2008年03月02日

春満開コンサート

「広州コーラスまま」主体の初めてのコンサート「春満開コンサート」が
二沙島のレストランで開かれました。

  続きを読む

Posted by gongyukari at 00:00Comments(0)TrackBack(0)

2008年02月25日

今日からラストスパート!

昨年1月に結成した「広州コーラスまま」。
当初は、子供たちのピアノやバイオリンのコンサートのおまけ?として
母たちも何かやっちゃう?的なスタートでしたが、発表を見てくれた人や
口コミで少しずつ人数が増え、今や30余名の大所帯。指導者の先生の
お陰もあり、女声三部合唱をなんとかこなせるようになってきました。
少しずつ、軌道に乗ってきたところだったのですが・・・・・

海外駐在者にとって、3月はひとつの大きな節目。多くの人がここを去り、
日本全国に散っていきます。一部のすごく親しかった人を除いては、もう
二度と会えないかも?という思いもあり、切なくなる時期でもあります。
コーラスままの中でも、今年、実に三分の一ものメンバーの帰国が決まり
ました。今のメンバーで一緒に歌えるのは最後、ということで、来週末、
お別れコンサートが企画されています。なんと!!今回はコーラスが
メインです。子供の発表会の余興ではなく、わたしたちが主役?ほんとに?
という感じですが、1年間の集大成。今までにステージで歌ってきた
曲をすべて歌うことになり、今週から強化練習に入りました。
これから1週間ほぼ毎日、練習が入っています(高校の部活みたい!!)

コーラス大好き!のごんははとしては、ここは何をさておいても参加
したいところ。体調万全にして臨みたいと思います。好きなことを
大好きなメンバーと楽しめる幸せ。期間限定だからこそ、今この時を
満喫しようと思います〜。ラララ〜♪
  
Posted by gongyukari at 00:00Comments(4)TrackBack(0)

2008年01月16日

バーンスタイン(;;)

今朝の気温、この冬最低の5.5℃。
午前中出かけようと思ったけれど、あまりの寒さに挫折し(^^;
ストーブのついた暖かい部屋で、ひょいっと思いつきでかけたDVD。

バーンスタインの「マーラー・復活」。

若い頃に何度か歌ったことがあり、大好きな曲なのですが、この盤の
鑑賞は初めて。何も考えず、ぼーっと爪のお手入れしながら聴いていた
はずなのに、次第に耳が、頭が、心が、バーンスタインの紡ぐ音たちで
いっぱいになってしまい、テレビ画面に釘付けの1時間半でした。

こんなに神々しい「復活」があったなんて〜〜。

1973年、ロンドンフィルによる録音です。
高らかに「復活」を歌う最終楽章では、会場である大聖堂の壁や屋根、
有名な絵画の映像もちりばめられて、もうもう、感動の嵐です。

思いがけず、朝から素敵な時間を過ごしてしまいました。

最近、新しいDVDプレーヤーを買ったので、家族揃ってDVD三昧
になっている我が家です。

(ごんちちは歴代NHK大河ドラマ、ごんははは各種ライブ、
 アチャはアニメ、サーチは「パンくんとジェームス」にはまり中)  
Posted by gongyukari at 00:00Comments(0)TrackBack(0)

2007年12月09日

コンサート終了〜♪

2007120820071209

しばらく、日記も書けぬほどの忙しい毎日を送っていました。
すべて、この日開かれた「親子で奏でる冬の音楽会」準備のため。
普段フットワーク重いくせに、好きなことにはとことんのめりこむこの性格、
なんとかしたいのですが、いくつになっても変わることはないですねぇ(−−;

以前、北京にいた頃、日本人のお母さんたち手作りの、それは素敵な
発表会が毎年続いているのを見て、いいなあ、いつか広州でもあんなふうに、
と思い続けてきました。が、ここ広州でも、2年前に小さな演奏会から
スタートし、回を重ね、人の輪が広がり、今回は出演数なんと70組に。
ウェスティンホテルの宴会場を会場に、ピアノにバイオリン、歌、フルート、
ドラム、バンドなどなど、多彩な演目による盛大なコンサートになりました。

  続きを読む
Posted by gongyukari at 00:00Comments(2)TrackBack(0)

2007年09月09日

終わりました〜

ガーデンホテルで開かれた「ジャパンウィーク」の日中交流イベント。
日中国交回復35周年を記念しての開催だったそうですが、そんな大舞台での
ハンドベルとコーラスの演奏、なんとか無事終わりました〜。

子供の発表会の余興で歌うのと違って、今回は各方面に告知されているし
ホテルのロビーという公共スペースで、誰でも気軽に観に来られるとあって
緊張度は前回の比ではありませんでした。ましてや、7月の発表の時より
どちらも曲数が増えてるし!!ちゃんとした練習は、1週間しかしてないし!!
その上、ピンチヒッターでピアノ伴奏まですることになっていたので、朝から
心臓バクバクで胃が痛くなりそうでした。

今回、ハンドベルは母チームの他に、5年生の女の子たちが賛助出演してくれ、
この子たちがまた本当〜に上手なんですよ!母たちが2ヶ月かかってなんとか
まとめた演奏を、たった1日で各パートマスターして、「もう暗譜しました!」
って、爽やかすぎます(笑)若いって素晴らしい。すっかり頼りきりでした。

コーラスも、舞台に立ってしまえば逆に肝が据わって、お客さんの方を眺めつつ、
知ってる人の姿を見つける余裕すら出てきて。演奏が始まったら、スッと曲の中に
入り込めて、気持ちよく歌うことができました。ピアノ伴奏も多少ミスタッチは
あったものの、最後までなんとか弾き切ることができて、ホッと一安心。

いやぁ〜やっぱり音楽は楽しい。この充実感があるからやめられないです。

「ジャパンウィーク」では他にも、琉球チムドンの演奏あり、手打ちそばの実演や
折り紙の体験コーナーあり、旅行会社によるPR、鎧兜や雛人形の展示、などなど
趣向を凝らした催しがたくさんあって、日本に関心のある人がこんなにいるんだ!
と驚くほどたくさんの来場者があったようです(日本語を学ぶ学生さんが多かった)
わたしたちも終演後見に行きましたが、折り紙や紋切り型の見本など本当に精巧で
美しく、見ごたえがありました〜。

さて、コーラスですが、実はもう、次の舞台が12月に決まっています。
来週からまた新たに練習を開始する予定。新会員も募集中ですよ(^^)  
Posted by gongyukari at 00:00Comments(6)TrackBack(0)

2007年09月07日

アイドル並み?(爆)

・・・って、顔でもスタイルでも人気度でもなく、今週のごんははのスケジュール、
であります。アイドル並みなんです。

今週末、「ジャパンフェスティバル」という領事館主催のイベントがあるのです。
それにコーラスとハンドベルで出演することは、夏休み前から決まっていたものの
休み明け、本番までたったの1週間。夏休みのブランクのせいで、一度は仕上げた
曲もすっかり頭から吹き飛んで、人前で演奏できるレベルまでは、ほど遠い状態。

そういうわけで、今週1週間は、練習に次ぐ練習。更に今、新学期。日本から
新しい方が入ってきたり、学校関係の行事や用件も多くて、連日午前中から
夜の9時まで、ほぼびっしりのスケジュールです。。。後半戦はかなり疲れも
たまってきて、気合のみで乗り切っている気もする今日このごろ・・・・・
家族にも相当しわ寄せ行ってますが、母は女優なので(笑)今週だけは許してね〜

この忙しさ、みんなで一丸となってひとつの目標に突き進むこの雰囲気、
なんだか、中高大学時代の部活(音楽部)を思い出します(^^)
わたしはやっぱり、音楽と接している時が一番楽しいのかも。

いよいよあさってが本番。中国の人たちに、どのくらい日本のココロを伝えられ
るかわからないけれど、コーラス、ハンドベル、そしてコーラスのピアノ伴奏。
頑張ります!

*メール返信等滞っていて申し訳ありません!落ち着いたらお返事出しますね。  
Posted by gongyukari at 00:00Comments(0)TrackBack(0)

2007年07月15日

音楽会本番

20070715.01数日前、告知させていただいた
「親子で奏でる夏の音楽会」
無事終了しました!
ホールは満員御礼、立ち見まで出るほどの
盛況ぶり?(ほとんどが出演者の身内だった
とも言う。でも純粋に音楽を聴きにきて
くださった方も何人もいらっしゃって。
「WHENEVER」の取材も来られてた
ようです。ありがとうございました)
会場は、子供たちの熱気でムンムンでした。


子供たち、数ヶ月でまた大きな成長を見せてくれました。
毎回、ちょっと背伸びするくらいの難曲に挑戦してきている2人ですが、
サーチは、6月中旬に夏休みに入ってすぐ、音楽幼稚園のサマースクールに
参加し、毎日30分のピアノレッスンを続けてきました。もちろん家でも練習。
アチャは4年生になり、宿題や塾の勉強等忙しい中、コツコツと部分練習を
積み重ねてきました。ようやく、練習のコツみたいなものをつかみ始めた
ようです。譜読みや苦手な運指の練習など、自分なりに工夫していました。

時間のやりくりが大変で、激しい親子バトルに、ごんちちにも
「もうピアノやめたら?」
と言われたりもしましたが、あきらめずに続けた結果の晴れ舞台。

2人とも、実力は出し切れた、と思います。なにより、弾き終った後の
晴れやかで満足げな表情。ほんとうによく頑張りました。

おまけですが、母も3ヶ月間練習を続けてきた、コーラスとハンドベルで
出演。こちらも大成功?で、既に次のステージが決まっているようです(^^)

20070715.02
最後に、サーチのステージ衣装。
朝から美容院行って、髪の毛巻いて
鏡の前でうっとり、プリンセス気分。

でもこの写真は終演後、ドロドロに
疲れて汗まみれの状態なので、
笑顔なし・・・・・

トップバッターのお役目に、その後の
待ち時間も含めてお疲れだったようです。
  
Posted by gongyukari at 00:00Comments(8)TrackBack(0)

2007年07月12日

親子で奏でる夏の音楽会

今週末(日曜日)、日本人のお母さんたちによる手作りコンサートが開かれます。

冬のコンサートに続く第二弾ですが、今回はママさんコーラスも人数が増えて
バージョンアップ(^^)それに加え、ママ’sハンドベル部隊も出動予定です。

もちろん、主役は子供たち。
幼稚園児から中学生までが、ピアノやバイオリン、歌など、日頃の練習の成果を
披露します。我が家の2人も、ピアノで出演です。

いやしかし、発表会って子供の刺激になるからいいんですが、練習がとにかく
大変。毎日が親子バトルでした。アチャなど一時期、先生から
「間に合わないかもしれないから、予備の曲も用意しておきましょうね」
とまで言われて凹みながら、なんとかギリギリ仕上がってきたようです。
毎回冷や汗モノです(^^;

詳細は、WHENEVER(広州の生活情報フリーペーパー)7月号に掲載
されてます。イベントカレンダーのところです♪ご興味ある方はぜひどうぞ。
もちろん入場無料ですよ☆  
Posted by gongyukari at 00:00Comments(0)TrackBack(0)

2007年06月16日

ヴァイオリンコンサート

本日夜に開かれる、竹澤恭子さんのコンサート。

なんとなんと、今回竹澤さんが一緒に演奏旅行されている、3歳のお嬢さんが
大人ばかりに囲まれて退屈だろうとのことで、サーチがお相手役を仰せつかる
ことになりました。それだけでもすごいのに、付き添いの役得で、わたしまで
竹澤さんご本人とお昼をご一緒させていただくことに。

超一流ヴァイオリニストとお食事しつつ、音楽の話や子育て話・・・・・
夢のようなひとときでありました。

普段は末っ子で自由奔放なサーチも、ここぞとばかりにお姉さん魂を発揮し、
お嬢さんとすっかり仲良しに。大人の会話を邪魔せず、2人でずっと平和に
遊んでくれたので、母もホッとしました。夜までお嬢さんをお預かりして、
学校帰りのアチャも合流して、一緒に遊んで、いよいよコンサート本番。

学校での演奏も素晴らしかったですが、やはり大ホールで聴く生演奏は
演奏家の息遣いや指の動く音まで聞こえてきそうで、圧巻でした。
お腹の底にビンビン響いてくる低い音。ピンと張りつめた空気を小さく
裂くような、高音。温かなビブラート。これが1つの楽器が紡ぐ音だとは
信じられない、多彩な音たちに、ただただ、圧倒されたステージでした。

夢心地で足取り軽く、家路につきました。  
Posted by gongyukari at 00:01Comments(2)TrackBack(0)

2007年06月14日

ヴァイオリン交流会

アチャの学校で、ヴァイオリニストの竹澤恭子さんとの交流会が開かれました。
竹澤さん、今回は北京と広州での演奏会のために中国に来られ、普段生の演奏に
触れる機会の少ない子供たちのためにと、学校に来てくださることに。

ご自身の経歴についてのお話や、ヴァイオリンという楽器の紹介、こう弾くと
こんな音が出るよ、というデモンストレーション。そしてその後の演奏。
プロの方が奏でるヴァイオリンの音というものが、こんなにも力強く多彩な
響きだということに、驚き、感激の連続!!

全校生徒、小学1年生から中学生まで、みんなとても集中してヴァイオリンの
音色に聞き入っていた姿が印象的でした。

アチャの感想
「左手がすっごく速くて、一生懸命見てたんだけど、途中で見えなくなっちゃった」
「話し方が優しくて、声がかわいくていい人だな〜と思った」

素敵なひとときをありがとうございました。

土曜日の広州交響楽団との演奏会も、聴きに行かせていただく予定です!  
Posted by gongyukari at 00:00Comments(2)TrackBack(0)