おはようございます。有明から朝のご挨拶です。

今日は外泊許可がおりたので品川の兄のところへ行きます。週末は病院にはおりません。

IMG_20190708_070640
病院にいても選挙できるんですね。同じフロアに突如、不在者投票所が出来上がり投票させて貰いました。

今回の選挙は簡単でした。選挙区はぼくがいつも応援している宮沢ゆかさんが応援しているいちき伴子さんで決まり。

選挙の度に色々考えるのですが最近最も頭にあるのが自民党はなぜあんなに昔の自民党とは変わってしまったのだろうという事。

昔は自民党にも好きな政治家がたくさんいました。自民党(元含む)で好きな政治家は石橋湛山、田中角栄、後藤田正晴、小沢一郎。

反対に自民党で嫌いな政治家は岸信介、中曽根康弘、安倍晋三他にも多々どこまで。

同じ自民党とは思えない顔ぶれが並びますね。

昔はこれだけ主張の違う人たちの受け皿になれるほど度量の大きな政党だったのにな〰️。今は同じ政党でも安倍晋三の敵(石破茂)と見るや徹底的に潰しにかかっている感じを受けますね。

であれば野党はもっと度量の大きな政党になればいいんです。野党が今、考えなくてはいけないの排除ではなく連帯、過去のしがらみではなく将来への希望。

よくわからない文章ですいません。