2015年11月


如何讓你遇見我,在我最美麗的時刻,為這,我已在佛前求了五百年,求佛讓我們結一段塵緣。佛於是把我化做一棵樹,長在你必經的路旁,陽光下,慎重地開滿了花,朵朵都是我前世的盼望,當你走近,請你細聽,那顫抖的葉,是我等待的熱情。我迷醉Dream beauty pro 脫毛在那片花海裏,不想出來。

可那只是一場幻覺嗎?瞬間的寒冬臘月天,一切不得不冷凍封藏。

窗外,風又起,淩亂飛舞的不只是枯竭的落葉,還有殘喘的思緒。焉何歲月流逝中,總會有心碎的聲音,叫人夜夜不能眠,站在路口是等待的辛酸,還是徘徊的心痛,終走不出情身似海。荒蕪了來時徑,迷蒙眼前路。

傾聽夜雨敲打紗窗,靜靜地看又一季落花抖落了風華。諸多的思緒縈繞心間:人生,究竟有多少相遇,會溫柔了歲月,驚豔了時光?

人世間,有一種相遇,不是在路上,而是在心裏。曾以為那顆愛你的心,擁抱塵埃能貼近追逐了三世的情緣,是我們相約今生相見的契機,是我期待凡塵間逶迤的長河,在這一刻永恒。回眸,仿佛你那清瘦的容顏,孑然婷立在數百年後最美麗的光陰裏。

那是我們的來世嗎?並蒂丹華竟自開放,手中拿著一枝綻放獵頭公司的紅花,掛上我的名字,等候你的出現。然而,瀲灩的光陰背後,卻是弱水飛瀉,心海荒蕪成滄田,紅花紛落,還未等我風塵僕僕走來,你卻優雅轉身,留下滿地花的碎片與淒涼。

獨自走過四季輪回,踏過萬水千山,煙雨紅塵中,掬一捧斷魂的忘情水,一飲而盡。是誰路過心靈的村莊,走時,把一份牽掛丟在了這裏。夜深時候傾聽《無言的結局》,撫一曲穿越千年的思念,流下相思的淚水,在指尖裏流淌那縷不柒纖塵的韻律。依然在必經路口種一束飄香的花,守候那個我命中人的歸來。

可那碎了一地的夢早已經沒有拾起來的盼望,收拾起殘缺的行囊,還要走下去。生命中,總有一些精美的情感瓷器在我們身邊跌碎,然而那裂痕卻留在了歲月驀然回首時的刹那。

孤雁任意獨自飛,今年春天屬於誰?落花有意無情水,真情夢裏有幾回?

或許,真的是愛一個人久了會醉,念一個人久了,心會碎。

前生的情,今生的緣,要怎樣的緘度?彼岸花開,花葉千年難聚首的癡戀,世人能有幾人?奈何橋上那碗斷情斷愛的孟婆湯能否不入愁腸?請記住彼此的容顏,三生石畔刻深情。

任淚水打濕一地的碎碎念。曾經的誓言,誰還在門前掌燈盼歸人?千年的等待,卻只換來一句:我的愛早已不在。一個人的單程旅途,一個人的朝朝暮暮,一個人的韶華傾負。那一次刻骨銘心的相許,那一刻為誰聲聲催天雨?

京極一。顔見知懐っこい笑顔で迎えた。
   「おっ、辰吉また来たな」
   「うん、三太兄ぃが立ち寄っただろ」
   「へえ、確かに」
   「寛吉という若い男を連れていただろ」
   「寛吉なら、奥に居まっせ」
   「あ、やはりここへ預けていっ願景村たか」
   「それが何か?」
   「そうだろうと思って、金を稼いで持ってきた」
   「稼いだ? いかさま博打でもやったのか」
   「賭場の客にいかさまは出来ないだろ」
   「そらまぁそうやな」
   「二百両稼いだが、二十三両使ってしまった、これを置いて行くわ」
   「辰吉さん、他人に頼まれて殺しをやったのではないのか?」
   「俺に人が殺せねぇ」
   「そうやなぁ」
   「では、俺はこれで失礼します、貸元さんによろしく」
  
   「この男ではないのか?」
   「真っ赤な偽者で御座います」
   「では何故に城へ参ったのだ」
   「それは、兼伸さまがよくご存知でございましょう」
   「米の相場が跳ね上がり、庶民の暮らし向きを案じて訴えるためであろうが」
   「米の値段が高騰したのなら、庶民の中で養生所を営む医者が知らないわけがありません」
   「貴様、それを嘘だと申すのか」
   「はい、嘘も嘘、真っ赤な大嘘でございます」
   「では、この男が城に来た目的は何なのだ」
   「それをお答えするまえに、先ほど兼伸様がお牢に忍び込ませた布に包んだものは何だったのでしょうか」
   「そんなことはしていないわ」
 兼伸は立ち上がって、脇差しを抜いた。三太郎の眼前に見せつけるようにすると、両手で太刀を振り被った。
   「三太郎、死ぬがよい」
 兼伸は大刀を振り下ろしたが、その途中でポロリと太刀を落とした。
   「三太郎、儂に何をした」
   「いいえ、何もしておりません、こうしinvision group 洗腦ておとなしく大刀を受ける覚悟でおります」
   「そうか、よい覚悟だ」
 
   
   「三太郎さまも、お医者様ながらお父上の跡をしっかり引き継いで、剣と医で藩侯に忠義を尽くされておられるそうです」
   「佐貫さまのことをよくご存知なのですね」
   「そればかりか、あなたのお父様のお名前も存じているかも知れませんよ」
   「へー、親父も信州で有名なのですか?」
   「はい、多分ですが、池田の亥之吉さん、またの名を江戸の福島屋亥之吉さんではありませんか?」
   「わぁ、当たりです」
   「そうでしょう、その六尺棒が決め手です」
   「恥ずかしい、親父の棒は天秤棒なのです」
   「よく存じております、何が恥すか、実は私、以前に亥之吉さんに命を助けられたことがあるのです」
   「親父から、そのような話は聞いたことがありません」
   「奥床しいですね」
   「ははは、奥床しいと言う願景村 退費よりも、忘れっぽいのですよ」

↑このページのトップヘ