あけおめニャンス

今年も宜しくニャンス

2019年のクラブ事情がどうなるかNEKO独自で考えてみた

あくまでNEKOの独断と偏見ですw

さてまず昨年の革命的なヘッド

ロッディオコンパクトドライバー(シャロー&デープ)

DSC_0207
















385ccと小さいヘッドでなおかつ重心・アングルなど調整が可能だ

ヘッドの重量も管理出来るのでシャフトも短く出来ました

去年は軽・硬・短いが流行ってましたのでまさに時代に乗りました

去年のコンパクトの売上を見て見るとZEROではNO1でした

割合を見るとDEEPが6シャローが4でした

極論なにが売れた理由かを考えてみると

spin量が減るこれに尽きる

重心が短くヘッドローテーションの使い方をマスターし

自身にあった重心に設定する=ヘッド回転がスムーズになりspinが減る

スィングとクラブをマッチさせるとものすごい味方になりますね

飛ぶドライバー編ではやっぱりBB4ニャン

DSC_0206
















ソールのタワミを利用して初速を上げる

打感も柔らかく病みつきになる方続出

重心は変えられないのは残念だが飛びにこだわる方にはGOOD

NETのうわさであるようにHS42以上の方は飛ばないとあるが

そうでは無い、ただ入射角が強いと吹き上がる傾向だ

フィティングして生かすも殺すもシャフト次第

さて今年はどのようなつわものが出てくるだろうか

NEKOの本音はもう限界でしょ

反発係数・ヘッド体積がルールで硬められてるから

飛びに関しては限界を感じてます

やはり重心をコントロールさせ動きにあった物を選ぶのが

一番の近道だと私は思います

今年私が注目しているのはロッディオのSシリーズ

Sシリーズがもう4年ですのでNEWリリースされるそうです

さてどう言った変化で出してくるのか楽しみです

入荷情報がでましたらまたご連絡させていただきます

ではでは、今年も宜しくお願いいたします