「週刊文春爆弾」は、芸能界、政界、プロ野球界と広い分野で炸裂し、その威力の
すごさは、これまで週刊誌によって暴かれた数々のスキャンダルとは
比べものにならない破壊力を見せている。

その週刊文春の標的になったのが、ショーンK氏。
学歴、経歴を詐称していたことを文春がスクープして、本人も認め、
すべてのラジオ、テレビ番組の出演を取りやめ、4月スタートの予定だった、
フジテレビの「ユアタイム ~あなたの時間~」の司会も辞退、ということになった。

「報道ステーション」のコメンテーターも週刊文春発売の日、
16日の夜の放送に出演せず、古舘氏から、今後の出演取りやめが発表されたらしい。
私は、ショーンK氏の番組はJ-WAVEしか知らず、いつだったか、
たまたま報道ステーションを見たら、ショーン氏が出ていたので、
あれ、いよいよテレビに出てきたんだ、と思ったのだが、
そのときのショーン氏の印象は、ラジオとは少し違っていた。

何か、かしこまっているというイメージがあり、そのときの話題がそうだったからか、
表情も暗く、深刻な話ぶりで、あとで思ったのは、雰囲気が姜尚中氏に似ている、
ということだった

J-WAVEでのショーン氏は、長いこと「MAKE IT 21」という番組のナビゲーターを
つとめてきた。この番組は15年以上つづいているが、時間は多少変わろうと、
土曜の夜であることはずっと変わらず、スポンサーが替わることはあっても、
ナビゲーターは常にショーン氏だった。

土曜の夜のラジオといえば、「MAKE IT 21」。
そこでのショーンKは、くったくのない明るいキャラクターで、チラッと見ただけだが、
テレビの真剣な表情とは違った、ベンチャー企業の若いトップがゲストのときなど、
そのビジネスの成功を心から願っているということが伝わってくる、誠実な応対で、
ユーモアも交え、いつ聞いてもイヤミのない、あきることのないトークを展開していた。

あす19日、土曜日の番組は、すでに休止が発表されているが、J-WAVEは番組の
ホームページで、当日の代替番組の冒頭で、「MAKE IT 21」について説明すると言っている。
どのような説明になるか待つしかないが、そのホームページのコメント欄には
番組ファンからの声が多数寄せられている。

以下、いくつか紹介する。


3/19にどのようなお知らせが流れるのか、心して拝聴します。
逆境を乗り越えたビジネスパーソンに何度も何度もインタビューしてきた
ショーンさんが、自身の逆境を乗り越えられないはずがない!
いちリスナーとして、その点は確信しております。
その乗り越えた先のお声をまたJ-WAVEで聴けますことを楽しみにしております。
J-WAVEさんも、その場所を確保しておいてください。切にお願いいたします。

別に経歴が前提でショーンさんを見てたのではないのです。
人生色々、逆境に陥った場合の対応の仕方、自らの行動で教えてください。
復帰待ってますのよ。

まずリスナーとして、やはりあまりに嘘だらけでショックでした。遠くで聴いてる
自分がそうなのだから、周りで共に働いていた方々はもっとだろうとは容易に
想像つきます。そのような中、各放送関係者達が、ショーンさんに替わって
お詫びをしていて、それでいてショーンさんのことを何とかフォローしようとする
言葉もたくさん聞きます。
ショーンさん自身が、やはり公の場で説明しお詫びすべきです。
それが周りの方々のためにも、ショーンさんご自身の今後のためにもなるのでは
ないでしょうか。



このような温かいメッセージの数々を、もちろんショーン氏も読んでいるだろう。
なかには、「学歴詐称や経歴詐称って、そんなに重大なこと? 芸能界なんて
プロフィールにうそを書いている人、いっぱいいるでしょ」というようなコメントも
ある。
学歴詐称は、率直に言って情けない。
ショーンK氏の価値観が、つまるところ、高学歴、一流企業というところに
あるというなら、ちょっとさびしい。
彼が「MAKE IT 21」で語り合ってきた人々の多くは、
「学歴なんかに何の意味があるの」という人生哲学の持ち主だったと思う。
その番組とともに、この10数年を歩んできたショーンK氏が、
「ハーバード・ビジネススクールでMBAを取得」とか
「パリ第一大学に留学」などということをプロフィールに書いてあるとしたら、
「やっぱり学歴が大事」だと思っている、ととられてもやむを得ない。

経営コンサルタントという仕事のために、その肩書が必要だったとしても、
「自分はMBAを取得していないけれど、信用、信頼されるコンサルタントでありたいと
努力しています」と顧客に対して堂々と言える人であってもらいたかった。
MAKE IT 21を聴いている多くの人たちが、そう思っていると思う。

それはさておき、「学歴詐称、経歴詐称が重大な問題か」といえば、
一切のラジオ・テレビ番組の出演を取りやめるほどのことではない、と思う。
それよりもっと法に触れるようなことをしながら、テレビの画面で、
いけしゃあしゃあとしゃべっている輩もいる。
会社のカネを使い込んで、クビ同然に辞めた元フジテレビの長谷川豊氏など、
いまや、人気ブロガーであり、MXテレビという、東京ローカルではあるが、
テレビ局でレギュラー番組も持っているのだ。

そういう人物にくらべれば、番組ホームページのコメントに見られるように、
多くのファンが、復帰を待望しているショーンKが、半年ぐらいの時間をおいて
復帰することに何の問題もないし、反対する人もそういないだろう。

余談だが、長谷川氏は、最近の自身のブログで、別にそのひとことを入れる
必要のないところで、「念のために言っておきますが、ショーンさんのように
経歴は詐称していないので、ご安心を」と書いている。
こういうことを、あえてはさむところに、この人物の品性が表れている。
「でも、会社のカネは私用に使ってしまった、てか」と突っ込みたくなる。

考えてみると、ラジオで真面目に仕事をしているうちに、
それを聞いた人が、彼をテレビに出してみようかと思い、
ショーン氏も、やはり、テレビというメディアの世界に出て行くことに
ある種の高揚感を感じ、そのときにはプロフィールのことなど、どこかに
忘れてしまっていたのだろう。
こんなことを言うと、ラジオ界から反発を受けるかもしれないが、
ラジオの世界は、こじんまりとした、番組に関わる人間の数も、数人という、
しかも、アットホームで、そして古い、メディアのなかのガラパゴスである。
足の引っ張り合いも、テレビほどはないと思う。
そこにとどまっていれば、と今さら言っても仕方ないが、
「逆境を乗り越えたビジネスパーソンに何度も何度もインタビューしてきた
ショーンさんが、自身の逆境を乗り越えられないはずがないと確信している」と言い、
「乗り越えた先の声を聴くことを楽しみにしているので、J-WAVEさんも、その場所を
確保しておいてください」というコメントに代表される、
番組ファン、ショーンKファンの声は、ラジオの彼を知らないと、
ちょっと理解しにくいかもしれないが、
土曜の夜の無聊を慰めてくれた「MAKE IT 21」とショーンKが、このまま終結を
迎えるのはもったいないし、J-WAVEが何かの"英断”をすることも期待し、
そうしたら、J-WAVEはぐっと男を上げるのになあと思ったりするのである。




クリックお願いします⇓

人気ブログランキングへ