2016y11m30d_201536373_R


渡辺直美が汚部屋の片付けで100万円使ったと告白「想像以上に汚いんですよ」

シンボルキャラのビヨンセをはじめ、今やお茶の間の人気コメディエンヌ渡辺直美さんの部屋が汚い事は知る人ぞ知る話となっておりますが、「王様のブランチ」(TBS系)で、100万円もの大金を部屋の掃除に使ったと激白されました。

彼女自身、
  • 掃除が苦手

  • 興味を持てない
そうで、それでも

”やらなければ”

と思うのだそうですが、ついつい部屋にモノが山積みになるのだとか。


そしてそのしわ寄せとして、転居時に

”私ひとりではとうてい無理”

と業者へ依頼するそう。


その費用として100万円かかっでしまったとの事でした。


通常ゴミ屋敷と言えば、悪臭が漂い、壁も窓も床も部屋全体が汚れていたりする事が多いのですが、床はキレイなままで、外食ばかりの為、キッチンもピカピカだったという事。

いわゆる不用品の撤去・回収だけで、100万円が必要だったのか?

はたまた悪徳業者に引っかかったのか?!

いずれにせよ、相当なボリュームであった事だけは想定されますね。



この他にも実際に、

”汚部屋の状態を撮りたい”

という依頼が過去にあり、本当に汚い事を理由に一度は断ったものの、スタッフからたっての要請で引き受けたそうです。


しかしいざ、撮影でスタッフを部屋に上げたところ、担当カメラマンが

”汚ねぇじゃねぇかよ、オラァ!? 足の踏み場もねぇじゃねぇかよ! なんだ、この部屋!!”

と激怒されたんです。


一部芸能人にもみられる”片づけられない人”


基本的に私は通常辛めのコメントを投げるのですが、何か一つ秀でた才能のある人間には、もう一方で何かが欠けるなんて事があるのです。

ましてやお笑いですから、こんな私生活の状況も”おいしい”笑いに変えられるのでしょう。

お金もあるし、本当に困ればまた業者に頼めばいい。

そうやって経済も回る。

でも一般庶民の皆さまは、くれぐれも他人に迷惑をかけない様に、注意が必要ですね。