よく、「ラジオは映像がないぶん、想像力を働かせて聞くから、そこがいい」
というようなことを言う人がいるが、
ふだん、結構ラジオを聞いているほうだと思う私は、そんな面倒なことをしていない。
「へえぇ」という話、笑っちゃう話、しみじみと心に沁みてくる話、そういうものが
聞けて楽しいから聞いているのだ。

しかし、今回、取り上げるNHK FM「夜のプレイリスト」を聞いて、思わず想像してしまった。
何を想像したかというと、秋吉久美子の高校生時代である。
この番組は、月曜から金曜の毎日深夜0時から1時間、
1週間を通してひとりの出演者が、自分が好きなミュージシャンのアルバムを、
毎夜1枚ずつ、5日間で5枚紹介しながら、その音楽や、自分との関わり、エピソードなどを話す、という番組だ。

2月1日からの週は、女優の秋吉久美子が担当で、自らの若き時代に
大好きだった音楽を語り、その中で、高校生活の日々を話した。
これが、オジサン世代にはちょっとたまらんトークであった。

2日火曜日に彼女がピックアップしたのは、レッドツェッペリンの3枚目のアルバム「Ⅲ」。
番組冒頭、「今晩は、秋吉久美子です」という最初の声が、そのトーンが、
ピタッと深夜という時間にはまっていて、この人は、それが分かっていて、この発声を
しているのではないかと思うくらい、スーッとこちらの胸に入って来た。

その時点で、これはいい番組だ、と私の中の何かが勝手に決めつけて、
その予想は裏切られることなく、冬の夜のひととき、気持ちのいいノスタルジーに
浸れたし、翌日も、その翌日も、寝てしまった場合の保険として録音予約をして、
しかしちゃんと起きていて、いろいろな感慨にふけったり、昔見た映画のことを思いだしたりしながら、70年代の空気に包まれたのだ。

さて、最初の挨拶のあと、今夜紹介するアルバムについての簡単な説明があり、
このへんは、台本を読んでいるというのが分かるという話し方だったが、
そのアルバムが発売されたのが1970年、というあたりから、
フリートークで、あの、彼女独特の、舌足らずというか、「秋吉調」といってもいい
不思議な魅力の話術が展開され始める。
続きを読む