより、世界ランキング加算基準(3日間大会10試合以上)もクリアした。ステップアップツアーを世界ランキング対象とすべく、すでに管轄する組織に申請済みで、LPGAによると認可が下り次第、今季途中でも世界ランク対象ツアーとして稼働させていくというキャロウェイ アイアン xr

このページのトップヘ