e8b3d6e0-s

皆さんお久しぶりぶり

たけるです

 

もっぱら花粉症の僕は鼻水とくしゃみを繰り返し、
毎日鼻血を出してます

 

昔学校の先生が「3月は去る月」なんて言ってましたが

1年で最も出会いと別れがあるこの時期色んなところで節目節目の催しに出くわしますね

 

 

実は我々大帝ポペもある節目を迎えます

 

誰あろう僕寺川

 

この度しばらく「役者」としての活動を
お休みさせて頂く運びとなりました

 

色んな環境の変化でこの決断をしました

 

今回は少しだけ思い出話等させてください

 

僕は周りの人より少し遅れて本格的にお芝居に関わり始めました

 

26歳の時に始めて劇団きららさんの公演を観るまで
小劇場というジャンルがある事すらも知りませんでした

 

大学で福岡に出ていた僕が熊本に里帰りして
お芝居に関わり始めた時にはすでに
「若手」と言われる役者の中でも年齢だけは
わりかし上の方でした

そのくせ高校演劇や大学演劇から続けている人が多い中
僕は経験値も知識もからっきしで

ケラリーノサンドロヴィッチは外人だと思ってました

それはそれは物凄い劣等感を感じていました

 

今でも周りの演劇人が話してる劇団名とか
人名は分からないことが多いです

 

前にも書きましたがお芝居に携わる人達は
僕が出会った事ないような人達ばっかりで

自分はなんて平凡な人間なのかとガッカリしました

自分みたいなのがお芝居してていいのか凄く不安になりました

 

けどそれが逆に面白い人達ばかりの演劇人の中においては
「異色」だったらしく

 

物珍しさからちょくちょく芝居をはじめとする
色んな表現の場に関わらせてもらえるようになりました

 

自分より実力も経験値も魅力も兼ね備えてる
周りの人達を差し置いて

 

だから人より早く吸収しなきゃと思いました

自分に与えられた役割に見合うだけの実力を
早く身につけなくちゃいけないと思いました

 

余談ですが僕大学までずっとサッカーしてて

今でもちょくちょくフットサルしてるんですけど

何が楽しいってできなかった技が
できるようになる瞬間が一番楽しいんですね

そういう気質はお芝居においても同じで

 

最初は義務感というか強迫観念みたいなものに追われてたんですが

 

次第にただただもっとお芝居が上手くなりたいっていう
欲望に変わりました

 

できなかったことができるようになる

わからなかった感情が生活のふとした瞬間に理解できる

 

その体験をもっともっと

 

その一心が今まで僕を突き動かしてきました

 

実は大帝ポペという団体は
一回きりのユニットのつもりで始めました

 

共通の趣味である映画の感想や見解を話して、
その点においては気があうなとは思っていましたが

それまで何回か共演した程度で僕と井上ゴムは
ほとんど互いの人となりを知りませんでした

 

おそらくトリガーになったのは
たまたまあるお芝居を2人が観に行き、
その帰りにサシで食事に行った事じゃないかと思います

 

その日観たお芝居について、今までの人生経験について

ファミレスでだらだらと話しました

 

僕と井上ゴムは真反対と言ってもいいくらい
共通点の少ない人間ですが、
しかしいくつかの共通点において恐ろしいほど
似通った人間なんだと再発見しました

 

それから数日後

 

「一緒に2人芝居しない?」

LINEがきました

 

これが始まりです

 

2人芝居のためだけに1回限定と思って作ったユニットは

似てるけど似てない井上ゴムと僕の色を
融和させることをテーマに旗揚げしました

 

それからほどなくしてはまゆうが加わり

 

まだ歴史の浅い僕たちが色んな人の力を借りて県内外で公演、
僕らは今までに増して他所の作品に参加する事が増え
個人としてもユニットとしてもある程度認知度もあがってきました

 

漕ぎ出した船がようやく帆に風を受けて
加速してきたようなそんな機運を感じています

 

けっこう知らない人多いと思いますけど
大帝ポペの代表は実は僕でして

 

船で例えるなら船長ですね

 

今回僕の「お休み」に伴い代表も交代します

 

2代目代表はポペの末っ子娘はまゆうが務めさせて頂きます

 

ここ最近フットワーク軽く方々の創作の場に顔を出し、
公の場への露出が増えた彼女

 

おそらく今僕や井上ゴムより
皆さんの認知度は高いんじゃないでしょうか

 

船長も代わり、ポペは新たな船出です

 

彼女がどんな風に船を動かすのか皆さんどうぞお楽しみに

 

僕自身もものすごく期待しています

 

 

あ、ちなみに僕は「役者」としてお休みするのであって
大帝ポペをやめるわけではありません

表に出て皆さんにお会いする機会は減るとは思いますが
今までとは違う形で大帝ポペの一員としての役割を務めていきます

たまにパンフレットに僕の名前が載っている時などは
そんな奴もいたなと思い出してくれたら嬉しいです

 

 

そして

 

 

先にお伝えした通り

ポペの次回公演はユニット結成のきっかけになった
門出の作品「ふたりはぼっちで」です
ajpg

大帝ポペの始まり、第1回公演でありながら
熊本の震災で地元公演ができなかった作品

福岡で色んな人に手伝ってもらって公演にこぎつけた

僕らにとって特別な作品です

 

大帝ポペ第2章のスタートとして

 

これほどおあつらえ向きの作品はないと思います

 

皆さん新生大帝ポペも

どうぞご期待ください

 

 

そして

 

今まで役者としての寺川長を応援してくださった皆様

叱咤を下さった皆様

ほんとうにほんとうに今までありがとうございました

 

 

ばいちゃ


リニューアルHP
↓ ↓ ↓

https://taitei-pope.themedia.jp/