森田理香子

このブログでは「安全・正確・シンプル・パワフル・ビューティフル」の5つのテーマを
徹底的に追求した世界最先端ゴルフ理論「K1Hスイング理論」を紹介します。
このゴルフ理論は日本のゴルフ界の発展に貢献できると確信しています。

皆さんは疑問に思った事はありませんか?

なぜ日本のゴルファーはゴルフをすると体のあちこちが痛むのでしょうか?
なぜ日本のゴルファーはプロになってからスイングを変えるのでしょうか?
プロになってからスイングを変える事は子供の時よりはるかに大変な事です。
長年反復練習をして体で覚えたスイングですからなかなか矯正ができません。
そこでどうせゴルフを学ぶなら、90切りやシングルやプロを目指すだけでなく
将来スイングを変えなくてもよい「体に優しいゴルフ」を学びませんか?

私の夢は読者の皆様と一緒に日本人メジャーチャンプ予備軍を沢山育てる事です。
ブログを読む前に良かったらこちらのPVをご覧下さい。
オーストラリアのジュニアゴルフレッスン時のスイングです。
http://www.youtube.com/watch?v=peRcV5Lv5iI&feature=related
こちらは40才後半の癖ゴルファーさんの練習スイングです。
http://www.youtube.com/watch?v=33qTE-eJChc&feature=related
初めての方は1月23日「ゴルフするとなぜ体が痛くなる?」から読んだ方が分かりやすいです。  http://blog.livedoor.jp/golfstudy/archives/2493437.html
過去のページでも内容を更新していますので何度も読み直して楽しんで下さい。
K1Hスイング理論/通信教育の詳細はこちら http://k1h.ehoh.net/

ショートゲームが下手なのは森田理香子プロだけではなかった

にほんブログ村 ゴルフブログへにほんブログ村 
読む前にこちらの応援クリックをお願いします!

森田プロの様にダウンスイング時に腰の高速回転を
利用して飛距離をアップさせている女子ゴルファーは
当然の様に増加しているようです。

アマチュアの試合ならまだしも世界一のプロゴルファーを
目指すジュニアには私はお勧めしません。

そこでもう少し詳しく説明します。

今回紹介するのは157㎝の身長に関わらず250ヤードの
飛距離が出る今売出し中の香妻琴乃プロです。

下のYOUTUBEを観て下さい。


香妻プロも森田プロと同じ様にショットは抜群の安定感です。
香妻A
ただ、ロブショットはダフリ、バンカー超えのアプローチでは
オーバーしています。
香妻B
前回も説明した様に腰の回転を利用してフルショットを
するプレイヤーは腰を止めるショートゲームではダフリ
腰を回すショートゲームではオーバーする事が多いのです。
また、腰の高速回転を利用すると腰痛になりやすく、
香妻プロはその予防策として下半身を鍛えているそうですが、
私は青木功プロと同じ意見で上半身を鍛えて腰の高速回転を
減少させた方が腰痛も減少し、ショートゲームも安定する
と思います。
http://www.alba.co.jp/tour/news/article/no=34571

もう一人韓国の女子プロで珍しく下半身の高速回転を
利用しているサンムンリー(Sung Woon Lee)を紹介します。
韓国女子プロはジュニア時代に通常オーストラリアの
PGAプロかアメリカのレッドベター系のPGAプロから
ゴルフの基礎を習っています。

(余談ですが台湾やタイのジュニアはオーストラリアPGAの
コーチから習う事が多い。
台湾のヤニーツエンやテレサルーのジュニア時代のコーチは
カリーウェブのジュニア時代と同じオーストラリアのコーチです。)

ワンプレーンのスイングは一般的にオーストラリア系で、
ループスイングはレッドベター系のプロの影響です。

ただ、サンムンリーのスイングはそれらとは異なり、日本の
でんでん太鼓スイングに近いのです。
まず下のYOUTUBEを観て下さい。
教えているのはアメリカ在住のスティーブ・エルキントンプロ
(USPGA10勝、内メジャー1勝のオージー)です。


次に彼女のスイングと韓国の女マキロイことキムヒョージュの
スイングを比較したYOUTUBEを観て下さい。

Kim & Leeサンムンリーはループスイング、キムヒョージュはワンプレーン
スイングです。
サンムンリーの方がダウンスイング時の腰の回りが明らかに
早いですね。
腰を早く開く事でフォローでクラブをインへ振りやすくフェードや
ストレートが打ちやすいメリットは確かにあります。
しかし、キムヒョージュは下半身の高速回転を使用しなくても
ヘッドスピードがほとんど変わりません。
ショートゲームも安定しているはずです。

サンムンリーがショートゲームが下手であることを示す動画は
見つかりませんでしたが、コーチであるスティーブコーチの
ショートゲームが現役の時に比べ下手になっている動画を
見つけました。
手打ちと呼ばれる現役時代のオーストラリアスイングから
飛距離を伸ばす為に始めた下半身の高速回転によって
ショートゲームは予め腰を開くようになったようです。
それを見たショートゲームのスペシャリストのフィル・ロジャース
プロ(USPGA5勝)から若干矯正されています。


全盛期のスイングと比較してみて下さい。


つづく



このブログではK1Hスイング理論を紹介していますが
Hスイングに関しては詳細を説明しておりません。
一見棒立ち風のK型アドレス1軸スイングを真似て
ダフらなくなったが飛距離が出ないという方は
Hスイングの修得が必要です。
Hスイングはアドレスだけでなくテイクバックでさえ
従来のスイング理論と考え方が異なっています。
詳細はこちら
http://k1h.ehoh.net/

K1Hスイング理論としてはこのスイングが完成形です。
最近のベンはジムトレーニングによる筋力の増加でヘッドスピードが
上がりXシャフトのクラブを使用しています。
ジュニアやアマチュアでシングルを目指すゴルファーの皆さんは
このスイング動画のリズムを今後とも参考にして下さい。



森田理香子プロはなぜショートゲームが下手なのか?その2

にほんブログ村 ゴルフブログへにほんブログ村 
読む前にこちらの応援クリックをお願いします!

森田プロのショートゲームの問題は誰にでも起こる事です。
そこでもう少し詳しく説明します。

森田プロのアプローチとアイアンのフルスイングの
写真そしてYOUTUBEをもう一度見て下さい。
森田2


アプローチのインパクトは腰と両目と両腕がボールと
正対しています。
この時の重心位置は体の中心にある所謂A型アドレスです。

アイアンのインパクト直前は両目と両腕はボールと
正対していますが下半身が既に目標を向いています。
フルスイングの直前で腰を目標に向けると重心は
左へ移っています。
 
森田プロはセカンドショットを腰を開いて左体重でインパクト
したにも拘らずターフが取れていないという事は入射角は
浅くなっていました。
その後にA型アドレスで腰を回さないでショートゲームをすると
入射角は浅いままになりダフリやすくなります。

皆さんは最近同じトラブルを起こした世界のトッププレヤーを
観ませんでしたか?

その人とはショートゲームの名手タイガーウッズです。
左体重のスタック&ティルトを止めて以前のA型アドレスの
スイングに戻したらショートゲームが微妙にダフリ始めました。
 
タイガーの場合はA型アドレスのスイングに慣れれば
又昔のショートゲームの名手に戻れるでしょう。

しかし森田プロの場合は腰を目標に向けてアプローチを
するわけにはいかないでしょうから、微妙なダフリが
今後も出る可能性が高いです。
将来もフルスイングで腰を開くのであれば、せめて
ショートゲームは若干左体重にすればダフリは
減少するかもしれません。

ここで森田プロの師匠である岡本綾子プロのスイングと
比較してみましょう。
先ずYOUTUBEを観て下さい。


岡本プロのインパクト直前の右踵の上りは森田プロに比べ
少ないです。
岡本
岡本プロのフルショットとアプローチのインパクトの形は
よく似ています。
岡本ロブ&ショット韓国のトッププロ達と同様にラインが出るショートゲームの延長に
フルスイングがあるのです。
K1Hスイング理論でもそれは同じ考えです。
インパクトベンショートゲーム






つづく

このブログではK1Hスイング理論を紹介していますが
Hスイングに関しては詳細を説明しておりません。
一見棒立ち風のK型アドレス1軸スイングを真似て
ダフらなくなったが飛距離が出ないという方は
Hスイングの修得が必要です。
Hスイングはアドレスだけでなくテイクバックでさえ
従来のスイング理論と考え方が異なっています。
詳細はこちら
http://k1h.ehoh.net/

K1Hスイング理論としてはこのスイングが完成形です。
最近のベンはジムトレーニングによる筋力の増加でヘッドスピードが
上がりXシャフトのクラブを使用しています。
ジュニアやアマチュアでシングルを目指すゴルファーの皆さんは
このスイング動画のリズムを今後とも参考にして下さい。



森田理香子プロはなぜショートゲームが下手なのか?

にほんブログ村 ゴルフブログへにほんブログ村 
読む前にこちらの応援クリックをお願いします!

先週末森田理香子プロは2位まで追い上げました。
さすがです。
そこで、今回は森田プロに関連する話題です。

日本の女子プロは韓国の女子プロだけでなく
台湾の女子プロにも勝てなくなってきています。
その原因の一つがシーズン中に「ショートゲームが
下手になる事」です。
日本の女子プロがショートゲームが下手なのではなく
シーズンが始まるとオフシーズンに沢山練習して
勘を取り戻した「ショートゲームがシーズン中に
下手になる」のです。

最大の原因はフルスイングとショートゲームの
スイングが違い過ぎる事。
その典型的なプロが森田理香子プロ。
http://news.golfdigest.co.jp/news/gdoeye/jlpga/article/54386/1/
下記のYOUTUBEの中のアン・ソンジュプロと
森田プロのスイングを見て下さい。
どちらもナイスショットですがインパクト直前の
腰の回り方が全く違います。
森田プロは典型的な「でんでん太鼓スイング」
インパクト直前に腰は既に目標を向いています。
v=LT90QVOqz4w&feature=player_embedded
森田アンソンジュ
日本のプロは男子プロを含め飛距離重視の選手が多く
切り返しで腰を早く回します。
その為にインパクト前に右踵が早く上がる選手が多い。
ショートゲームではこの動きをしませんから、どうしても
2種類のスイングが必要になります。
「腰を早く回すフルスイングと回さないショートゲーム」
腰を早く回したフルショットの後のショートゲームやハーフショットは
腰を早く回さないのでダフリやプッシュになりやすい。
従ってパーオン率が下がるメジャー等のフェアウェイが長く狭く
グリーン周りのラフが深いコースでは日本のプロは優勝するのが
難しくなります。
 
森田2
その点「べた足打法」のアンソンジュやインビー・パークは
フルショットからショートゲームまで同じスイングです。
インビーパク


「べた足打法」で有名な青木功プロを真似ているのは日本の選手ではなく
韓国の選手の方が多いのです。


アンソンジュ 次回もう少し詳しく説明しましょう。





つづく

このブログではK1Hスイング理論を紹介していますが
Hスイングに関しては詳細を説明しておりません。
一見棒立ち風のK型アドレス1軸スイングを真似て
ダフらなくなったが飛距離が出ないという方は
Hスイングの修得が必要です。
Hスイングはアドレスだけでなくテイクバックでさえ
従来のスイング理論と考え方が異なっています。
詳細はこちら
http://k1h.ehoh.net/

K1Hスイング理論としてはこのスイングが完成形です。
最近のベンはジムトレーニングによる筋力の増加でヘッドスピードが
上がりXシャフトのクラブを使用しています。
ジュニアやアマチュアでシングルを目指すゴルファーの皆さんは
このスイング動画のリズムを今後とも参考にして下さい。



森田理香子VS比嘉真美子 スイング対決!その2


にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
 読む前にこちらの応援クリックをお願いします!

今回は森田プロと比嘉プロのスイングを後方から比較します。

ゴルフダイジェスト様スイング動画を参考にさせて頂きます。
2013年の森田プロと2012年比嘉プロのスイングを先にご覧下さい。
http://news.golfdigest.co.jp/tournament/players/swing/tse000000043802.html
http://news.golfdigest.co.jp/tournament/players/swing/tse000000675602.html
森田B1森田プロは母子球から踵体重。
比嘉プロは母子球から爪先体重です。
母子球から爪先体重の場合はインパクトで
左踵が浮き上がりやすい。

森田B2
森田プロはテイクバックで右肘が曲がっている。
比嘉プロはテイクバックで右肘が伸びている。

森田B3森田プロは2プレーンスイングの軌道です。
比嘉プロは1プレーンスイングの軌道です。

森田B4比嘉プロの方が上体の捻転が大きいです。
森田プロの方がクラブフェースが開いている。

森田B5森田プロの方が切返しで腰と肩の開きが早い。
これはトップで上体の捻転が十分にできていないからです。

森田B6森田プロはこの時点でリストターンを始めている。
トップで開いていたクラブフェースを閉じる為です。

森田B7森田B8森田プロはこの時点でフェースローテーションをしていますが
比嘉プロはそのままのフェースで目標方向に押し込んでいます。
方向性の安定感では比嘉プロの方が良いと思います。

森田B9
森田プロはこの時点でクラブフェースが返っていますが、
比嘉プロのクラブフェースは返っていません。

森田B10比嘉プロはバックスイングで上体の捻転が大きかった為
その反動でフィニッシュでの上体の捻転も大きいです。

森田B11森田プロはバックスイングで腰が回っていますが上体の捻転が少ない。
従って腰を回していないジム・フューリックとスイングが似ています。
二人ともトップで上体の捻転が不足していますので
切り返しで腰の開きが早くなります。
右肘が右腰に近づいてきて腰に負担が掛かりそうです。

森田B12森田B13ただし、ジム・フューリックはフェードを打っていますので
腰への負担が
森田プロよりは少ないです。
森田B14 

総評:

森田プロの問題点は
スクエアーグリップからの
リストターン。 
フェアウェイが狭く距離のある世界のメージャー大会では
苦戦するでしょう。
2プレーンスイングから上体の捻転不足により
腰の開きが早い(ドローを多用すれば腰痛の危険性)等。

比嘉プロの問題点は
アドレスの右体重からの股関節痛になる危険性。
母子球から爪先体重による左膝・左踵の負担等。

スイングの完成度は比嘉プロの方が高いです。
アドレスを左体重に変えて
母子球から踵体重にすれば
将来世界でも
末永く活躍できる一流選手になると思います。
 
 
つづく
 


このブログではK1Hスイング理論を紹介していますが
Hスイングに関しては詳細を説明しておりません。
一見棒立ち風のK型アドレス1軸スイングを真似て
ダフらなくなったが飛距離が出ないという方は
Hスイングの修得が必要です。
Hスイングはアドレスだけでなくテイクバックでさえ
従来のスイング理論と考え方が異なっています。
詳細はこちら
http://k1h.ehoh.net/


K1Hスイング理論としてはこのスイングが完成形です。
最近のベンはジムトレーニングによる筋力の増加でヘッドスピードが
上がりXシャフトのクラブを使用しています。
ジュニアやアマチュアでシングルを目指すゴルファーの皆さんは
このスイング動画のリズムを今後とも参考にして下さい。

K1Hスイング通信教育中の相馬さんの下記ブログの
体験記事をご覧下さい。
相馬さんは他にも オジーモア氏・小池幸二氏の左一軸理論、
ライトサイドスイング、佐久間馨氏のSメソッド、坂田信弘プロの
ショートスイング、栗林保雄氏のゴルフ潜在軌道理論、
山口信吾氏の2年でシングル論、摩季れい子氏の
2軸のシャドウスイング理論等いろんなゴルフ理論を読まれ、
日々の上達を記録されていて大変興味深いです。
http://ameblo.jp/pnmona19/entry-11341834832.html 
http://ameblo.jp/pnmona19/entry-11308198358.html 
http://ameblo.jp/pnmona19/entry-11536318928.html

森田理香子VS.比嘉真美子 プロスイング対決!


にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
 読む前にこちらの応援クリックをお願いします!

今回は森田理香子プロと比嘉真美子プロのスイングを比較します。
二人とも飛ばし屋ですがスイングがかなり異なります。
ゴルフダイジェスト様スイング動画を参考にさせて頂きます。
先に2013年の森田プロと比嘉プロのスイングをご覧下さい。
http://news.golfdigest.co.jp/tournament/players/swing/tse000000043801.html
http://news.golfdigest.co.jp/tournament/players/swing/tse000000675601.html 

森田1アドレスの見た目は森田プロの方が右斜頸が多いですが、
下半身は左体重です。
比嘉プロは下半身が右体重で左足が右へ傾いていますので
以前の宮里藍プロと同じように将来股関節痛になる可能性が高い。
 
ボールの位置は森田プロが左踵前で比嘉プロはそれより
ボール1個右です。
森田プロの方が両肘の間隔が狭い。
肩甲骨の外転が既に終わっている。

森田2比嘉プロはテイクバックで右脇が開いている。
肩甲骨の外転をこの時点で始めている。

森田3森田4トップでのクラブフェースは比嘉プロの方が閉じている。
左グリップがストロングなのでインパクト前後にフェースローテーションの
必要がない。
上体の捻転もしっかりできているので切返しで左肩の開きが
森田プロに比べ少ない。

森田5切返しで森田プロの右サイドが回り始めている。
フェードを打つのであれば問題ないがドローを打つのであれば
藤田寛之プロや石川遼プロの様に右肋骨疲労骨折や腰痛になる
可能性がある。

森田6森田7インパクト直前に比嘉プロは左膝を伸ばし始めている。
森田プロは膝の高さを変えない打ち方である。
2011年頃は森田プロも左膝を伸ばし始めていた。
岡本綾子プロからのクラシックな助言かもしれない。
森田72
森田9森田プロはウィークグリップの分リストターンをしている。
比嘉プロはリストターンをしない分ボールを押し込む事が
できるので方向性が良くフォローが大きくなる。

比嘉プロは爪先体重で左踵が浮いている。
インパクト後に以前のタイガーの様に左膝に負担が掛かる。
森田プロは踵体重で左足が静かである。

森田10森田11比嘉プロはフィニッシュで両足が交差しているので
将来股関節痛になる可能性が高い。

森田12森田プロは現在のフィニッシュの方が腰や背骨に負担が掛かっている。
2011年のフィニッシュの方が体の負担が少ない。


明日は後方からのスイングを比較します。



 
つづく
 


このブログではK1Hスイング理論を紹介していますが
Hスイングに関しては詳細を説明しておりません。
一見棒立ち風のK型アドレス1軸スイングを真似て
ダフらなくなったが飛距離が出ないという方は
Hスイングの修得が必要です。
Hスイングはアドレスだけでなくテイクバックでさえ
従来のスイング理論と考え方が異なっています。
詳細はこちら
http://k1h.ehoh.net/


K1Hスイング理論としてはこのスイングが完成形です。
最近のベンはジムトレーニングによる筋力の増加でヘッドスピードが
上がりXシャフトのクラブを使用しています。
ジュニアやアマチュアでシングルを目指すゴルファーの皆さんは
このスイング動画のリズムを今後とも参考にして下さい。

K1Hスイング通信教育中の相馬さんの下記ブログの
体験記事をご覧下さい。
相馬さんは他にも オジーモア氏・小池幸二氏の左一軸理論、
ライトサイドスイング、佐久間馨氏のSメソッド、坂田信弘プロの
ショートスイング、栗林保雄氏のゴルフ潜在軌道理論、
山口信吾氏の2年でシングル論、摩季れい子氏の
2軸のシャドウスイング理論等いろんなゴルフ理論を読まれ、
日々の上達を記録されていて大変興味深いです。
http://ameblo.jp/pnmona19/entry-11341834832.html 
http://ameblo.jp/pnmona19/entry-11308198358.html 
http://ameblo.jp/pnmona19/entry-11536318928.html

livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ