このブログでは「安全・正確・シンプル・パワフル・ビューティフル」の
5つのテーマを追求した世界最先端ゴルフ理論「K1Hスイング理論」を
紹介します。
このゴルフ理論は日本のゴルフ界の発展に貢献できると確信しています。

皆さんは疑問に思った事はありませんか?
なぜ日本のゴルファーはゴルフをすると体のあちこちが痛むのでしょうか?
なぜ日本のゴルファーはプロになってからスイングを変えるのでしょうか?
プロになってからスイングを変える事は子供の時よりはるかに大変です。
長年反復練習をして体で覚えたスイングですから矯正が難しいのです。
そこでどうせゴルフを学ぶなら、シングルやプロを目指すだけでなく
将来スイングを変えなくてもよい「体に優しいゴルフ」を学びませんか?

私の夢は読者の皆様と日本人メジャーチャンプ予備軍を沢山育てる事です。
ブログを読む前に良かったらこちらのPVをご覧下さい。
オーストラリアのジュニアゴルフレッスン時のスイングです。
http://www.youtube.com/watch?v=peRcV5Lv5iI&feature=related
こちらは40才後半の癖ゴルファーさんの練習スイングです。
http://www.youtube.com/watch?v=33qTE-eJChc&feature=related
初めての方は1月23日「ゴルフするとなぜ体が痛くなる?」から読んだ方が分かりやすいです。  http://blog.livedoor.jp/golfstudy/archives/2493437.html
過去のページでも内容を更新していますので読み直して楽しんで下さい。
K1Hスイング理論/通信教育の詳細はこちら http://k1h.ehoh.net/

フィニッシュでは右の足の裏が見えるようにして下さい?

にほんブログ村 ゴルフブログへにほんブログ村 
こちらの応援クリックをお願いします!

K1Hスイング理論の通信教育を3年間以上継続頂いている
シニア女性Kさんから最近下記メールを頂きました。

池田先生、
お疲れ様です。

今日はインドアレッスンの日でした。

こちらのコーチに
『Kさんフィニッシュでは右の足の裏が見えるようにして下さい。』
その時はPWの練習(3/4ショット)をしていた時でした。
一応『はい』と返事はしましたがその必要があるのかな?
と疑問でした。
長いクラブになれば自然と右の足の裏は反ります。
それでいいのではないでしょうか?

『Kさん、苦手なクラブの練習もしてくださいね』
とも言われました。
そう言われて考えましたが苦手なクラブクラブが思い浮かびません。
K1Hスイングが身に付いてきたのか全てのクラブを同じ様にスイング
しているのでどのクラブに対しても苦手意識が無い事に気が付きました。
もちろん、当たりが良くない時もありますが修正は直ぐに出来ます。
わたしも成長しているなと感じた瞬間でした。
(後述省略)
K

私もKさんと同意見です。
K1Hスイング理論ではダウンスイング時右足で蹴る事はありません。
また、全てのアイアンでボールが左目の前にありますので
苦手意識はありません。
先週Kさんを実際にレッスンさせて頂く機会がありました。
アドレスからスイングまで良く勉強されていてダフリもなく
安定したショットに驚きました。

つづく

このブログではK1Hスイング理論を紹介していますが
Hスイングに関しては詳細を説明しておりません。
一見棒立ち風のK型アドレス1軸スイングを真似て
ダフらなくなったが飛距離が出ないという方は
Hスイングの修得が必要です。
Hスイングはアドレスだけでなくテイクバックでさえ
従来のスイング理論と考え方が異なっています。
詳細はこちら
http://k1h.ehoh.net/

K1Hスイング理論としてはこのスイングが完成形です。
このスイング動画のリズムを今後とも参考にして下さい。



全米オープン 松山英樹選手の強さの秘密

にほんブログ村 ゴルフブログへにほんブログ村 
こちらの応援クリックをお願いします!

全米オープン最終日、松山英樹選手の猛チャージ素晴らしかったですね。
ショットとショートゲームそしてパッティングどれをとっても素晴らしい精度でした。
今年の松山選手の技術向上について丸山茂樹選手が下記の動画で解説しています。
その解説を踏まえてもう一度松山選手のプレイを観てみましょう。
つづく

このブログではK1Hスイング理論を紹介していますが
Hスイングに関しては詳細を説明しておりません。
一見棒立ち風のK型アドレス1軸スイングを真似て
ダフらなくなったが飛距離が出ないという方は
Hスイングの修得が必要です。
Hスイングはアドレスだけでなくテイクバックでさえ
従来のスイング理論と考え方が異なっています。
詳細はこちら
http://k1h.ehoh.net/

K1Hスイング理論としてはこのスイングが完成形です。
このスイング動画のリズムを今後とも参考にして下さい。



研修生達に「スイングがきれいですね」と褒められました!

にほんブログ村 ゴルフブログへにほんブログ村 
こちらの応援クリックをお願いします!

先日下記の様なメールを頂きました。

池田先生

こんにちは


今日は日本オープンも何度か開催したことのある
武蔵カントリーク
ラブに行ってきました。
私の所属する○○クラブのメンバーと研修生と一緒に回り、
皆から「とてもきれいなスイングをしているね」
と言われたので
嬉しくてついメールしてしまいました。

特に研修生からは「始めて数年で今のスイングですか?凄いですね!」
とお世辞抜きで驚かれました。

最近はコンペなどに出てもそういった声は良く掛けていただけるように
なったのですが、ゴルフを本格的に始めてからは5年。
ゴルフ素人のメチャクチャなスイングが先生のもとで3年半程度で
今のスイングに改善できたと話をしますと皆一様に驚きます。
(中略)
今年に入ってからティーショットの飛距離も昨年までより伸びて
スコア以上にゴルフを楽しめるようになりました

K1Hスイングとしてはまだまだ完成度は低いですし
個人的にもス
イングはまだまだだという認識ですが、
先生と先生のK1Hスイングのおかげで人前で恥ずかしくない
スイ
ングができるようになり、感謝の思いでいっぱいです。
来月あたりまた個人レッスンをお願いできればと思います。
その際はまたよろしくお願い致します。
J.T.

K1Hスイング理論はジュニアを将来ゴルフプロにするために
開発したゴルフスイング理論です。
その為に「安全・正確・シンプル・パワフル・ビューティフル」
の5つのテーマを追求した世界最先端ゴルフ理論です。

1.安全
ジュニアがプロを目指して長年に渡って反復練習しますので
腰痛、股関節痛、左手・肘の腱鞘炎、首痛、肋骨の疲労骨折等
スポーツ障害が起こり難いスイング理論になっています。

2.正確
プロのスコアーが出なければいけませんので、方向性・距離が
正確に出やすいスイング理論です。
シャフトのしなりを使い過ぎると正確な
方向性・距離が出ません。

3.シンプル
ジュニアに教えても分かりやすいという事は上級者やシニアに
教えても分かりやすいのです。

4.パワフル
飛距離が将来出るように下半身・上半身の鍛え方、使い方にも
拘りがあります。

5.ビューティフル
2年以上習っているまだ中級者でもスイングの美しさから
同伴者から褒めて貰える生徒さんが増えてきました。

通信教育だけでなく東京、神奈川、千葉、埼玉の練習場で
実際に教える機会を増やして頂いて心から感謝しています。
また、周囲のゴルファーのスイングを拝見して今後も普及する
必要を改めて感じています。

読者の皆さんもぜひ一度K1Hスイング理論の購読をお勧めします。
K1Hスイング理論/通信教育の詳細はこちら
http://k1h.ehoh.net/

お問い合わせ先は
k1hswing4u@gmail.com
池田まで

つづく

このブログではK1Hスイング理論を紹介していますが
Hスイングに関しては詳細を説明しておりません。
一見棒立ち風のK型アドレス1軸スイングを真似て
ダフらなくなったが飛距離が出ないという方は
Hスイングの修得が必要です。
Hスイングはアドレスだけでなくテイクバックでさえ
従来のスイング理論と考え方が異なっています。
詳細はこちら
http://k1h.ehoh.net/

K1Hスイング理論としてはこのスイングが完成形です。
このスイング動画のリズムを今後とも参考にして下さい。



livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ