このブログでは「安全・正確・シンプル・パワフル・ビューティフル」の
5つのテーマを追求した世界最先端ゴルフ理論「K1Hスイング理論」を
紹介します。
このゴルフ理論は日本のゴルフ界の発展に貢献できると確信しています。

皆さんは疑問に思った事はありませんか?
なぜ日本のゴルファーはゴルフをすると体のあちこちが痛むのでしょうか?
なぜ日本のゴルファーはプロになってからスイングを変えるのでしょうか?
プロになってからスイングを変える事は子供の時よりはるかに大変です。
長年反復練習をして体で覚えたスイングですから矯正が難しいのです。
そこでどうせゴルフを学ぶなら、シングルやプロを目指すだけでなく
将来スイングを変えなくてもよい「体に優しいゴルフ」を学びませんか?

私の夢は読者の皆様と日本人メジャーチャンプ予備軍を沢山育てる事です。
ブログを読む前に良かったらこちらのPVをご覧下さい。
オーストラリアのジュニアゴルフレッスン時のスイングです。
http://www.youtube.com/watch?v=peRcV5Lv5iI&feature=related
こちらは40才後半の癖ゴルファーさんの練習スイングです。
http://www.youtube.com/watch?v=33qTE-eJChc&feature=related
初めての方は1月23日「ゴルフするとなぜ体が痛くなる?」から読んだ方が分かりやすいです。  http://blog.livedoor.jp/golfstudy/archives/2493437.html
過去のページでも内容を更新していますので読み直して楽しんで下さい。
K1Hスイング理論/通信教育の詳細はこちら http://k1h.ehoh.net/

メジャー優勝者ブルックス・ケプカとジャスティン・トーマスのスイング比較

にほんブログ村 ゴルフブログへにほんブログ村 
こちらの応援クリックをお願いします!
全米オープン優勝者ブルックス・ケプカと
全米プロ優勝者ジャスティン・トーマスのスイングの違いは?

この2人はどちらもUSPGAのドライビングディスタンスで
トップ10に入っています。

しかしそのスイングスタイルを比較してみると明らかに違います。
https://www.youtube.com/watch?v=XSCavIY9KSI&t=4s
https://www.youtube.com/watch?v=fovTw4WU28c
先ずアドレスですがケプカ選手はボールを右斜めから見ていますが
トーマス選手は顔は下を向いて流し目でボールを観ています。
1
バックスイングの始動時クラブ軌道はオンプレーンから
若干アウトサイドへ上がっていきます。
2
異なる点はトーマス選手は腰が若干回りますがケプカ選手は
ほとんど回りません。
3
その割にトップではケプカ選手の方がオーバースイングです。
4
ダウンスイングではケプカ選手はループスイングで横振りです。
5
トーマス選手は若干左腰が開き右踵が上がりますがオンプレーンの
スイング軌道です。
6
ケプカ選手は左腰がほとんど開かず右踵が上がりません。
7
インパクト直前、ケプカ選手は左足が静かですが、トーマス選手は
両足つま先立ちします。

後方からのスイングです。
後方1後方2後方3後方4後方5後方6後方7
K1Hスイング理論は上半身はトーマス選手のスイングですが、
下半身の動きはケプカ選手の動きに近いです。
つづく

このブログではK1Hスイング理論を紹介していますが
Hスイングに関しては詳細を説明しておりません。
一見棒立ち風のK型アドレス1軸スイングを真似て
ダフらなくなったが飛距離が出ないという方は
Hスイングの修得が必要です。
Hスイングはアドレスだけでなくテイクバックでさえ
従来のスイング理論と考え方が異なっています。
詳細はこちら
http://k1h.ehoh.net/

K1Hスイング理論としてはこのスイングが完成形です。
このスイング動画のリズムを今後とも参考にして下さい。



松山英樹選手が優勝できなかった原因とは?

にほんブログ村 ゴルフブログへにほんブログ村 
こちらの応援クリックをお願いします!
松山英樹選手は今回優勝できなかった原因を「これから考えます」と
言っていました。
私が気になった事は3点あります。
1.皆さんも気づかれたパッティングの問題。
  遠巻きに書きましたがグレッグノーマンのメジャー優勝回数が
  2回しかない原因もパッティングが原因でした。
  練習量だけではなく、練習方法や、スイングとの関連性も確認の
  必要が
あります。
  例えばスイング軌道がインサイドアウト又は腰の回転で
インパクト
  している選手のパッティングは右へ押し出しやすいのです。

2.バックスピンが掛かり過ぎないショートアイアンの技術の向上。
  グリーンが受けている(ティグラウンドの方向へダウンヒル)パー4の
  第2打で3日目はバックスピンが掛かり過ぎて戻り過ぎてグリーン手前へ
  転がり落ちました。4日目は奥へグリーンオーバーしました。
  ショートアイアンでダウンブローに打ち込み過ぎるとバックスピンが
  掛かり過ぎたり、地面の硬さによっては飛び過ぎる事があります。
  スピンを抑え、正確な距離を打つ為にはボールをクリーンに打つ技術が
  必要です。そしてその為にはそれができるクラブが必要です。
  私は前々回の投稿でその事を希望的観測で書きました。
  この技術はマスターズには特に必要です。

3.グリーン周りのラフからのダフリへの対策。
  ダウンスイングを下半身から始動する選手は短いショートゲームの時に
  下半身から動かせないので森田理香子選手で説明したようにダフリ易い
  のです。
  フィルミケルソン選手のフラップショットを含めたショートゲーム技術
  の修得が必要です。


つづく

このブログではK1Hスイング理論を紹介していますが
Hスイングに関しては詳細を説明しておりません。
一見棒立ち風のK型アドレス1軸スイングを真似て
ダフらなくなったが飛距離が出ないという方は
Hスイングの修得が必要です。
Hスイングはアドレスだけでなくテイクバックでさえ
従来のスイング理論と考え方が異なっています。
詳細はこちら
http://k1h.ehoh.net/

K1Hスイング理論としてはこのスイングが完成形です。
このスイング動画のリズムを今後とも参考にして下さい。



全米プロ松山英樹選手お疲れ様でした。

にほんブログ村 ゴルフブログへにほんブログ村 
こちらの応援クリックをお願いします!
松山英樹選手お疲れ様でした。
本当に悔しそうでしたね。
私も観ていて本当に疲れました。
1m強のパットを2回外した時は特に疲れました。
私は同じ悔しい思いをグレッグノーマンで8回+1回しました。
私は1986年から2015年までオーストラリアに住んでいました。
ノーマンは世界ランキング1位を通算331週維持しています。
その間メジャー大会で2位が8回。そして、1996年のマスターズ、
最終日に2位と6打差をニックファルドーに逆転されて5位になった時、
今日以上に疲れました。
でも考え方を変えれば、そんな選手が日本選手に遂に現れたという事
ではないでしょうか?
ノーマンで9回悔しい思いをしましたがその分2回全英オープンで
優勝した時は嬉しさも格別でした。
今後松山選手からどんな悔しい思いと嬉しい思いをさせて貰えるのが
楽しみです。
また、2013年アダムスコットが遂にマスターズでメジャー初優勝しました。
その前年彼は4メジャー大会の総合優勝者でした。
http://blog.livedoor.jp/golfstudy/archives/21235115.html
今年の松山選手も4メジャー大会の総合優勝者ではないでしょうか?
という事は来年体さえ壊さなければメジャー大会で優勝する可能性は
もっと増えると思われます。
応援しましょう!

つづく

このブログではK1Hスイング理論を紹介していますが
Hスイングに関しては詳細を説明しておりません。
一見棒立ち風のK型アドレス1軸スイングを真似て
ダフらなくなったが飛距離が出ないという方は
Hスイングの修得が必要です。
Hスイングはアドレスだけでなくテイクバックでさえ
従来のスイング理論と考え方が異なっています。
詳細はこちら
http://k1h.ehoh.net/

K1Hスイング理論としてはこのスイングが完成形です。
このスイング動画のリズムを今後とも参考にして下さい。



記事検索
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ