2006年07月30日

じーじとばーばの展覧会

千葉・船橋で開催していた、じーじとばーばによるパソコン画+書道の展覧会
ちょうど今日が最終日だったので、午後から子どもたちと駆けつけました。
もともと、絵と書をライフワークにしていた2人ですが、海外で日本語を
教える生活をするようになり、行った先々の人々や風景を題材に、創作活動を
続けて10年。区切りの意味もある展覧会でした。

友人・知人をはじめ、新聞記事で開催を知った愛好者の方や、通りがかりに
寄ってくださった方など、たくさんのお客様で連日大盛況だったようです。
わたしも、久しぶりに懐かしい人たちとお会いできて楽しかった〜。

最後に撤収作業を子供たちも一緒に手伝い、熱望?していた日本のファミレスで
ごはんを食べた後、「お疲れ様会」で近くのスーパー銭湯へ。サーチ、湯船に
浸かりながら、

「はぁ〜っ。やっぱり日本はいいねぇ(^^)」

  

Posted by gongyukari at 00:00Comments(0)TrackBack(0)

2006年07月29日

帰ってきました!!

荷物の準備はやっぱり半徹夜(^^;になりましたが、なんとか完了。
旅行前には必ず行く、飲茶のお昼ごはんをごんちちも一緒に楽しみ、
いよいよ空港へ向かいます。待ちに待った、夏休みの始まりです!!

あっ、その前に、アチャが通知表をもらって帰ってきたんだった。
3年生ともなると、子供の実力?も学校での様子も、ある程度予測
できるようになるもので、まあ、良くも悪くもビックリするような
ことにはならないんですが、1学期皆勤賞だったこと、そして、
アチャなりの成長を、しっかり見逃さず評価して下さったことに
うれしいサプライズでありました。何といっても、いろんなことに
興味と意欲の出てきた1学期だったね。

空港では、知り合いがいっぱい。昨日の終業式を待って、母子で
帰国する人が多いんですね。我が家も今日は、ごんちち抜きです。
彼は、お盆の時期にわたしたちを追いかけて帰国します〜。

今回は全●空だったので、全席モニター付き。約4時間のフライト
でしたが、子供たち、それぞれ好きな映画を見たり音楽聴いたり
ゲームしたり、機内食も自分で適当に食べてくれるし、ほんとに
手がかからなくなりました(^0^)3年前のサーチ初フライトを
思うとね〜・・・・・夢のようです。到着後も、いつもは空港まで
じーじばーばに迎えに来てもらうけれど、今回は自力で最寄り駅まで。
移動の間も、それぞれのおニューのキャリーケースを自分で運んで
しっかり戦力になってくれた2人。大きくなったねぇぇぇ(T−T)

さあ、日本の夏休み、スタート。キャンプもあるし、長野に行ったり
お友達と会ったり、盛りだくさんです。いっぱい楽しんで思い出作ろうね〜
と電車の中で子供たちに言ったら(ちょっと大きい声だったかも)

アチャ「わかってるから、こんなところで言うなよ。恥ずかしいダロ!」

って(^^;最近、一事が万事こういう調子なんです。
他にもわかりきったような注意をすると
「小さい子供に言うようなこと、言うなーっ」って怒られるし。
ついこないだまで、「お母さんお母さん」だったのに、なんか寂しいわ。
ひと夏でまた、大きくなっちゃうんだろうな〜〜。
  
Posted by gongyukari at 00:00Comments(12)TrackBack(0)

2006年07月28日

買っちゃいました♪

それは、サムソナイトのキッズ用キャリーケース(^^)
以前から「かわいい〜!」とチェックしていたんですが、上海のKちゃんが
持っていたシリーズのペンギンのキャリーケースに、心奪われた子供たち。
「ボクたちも欲しい!」と言うし、そろそろ自分の荷物は自分で管理して
もらおうと、今回の一時帰国を機に、それぞれに買い与えました♪

アチャが亀のスーツケース、サーチ用がキリンのキャリーつきバックパック。
2つ並べるとめちゃくちゃかわいいです。あえて同じ型にせず、少しだけ
形も大きさも違うのがまた「兄妹」って感じでいいかも〜。長く大事に使おうね。

さっそく、自分の衣類やらおもちゃを詰め込んで、旅行気分の2人です。
いやはや・・・いつものことながら、ギリギリまで準備を延ばしていた母は、
帰国準備今夜が山場。というか今日は寝る時間ないかも。頑張ります(−−;  
Posted by gongyukari at 00:00Comments(4)TrackBack(0)

2006年07月26日

もりのプーさん 完結

作:サーチ(すべて原文のまま)

しばらくあるいていると
らビっとがすいすいくるくる
こおりのうえをおどっていました。



プーさんもやりましたが
まだれんしゅうしていないので
できませんでした。
「ばらんすをとればいいよ。」



「あっほんとだ!」
「ぜんぜんころばない!」
ぜんぜんこけません。
あれ?どこかにぴぐれっとがかくれているよ。



「ばあっ」
とぴぐれっとがあらはれました。
「わあっ」
「びっくりしたよ」
「あっ」
「ごめんね」
「いいえ」
ぴぐれっとはあやまりました。



「きょうはなにであそぶ?」
「めかくしおにごっこをしようと
 かんがえていたんだけども
 めかくしがないから・・・・・・」



「だいじょうぶ。まふらーかしてあげる」
「でも・・・・・」
「めかくしのかわりだよ。」
「ありがとう。」



ぴぐれっとがおれいをしたら
プーさんがぴぐれっとにまふらーを
つけてあげました。



そしてあんまり
はしりまわっていたので
もうゆうやけになってしまいました。
かあかあ(からすのこえ)



とうとうよるになってしまいました。
「あっかえらなきゃ!」
「えっどうして?」
「さんたさんにおてがみかくのわすれてた!」
それはくりすますでした。



と いえのなかにはいっていきました。
そしててがみをかきました。
「さんたさんへ めかくしをください」



てがみをかいたら
プーさんはねることにしました。



つぎのひのあさ
みてみるとプレぜんとがありました。
おしまい
  
Posted by gongyukari at 00:00Comments(10)TrackBack(0)

2006年07月25日

アーイー

外出先から帰ったら、アーイーが来ていました。
彼女、日曜の夜に「岳母(お姑さん)が亡くなったので、明日は行けません」
と電話してきていたんです。家族の一大事なので、

「うちのことは気にしないでいいから、落ち着くまでそちらに専念して」

と伝えてあったのですが・・・・・月曜1日休んだだけで、今日は出勤。
「無理しなくてよかったのに。おうちの方は大丈夫?」と聞けば、真顔で
「だって私が来ないと、太太(奥さん=ごんははのこと)困るでしょ?」と。

「そんなことないよ〜」と言いたいところですが、実は図星。ハイその通り。
お恥ずかしい限りです(^^;
洗濯物がたまっていたので、一応わたしが洗って干したんですが、
量が多くて干し場空き待ちの衣類が山積みで、要領の悪さが一目瞭然。
家の中のものの置き場所を、すべて把握しているのは彼女なので、
子供たちも、ごんちちも、何か探しものがある時は、わたしではなくて
アーイーに聞くんですよね。彼女なくして、我が家は回っていきません。
とにかく真面目で、責任感が強くて、子供好きで、わたしの話し相手にも
なってくれて、うちに来て3年、ほとんど家族のような存在です。
先週は、サーチの発表会も一緒に観に来てくれたんですよ〜。

ところで中国のお葬式、日本のようにすぐに執り行う、というものでも
ないようです。日曜に亡くなったアーイーのお姑さんですが、中国各地や
香港に散らばる親戚がみんな集まるまで待って、来週ぐらいにお葬式を
する予定だとか。こちらの慣習がよくわからないまま、201元の入った
お香典を渡しました。(弔事には奇数を渡すのがしきたりのようです)  
Posted by gongyukari at 00:00Comments(0)TrackBack(0)

2006年07月24日

ものすごい筋肉痛(><)

20060724

土曜の夜、1日あまり体を動かしていないことに危機感を覚えて、
久しぶりに「踏み台昇降」に1時間近くチャレンジしたわたし。
2日経った今朝になって、どうにも歩けないほどの激しい筋肉痛に
見舞われました。ああ・・・2日後かぁ。体の反応、かなり鈍ってます。

息苦しくなるような暑さに負け、少々バテ気味のここ数日。
明らかに、運動面もペースが落ちています。重い足を引きずるように
ジムにも行ってみたけれど、この筋肉痛でまともに運動できるわけが
ありません(笑)

今日は他にも、大事なものをなくしたり、ある出来事で予定がすべて
狂ったり、子供たちともなんとなくうまくいかなかったり、気分が
パッとしないことの多い1日でした。こんな日もあるさ。

無理せず、でもだらけず、過ごします。


本日の歩数・・・・・7500歩  
Posted by gongyukari at 00:00Comments(4)TrackBack(0)

2006年07月23日

坊主頭のデメリット

最高気温が36℃を超えた、今日の広州。
夏休み前最後のサッカー教室に行ってきました。

日陰のベンチに座って見ている母たちでさえ、暑さでクラクラしてるのに
走り回ってる子供たちはさぞかしだろうな〜と思っていると・・・・・
休憩時間に戻ってきたアチャ、

「気持ち悪い〜。頭痛い〜。」

顔は真っ赤、ちょっと呼吸も荒くなっています。あ〜・・・熱中症かも。
急いで水分をたくさん摂らせ、保冷剤で首筋や額を冷やし、それから
しばらくベンチに寝かせて、お母さんたち数人が扇子であおいでくれました。

30分ほどで復活し、最後の試合には出られた(というより執念で出た(笑))
のでホッとしましたが・・・今日は他にも、気分が悪くなる子続出でした。
途中で帰っちゃった子もいたしね〜。
小さな保冷剤を凍らせて、クーラーボックスに入れて持っていってたけど、
この暑さではそんなもの、焼け石に水。もっと大きいアイスノンタイプが
必要ですね。日本で買ってこようっと。

ごんちちは「坊主なんかにするから、日射病になるんだ」とブツブツ。
彼は坊主頭反対派?なのです。確かに、日光を直接浴びることになるから
暑いのは暑いんだろうな。
それともう1つ。髪の毛が短いと、汗をせき止める役目をしないので、
顔や首にストレートに汗が流れてくるんですね。そっか!だからハ●の
おじさんは、鉢巻きしてるのか〜。妙なところに納得、です(笑)

本日の歩数・・・・・4500歩
(午前中の暑さにやられて、午後動けませんでした〜)  
Posted by gongyukari at 00:00Comments(2)TrackBack(0)

2006年07月22日

日本に帰ったら・・・・・

1週間後に迫った一時帰国。ほぼ1年ぶりなので、わたしはもちろん、
子供たちも楽しみにしています。

ごんはは「帰ったら、何食べたい?」

アチャ 「シラスごはーん!!」

サーチ 「サーちゃんはね、たまごかけごはーん!!」

あとは、大きなお風呂にゆっくり入りたいのと、自分でお金を持って
スーパーにお買い物に行きたいのだとか。

どれも普段できないこと、だものね。

それにしても、シラスとたまごかけって・・・・・不憫な子供たち(笑)


本日の歩数・・・・・7200歩
(夜になって危機感を抱き、室内トレーニングに精を出しましたが・・・)  
Posted by gongyukari at 00:00Comments(10)TrackBack(0)

2006年07月21日

万谷城泰国菜館(タイ料理)

20060721.0420060721.05

19日にオープンしたばかりのタイ料理店「万谷城泰国菜館(バンコクシティ)」
に行ってみました。サーチの発表会のお疲れさま会(家族だけですが)で、
「何食べたい?」と聞けば、即答で「タイ料理!!」この娘は(−−;

場所は中信広場ショッピング棟の4階。吹き抜けのすぐ横で、開放感があります。

味はまあ普通に「タイ料理」でした(どんな評価だ・・・)やっぱりいつも行く
「COW&BRIDGE」の方が安定感がありますが、あちらは老舗ですしね。
同じような値段で、そこそこおいしいお料理が食べられて、アクセスが格段に
いい!ということで、利用価値は大だと思います。

子供向けに、辛くないお料理もリクエストすれば作ってくれますし、生ジュース
など、ソフトドリンク類も豊富。さらに今月中は、試営業期間ということで
合計金額から15%引きでお食事ができます。

以前から、なぜかここに入るテナント、わりと短期間でことごとく撤退して
しまうんですよね・・・・・ビュッフェレストラン、多国籍料理と来て、
今回のタイ料理。どうか長続きしますように(笑)

【万谷城泰国菜館(BANGKOK CITY)】
  中信広場4階 TEL38773588
  *ランチセットやアフタヌーンティーなどもあるようです。
   個室あり。  
Posted by gongyukari at 00:01Comments(0)TrackBack(0)

感恩的心(サマースクールで得たもの)

200607211200607212

サーチがサマースクールに通う音楽幼稚園の、発表会がありました。
市内随一の音楽ホールを借り切っての、本格的な音楽会。
歌あり、お遊戯あり、バレエ、ピアノ、バイオリン、先生方の声楽やダンスなど
多彩なプログラムで、あっというまの2時間でした。
音楽幼稚園というだけあって、どの演目も完成度が高く、よくまあ、3〜6才の
子供たちが、これだけしっかりと演じきれるものだと感心しきりです。

中でもとても感動したのは、サーチたち「大班(年長さん)」が出演した
手話ダンス「感恩的心」。欧陽菲菲の優しい歌に合わせて、

「ありがとうの心 あなたがいてくれることに感謝します」

と、手話で歌い上げた子供たち。みんなとっても、輝いていたよ(^^)

そして、卒業の呼びかけと歌も、さすがもうすぐ1年生、本当に立派でした。
ここには1ヶ月しか通わなかったサーチですが、1つ年上のクラスメイトの
みんなに助けられながら、一緒に舞台に立って成長した姿を見せてくれました。
そして、今日でサマースクール修了。

「本当に楽しかった。やめたくない。先生もお友達も大好き」

と言うサーチ。最初は慣れなくて不安だったと思うのですが、
どんな環境にあっても精一杯頑張り、必ず何かを吸収してしまうサーチ。
お母さんこそ、あなたに「感恩的心」の歌を贈りたい気持ちです。

ところで、この幼稚園の併設ピアノ学校から、この春、弱冠11才にして
シューマン国際音楽コンクール・少年部門で優勝した男の子がいます。
話には聞いていたのですが、今日はじめて、その彼、「叶子」くんの演奏を
生で聴く機会に恵まれました。

20060721.03いやはや・・・・・
舞台に立った瞬間に
ホール中の空気が変わるんです。

技術的に素晴らしいのはもちろん
なんですが、その表現力、繊細さ。
圧巻・・・ですね。


この秋からドイツへの留学が決まった「叶子」くん。その才能をもっともっと
花開かせてほしいです。彼ならできる!!!

こんな感動のあとにナンですが(^^;

本日の歩数・・・・・12300歩  
Posted by gongyukari at 00:00Comments(4)TrackBack(0)