にほんブログ村 ゴルフブログへ
 こちらをポチッとお願いします!

石川遼プロのソニーオープンから
アクセンチュアマッチプレー選手権の
スイングの変化及び2010年からの
スイング改革の経過を見る事によって
プル、フック、スライスの矯正の仕方の
ヒントが見えてくるので紹介します。

先ず、
石川遼プロのソニーオープンから
アクセンチュアマッチプレー選手権の
スイングの変化ですが、例によって
ゴルフダイジェスト様の下記を先に
必ずご覧下さい。

ソニーオープンの石川プロのスイング 
http://news.golfdigest.co.jp/tournament/players/swing/tse000000010002.html 
世界マッチプレーの石川プロのスイング 
http://news.golfdigest.co.jp/tournament/players/swing/tse000000010001.html 
Ryo12
アドレスでの変化ですがプル、スライス 、フック の矯正がされている。
プ   ル   対策:ボールポジションをボール一個右へ移動。
スライス対策:グリップをストロングに戻す。
フック    対策:クラブフェースを若干オープンにする。
その他に腰が開かない様に若干左足を閉じた。

Ryotop
RyoDown
右はグリップがストロングなのでこの時点でクラブフェースは既に閉じている。

Ryoimpact
 右はインパクト時方向性の悪いリストターンが少なくなっている。

Ryofollow
 左手が回り過ぎている。                 両手が一体化している。

RyoFinish

 実はアドレスでフェースを若干開く以外は2010年のスイングに近いので
即効性があったはずです。
       2010年                                         2012年
Ryo10
Ryo10top
右は2010年に比べ左腰が回り過ぎている。
オーバースイングの割には上体の捻転が
2010年に比べ少ない。今後の課題です。
それだけアメリカでは飛距離のプレッシャーが
あるのでしょう。
Ryo10impact

結果的に2011年のスイング改造が無駄の様に
感じられますが
      2011年                       2012年  
Ryo11
   超ストロンググリップ              ストロンググリップ
Ryo11top
Ryo11impact
インパクトの左手はリストターンもなく
2011年が一番良いと思います。

では2011年はなぜプルフックが出たのか?
      2010年                         2011年
Ryo1011

 アドレスのボールの位置が左過ぎる。
次にグリップがストロング過ぎたのではなくて、
アドレス時のクラブフェースをもう少し開けば
それで飛距離は伸びて方向性も良くなっていた
はずです。

grip

K1Hスイング」のグリップを真似てフックが出ている方は
グリップをウィークに戻すのではなく、今回の石川プロの
様にクラブフェースを若干開いて再トライして下さい。

日本のゴルフが弱くなった理由の一つは伝統的な
ウィークグリップのコーチからの伝承とフックフェースの
クラブを下手に合わせて作りすぎた事にもあります。
コーチがウィークグリップを教えるのですから
初心者生徒のボールはスライスします。
そこでクラブメーカーはフックフェースのクラブを
開発し、日本人向けクラブとして普及したのです。

クラブメーカーはもっとオープンフェースのドライバーを
石川遼プロや日本を背負って立つ若いプロ達の為にも
ぜひ早急に開発して頂きたいと思います。
アーノルドパーマーが喜びそうな
スーパーストロンググリップでなければ
打てないぐらいのドライバーをお願いします。

フックフェースのクラブやウィークグリップは
縦振りには有効ですがリストターンをしない
横振りには不適当です。

縦振りは体に負担が掛かります。だから
日本のゴルファーは体を痛める方が
多いのです。はっきり言って、これは
プロコーチやクラブメーカーにも責任があります。

日本人メジャー優勝者を将来出す為には
ジュニアゴルファーが大人になるまでに
体の負担を少なくする事。その為には
クラブメーカーやプロコーチのご尽力が絶対に
必要です。宜しくご検討をお願いします。

つづく

こちらで完璧な左1軸・K1Hスイングを紹介しています。
詳細はこちら:http://golfstudy.shisyou.com/



このブログを多くのジュニアゴルファーやその家族やコーチに
見て欲しいのでランキングチェックお願いします。 See you. 
にほんブログ村 ゴルフブログ キッズ・ジュニアゴルファーへにほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ