こちらはかなり激しい降り方ですね。川は増水し、左に見える暗い森が所々明るく輝いて見えるのは、稲光の反射のようです。森の奥にはこの地の盗賊を退治したという坂上田村麻呂の神社があり、橋を渡る大名行列の武士たちがうなだれているように見えるのは雨のせいばかりではなく、敬意を表し頭をたれていると見ることもできるそうです。
土山S
歌川広重の東海道五十三次
「土山・春之雨〈つちやま・はるのあめ〉」


【ツボコメ】
現在市の生涯教育人材バンクに登録していて、この先シャドーボックス講座を開くこととなりました。そのためにまずは一日体験として、この夏にセミナーが開かれるのでそれに向けた準備も始めなければなりません。大勢の受講生を前にして教えるのにも多少不安がありますが、用具や材料の手配からどんなものを題材にすればいいのかなど、次から次に課題が出てきて頭を悩ませています。自分一人なら絵や額など自前で調達したものを使えましたが、大量に必要となるとやはり品質の安定した商品に頼らなくてはならないでしょう。わたしとしては金額的に安く押さえてやりたいのですが、まさかいきなり浮世絵を題材にしたものを作らせるのもねぇ…(^_^;)


 ステレオグラムショー
毎回の作品を裸眼立体視で見ていただくコーナーです。
(わかりにくい方は一回目の説明をご覧ください)

【平行法】
土山LR

【交差法】
土山RL

(それぞれ画像をクリックすると別のウィンドウに大きく表示されます)