にほんブログ村 ゴルフブログへにほんブログ村 
こちらの応援クリックをお願いします!
インパクト時ボールは右斜めから見ますかそれとも真上から?
日本のYOUTUBE動画ゴルフレッスンでインパクト時はボールは
右斜めから見るように指導しているコーチがいます。
世界のトッププロ選手のインパクトの形が右斜めからが多いから
でしょうか?
インパクト時に頭が右へ残れば背中が反ったフィニッシュになり
腰痛や背筋痛になり易く実際に多くのトッププロがスポーツ障害を
抱えています。
そのような理論をどうして子供達に教えるのでしょうか?
世界のトッププロコーチはどの様に教えていると思いますか?
インパクトの形に関して元USPGAティーチャーオブザイアーの
チャールズ・ソーレルコーチの動画を参照して下さい。
アドレスとインパクト時の頭の位置が極似している再現性の高い
スイングになっています。
1
https://www.youtube.com/watch?v=tJomjvtfeyM&index

オーストラリアの元AUSPGAティーチャーオブザイアーの
マークギブソンコーチの場合も同じです。
2
どちらのコーチも安全性と再現性の高いインパクトです。
つづく

このブログではK1Hスイング理論を紹介していますが
Hスイングに関しては詳細を説明しておりません。
一見棒立ち風のK型アドレス1軸スイングを真似て
ダフらなくなったが飛距離が出ないという方は
Hスイングの修得が必要です。
Hスイングはアドレスだけでなくテイクバックでさえ
従来のスイング理論と考え方が異なっています。
詳細はこちら
http://k1h.ehoh.net/

K1Hスイング理論としてはこのスイングが完成形です。
このスイング動画のリズムを今後とも参考にして下さい。