フレンチ・カンカン French cancan (1954年 フランス)

 ジャン・ギャバンは、この映画に出演した時、すでに50才。アラン・ドロンのような顔は50になってもいい男だが、ギャバンの顔では、実年令以上にずいぶん老けて見える。それなのに、やたらと女にもてる役で、かなり違和感を感じる。タイプからいっても、舞台監督には似合わない。

 封切りのスクリーンで見たギャバンは、たぶん「暗黒街のふたり」だけだったろう。もう70才近いギャバンだったのである。

   (NHK衛星第2)

監督:ジャン・ルノワール

出演:ジャン・ギャバン フランスワーズ・アルヌール マリア・フェリックス フィリップ・クレイ