東京に行って来ました日本で絶対報道されないこと

2006年11月11日

守ろ〜うよ〜、教育基本法〜♪

↑タイトルは札幌の様々な場所で流れている曲の歌詞です。
今年の夏に初めて聞いたのですが、ようするに「教育基本法を変えるな(#゚Д゚)ゴルァ!!」っちうことです。

文科省が高校生の履修が足りないって報道ありましたけれど、どうやら4年前には既に文科省に調査結果が届いていたようで。
何で今頃になって発表したかって言えば、教育基本法改正への反発なんでしょうねぇ。
郵政民営化の時もそうでしたけれど、日本の中央の役人って、本当に頭悪い。
東大卒ばっかのはずなのに。
まあ、最近は東大の人はあまり公務員にならないらしいけれど。
そりゃそーだ。
だって、中央の役人=うんこ のイメージだもん。
誰もうんこになりたくないよね。
脱線。
んで、教育基本法を変えてもらいたくない方々がいらっしゃるようで。
何をそんなに嫌がっているのか。
ちなみに嫌がっている例↓
http://abirur.iza.ne.jp/blog/entry/71045/
↑必死過ぎです。

今の自民党って日経連とかには従順なのに、官には厳しいですよね。
何か普通の政党みたい(ぁ
民主党は相変わらず公務員を支持母体にして、自民党に反対するだけの政党。
小沢さんに少し期待していたので、すげー残念です。
この前、サンデープロジェクトで公務員の天下り問題に自民党が新しい法案を提出することに反対して、菅直人が「天下りを受け入れた会社には発注しなければいいんですよ」と言っていた。
正直、腹抱えて笑っいましたよ。
だってさぁ、民主党が政権取ったら絶対に言えない言葉ですもん。
しかも、天下り問題だけの為に自由経済のルールを破らせるって、非常識過ぎるでしょうが。
今の「退職後2年は天下り禁止」も職業選択の自由に触れているし。
てかさー、公共工事の発注の値段なんて、完全公開すればOKでしょ。
官庁が隠そうとするから変な法案が必要なわけで。
いくらで発注するかオンラインで表示されるようにしようや。
有限会社でも、それぐらい公開されても困らんでしょ?
どうでもいい規制より、情報公開の方が効力あると思うよ。

しかし、中央の公務員で真面目に働いている人が一番可哀想ですね。

gonai at 02:35│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
東京に行って来ました日本で絶対報道されないこと