2008年03月13日

さらばピアノよ?

20080313

広州でレンタルしていたピアノを、今日返却しました。
品質の問題か、技術の問題か??調律が全然うまくいかず
常に音が狂っていたピアノ。鍵盤のタッチも安定していなくて、
弾いていて首を傾げることも多かったピアノ。なのに。

いつのまにか、愛着が湧いていたみたいです。

それまで、日本から持ってきた電子ピアノを使っていた我が家に
黒のアップライトがやってきたのが2年前。そろそろ子供たちに
しっかりタッチを身につけさせたい、と思ってのことでした。

その頃から活発になってきた、我が家の音楽活動。
このピアノで、子供たちが小さな手で、バイエルを一生懸命練習
していた姿、サーチと親子連弾したこと、わたしの伴奏で童謡を
大声で歌ったこと、思い出がいっぱい詰まっています。

最後の方には、ママコーラスの伴奏を冷や汗かきつつ練習したり
偉大なる音楽友達Aさんと連弾した、ラフマニノフのピアコン。
自分の音楽センスのなさを実感させられたのも、このピアノと
向き合っていた時でした。でも、ちょっと狂った音で、わたしが
弾いたとおり、忠実にそのまんま音を返してくれた黒いピアノ。
かわいい奴でした。

さよなら。またどこかのお家で、楽しい音楽を響かせてね(^^)

この記事へのトラックバックURL